睡眠不足を食事で解消することはできる?おすすめの食べ物やレシピとは?

睡眠不足解消法は、適度な運動をしたり、アロマオイルの香りでリラックスしたりと色々ありますが、食事によっても改善することが出来ます。健全な睡眠も、まずは日々の健康あってこそです。食事に気を付けることは、そのための基本的なことでもあるのです。

まず、睡眠不足になる要因として、寝付きの悪さの問題、また、眠りが浅く、夜中に目が覚めてしまうという問題があるのではないでしょうか。そのような要因を改善するためには、寝る前の食事には特に気を付けるべきでしょう。

まず、あまり刺激のあるものを食べると寝付きが悪くなりますから避けるようにし、逆に眠気を誘う効果を持つ炭水化物が含まれる食べ物を取るようにしましょう。また、消化が悪いと夜中に気持ち悪くなる可能性もありますから、消化の良いカボチャやサツマイモのレシピを用意してみてください。

また、身体の疲れを取ることも睡眠不足解消法になりますから、疲れを取る効果のあるビタミンBを沢山含んでいる食べ物をレシピに加えてみると良いでしょう。

その代表的な食材はレバーですが、レバーはニンニクやニラなどと一緒に調理するとかなり刺激が強くなり眠れなくなる可能性も高いので、キャベツなどの刺激の少ない食べ物と組み合わせたレシピがお勧めです。色々な解消法とあわせ、試してみてくださいね。

睡眠不足 解消法 食事

成長ホルモンの分泌の働きを助ける食べ物は?食事の栄養素は分泌量にも関係する?

成長ホルモンは自身の体内で作られるもので、毎日の食事から摂ることは難しいと言われています。そのことから、成長ホルモンを栄養素として補うというよりは、成長ホルモンの分泌する働きをを助ける食べ物を食事で積極的に取り入れるということが大切です。

体内で作る事の出来ない代表的なアミノ酸9種類の事を「必須アミノ酸」と呼びます。一つも欠けることなくまんべんなく取り入れることで効果を発揮します。どれか一つでも欠けてしまうと、血液、筋肉、骨などを上手に作る事が出来なくなってしまうのです。

日ごろから取り入れることが出来る食品の中で必須アミノ酸が多く含まれているのは、マグロ、お肉全般、卵、牛乳、豆類、魚の中でもイワシ、アジ、サケなど栄養素が豊富です。

また、ホルモンの分泌を促すために最適な食事のタイミングは空腹時に最適な食べ物を摂取する事で体にしっかり働きかけます。

食べ物から取り入れた栄養素の働きから得られるホルモンの分泌量を気にするよりは、取り入れた栄養素の働きのピークを就寝時に持ってくることがより効果的だと言われています。

熱いお風呂も効果的ですので一日の締めくくりにリラックスした時間を持ち、質の良い睡眠をとりましょう。

成長ホルモン 分泌 食べ物

睡眠の質を食べ物や飲み物で上げる方法は?栄養のバランスが重要な理由とは?

食べ物や飲み物で栄養のバランスを整えながら睡眠の質を上げる方法はあります。人間の体にとって栄養のバランスは重要ですが、睡眠にも大きな影響を与えるからです。

睡眠の質を上げるには、トリプトファンを多く含む食べ物である乳製品や大豆製品、魚介類や卵、ごまやバナナといったものを摂るのが効果的です。睡眠を促すホルモンの分泌をスムーズにする効果が期待できます。

マグネシウムには鎮静効果があり、副交感神経の働きを助けてくれますし、ビタミンB12には体内時計を整えて眠りやすいように体のリズムを整える働きが期待できます。

栄養には様々な働きがあり、食べ物から摂取することができます。バランスよく摂ることで健康維持に効果が期待できるだけでなく、体のリズムを整えて質のよい眠りに導いてくれる効果も期待できます。

栄養は必要なところで使われるため、バランスが乱れて何かが足りなくなると生命維持にとって重要なところが優先されます。そのため、バランスよく栄養を摂るということも重要です。

質の良い眠りを得るために意識して摂るとよい飲み物もあります。おすすめの飲み物としては、ホットミルクやホットココア、豆乳、生姜紅茶や青汁などがあげられます。逆に覚醒作用のあるカフェインの多い飲み物は、就寝前には控えたほうが賢明です。

睡眠 質 食べ物

快眠するための食べ物や飲み物の豆知識|栄養のバランスとおすすめのレシピは?

おすすめの快眠レシピは、乳製品料理です。牛乳、チーズ、ヨーグルトなどです。

飲み物で、一番のお薦めは、ホットミルクで、温めるだけです。まるで赤ん坊が、お母さんの栄養たっぷりのおっぱいを飲んで眠るように、眠くなってきますね。まるで、人間にはそうしたメカニズムがあるかのようです。

ここで、豆知識の一つ目ですが、乳製品は、昼間に食べても夜に快眠効果があって、乳製品には「トリプトファン」が含まれていて、夜になると、眠りを誘うホルモンに変化するのです。

豆知識の2つ目は、豆乳です。優れた快眠効果のある飲み物で、さらに、豆乳のイソフラボンは、女性ホルモンに働きかけ、肌を美しくしてくれます。

豆知識の3つ目は、チョコレートやコーヒーの香りを嗅ぐだけでも快眠効果があります。食べ物や飲み物としての利用ではなく、嗅ぐだけです。嗅ぐだけでリラックス効果があります。ぜひ、試してみて下さい。

食べ物のレシピで、栄養もあり、お薦めなのは、レタスとパセリとバナナを使ったサラダです。

意外と腹持ちのいい食べ物で、空腹感で眠りにくい事には、ならないばかりか、神経を鎮める作用のある栄養素がたっぷり入っています。切って混ぜるだけなので、超簡単レシピです。

快眠 食べ物 飲み物

トリプトファンを取れる食品は?含有量が多い食品を使ったレシピって?

幸せホルモンであるセロトニンの基であるため最近話題のトリプトファンですが、その含有量が多い食品とその食べ物を使ったおすすめレシピをご紹介します。まず、トリプトファンは必須アミノ酸でタンパク質に多く含まれています。

そのため含有量がとりわけ高い食品は肉類や魚類です。また、豆類や乳製品にも多く含まれています。フルーツにも含まれており、身近な食品ではバナナにも含まれています。

そんなトリプトファンを多く摂取できるおすすめレシピは豆乳鍋です。豆乳には100gあたり53mgのトリプトファンが含まれています。また具材に鶏肉や豚肉といったタンパク質を取り入れるとより多く摂取することができます。

作り方も簡単です。豆乳に味噌を溶いた鍋に鶏肉などの具材を入れて煮込むだけです。さらに〆にご飯や麺類などの炭水化物を入れて食べると、より脳への吸収が促進されます。

また、簡単レシピとしてプロセスチーズの生ハム巻きもおすすめです。乳製品の中でもプロセスチーズの含有量は高く、100g当たり291mgも含まれています。またハムもタンパク質なのでより多く摂取することができます。

このようにトリプトファンは多くの食べ物に含まれています。そのため普段の食べ物に気をつけるだけでも多く摂取することができます。

トリプトファン 食品 食べ物

セロトニンを取れる食品は?含有量が多い食品を使ったレシピって?

セロトニンをとるためにはのトリプトファンの含有量が多い食品をとる必要があり、食べ物としておいしく食べることができるレシピも存在します。

腸の中の善玉菌を多くして腸内環境が整うとトリプトファンが吸収されやすくなり、セロトニンがたくさん分泌されます。
ヨーグルトなどの発酵した食べ物で善玉菌を補う必要があります。

トリプトファンの含有量が多い食品である大豆の粉末のきなこも良い食品です。
トリプトファンの含有量が多い食べ物には他にたんぱく質が豊富な卵や肉類が挙げられます。

トリプトファンが身体の中に取り込まれると脳に届けられセロトニンが合成されるのですが、その際にビタミンB6やマグネシウム、ナイアシンなどといった栄養素が必要になります。

そのためセロトニンをとるためにはトリプトファンだけでなく、ビタミンB6、糖質も摂取する必要があります。

バナナが一番効率的に摂取できますので、バナナを上手く利用したレシピとしてきなこバナナヨーグルトが、挙げられます。

ヨーグルトとバナナを混ぜて、きな粉を振りかけるだけで完成です。
トリプトファンの含有量が多いきな粉とバナナ、腸内環境を整えるヨーグルトを加えた簡単なレシピになります。

セロトニン 食品 食べ物

メラトニンを取れる食品は?含有量が多い食品を使ったレシピって?

メラトニンの含有量が多い食品は主に野菜や果物です。その中でもケールは別格に含有量が多い食品です。ビタミンも豊富に含んでいるので青汁の原料によく使用されています。

青汁は食べ物というより飲み物なので、効率の良く摂取はできます。このケールは葉っぱなのでサラダや付け合わせとして料理に使うレシピが一般的です。苦みがあるのでそのまま単体で食べる食べ物ではないと思います。

他にメラトニン含有量が多い食品に、トウモロコシ、キャベツ、米、カイワレ大根、生姜、バナナなどがあります。これらの食品を組み合わせたレシピの料理なら、美味しくメラトニンを摂取できそうです。

例えば生姜焼きを作ってケールとキャベツを合わせたサラダを添えれば、十分メラトニンが摂れます。料理が得意な方は、ケールとトウモロコシを使ってポタージュを作ると更に美味しく食べられます。

作り方を紹介すると、玉ねぎとケールをバターで炒めて水と茹でたトウモロコシと一緒にミキサーにかけます。鍋に移して牛乳、生クリームを加え温めて、コンソメ、塩、コショウで味付けをして完成です。

料理が苦手な人でもおすすめのレシピなので挑戦してみて下さい。バナナはそのままで食べられる食べ物なので、食後のデザートや朝食として食べられます。

メラトニン 食品 食べ物

ギャバ(GABA)を取れる食品は?含有量が多い食品を使ったレシピって?

ギャバ(GABA)はストレスの緩和やリラックス効果があるとして話題になりメディアでも多く紹介されています。

現代人の味方ともいえるギャバですが、どんな食べ物に多く含まれているのでしょうか。
ギャバはかぼちゃ、きゅうり、トマト、なすなどの野菜類、みかんやぶどうなどの果物、キムチなどの漬物、小魚(魚の頭部に含まれている)などの食べ物に多く含まれています。また、発芽玄米には白いお米の約10倍もの含有量があると言われています。

サプリメントなどに頼らずに普段の食品からギャバを効率よく摂取できたら良いですね。
含有量の多い食べ物を上手に使ったおすすめのレシピを紹介します。

 ギャバの多い食品を使ったストレス対策レシピ
●ナスのトマトソーススパゲティ
 1、フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにく、鷹の爪を熱する。
 2、トマトをざく切りにして入れ、塩コショウで調味する。
 3、別のフライパンで輪切りにしたナスを焼く。
 4、茹でたスパゲッティをソースにからめ盛り付け、ナスをのせて完成

●ジャコサラダ
 1、ゴマ油でジャコをカリッとなるまで炒める。
 2、お好みのサラダにトッピングとしてのせる。
  ※冷奴にのせても美味しいです。

いかかでしょうか?含有量の多い食品を上手く取り入れたレシピでストレスフリーな暮らしを目指しましょう。

ギャバ 食品 食べ物