睡眠不足が続くと吐き気や頭痛、肌荒れなどの症状が出やすい理由と解消方法は?

睡眠不足が続くと吐き気や頭痛などが出てしまう理由については、睡眠が身体にとって、また精神にとって必要不可欠なものであるからです。

人間の3大欲の一つでもあるため、睡眠というものは大変に大切なものであり、睡眠不足が続いてしまうと脳にしっかりとした酸素がいかなくなってしまいます。

ここから、脳に酸素不足が発生してしまいそこから吐き気や肌荒れ、または頭痛などの苦しみが出始めます。

まず、睡眠不足に陥ってしまうと「自律神経」の働きも極めて悪くなります。
これは、睡眠不足になってしまう原因が「何らかの不安などや恐怖心」などの場合には、睡眠をとろうとしても、しっかりと熟睡が出来ないために、眠っている状態でも、ほとんど脳が覚醒してしまっている状態になるためです。

このため、睡眠不足を解消するには、まずは「不安・恐怖心」などからくる睡眠の障害の場合には、「足裏や全身マッサージ」などがオススメです。
これには「自律神経を整えてくれる効果」があるため頭痛や肌荒れにも効果的ですし、精神科では積極的に勧められている解消法です。

また、マッサージなどをしてもらうと、人から人への手の温もりなどから、恐怖心なども解消することが出来るのです。
そして身体にはリラックスをさせてくれるツボなどがあるため、吐き気や肌荒れにも効果的です。

睡眠不足 解消 吐き気

眠れないのが足のだるさや頭痛などの体の不調が原因の場合、病気の可能性がある?

頭痛や足だるい症状は眠れない原因になりますし、何かの病気が隠れていることもあります。けれども多くは、頭痛や足のだるさを解消することで、眠れない問題も解消されることが多いです。

頭痛は様々な原因で起こります。体調不良やストレス、目を酷使したり、長時間の頭脳作業も、頭痛を引き起こす原因になります。身体のコリをほぐしたり、マッサージをしたり、休養を取り入れてみましょう。それでも、解消しない場合は、目や耳などの器官を含め、脳の中に病気が隠れている場合があるので、病院を受診して検査を受けましょう。

足だるい場合も同様です。血流やリンパの流れが滞って起きることが多いですが、立ち仕事をしている人の場合は、ストレッチやマッサージぐらいでは解消しないこともあります。糖尿病などの病気も足だるい症状をもたらします。足を温めたりマッサージをしてもだるさが解消しない場合は、医師の診断を仰ぐようにしましょう。

このように、足のだるさや頭痛が解消されても眠れない場合は、不眠への対処が必要です。脳が緊張状態にあると寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなります。夜はリラックスして眠りにつけるように、ゆっくり入浴して気持ちよく過ごすことを心がけてみましょう。

眠れない 病気 原因

セロトニンに副作用の心配はあるの?頭痛の原因は?

不眠症の改善やリラックス効果、精神のバランスを安定させる効果のあるセロトニンですが、頭痛などの副作用が起こらないのか心配に感じる方もいると思います。

脳の神経伝達物質で、不足してしまうと体内時計のバランスが崩れて、寝つきが悪い・ぐっすリ眠れないなどの不眠症状を起こします。

またストレスを抑制する作用もあり、不安感やイライラ感など精神的なトラブルを解消する効果も期待出来るようです。
気になる副作用ですが、セロトニンの量が増えたからといって頭痛が起こるという事はありません。

むしろ予防する効果があるのです。
中でもこめかみ部分がズキンズキンと、脈を打つように痛む片頭痛の予防に効果的です。
この症状はストレスなどを感じ脳の血管が炎症したり、血管が拡張する事で起こります。
セロトニンは抗炎症作用があるので、炎症による痛みを抑制します。

また不足すると自律神経が乱れてしまい、血管の収縮と拡大する差が大きくなる事から、強い痛みを引き起こすようです。

偏頭痛も血管拡張によって痛みが出るのでセロトニン量を増やし、自律神経を整える事が痛みの予防に繋がります。

頭痛が起こるという心配はありませんが、過剰になる事で副作用を起こす危険性はゼロではありません。

過剰に作られると、めまいなどの副作用が起こる心配があります。

セロトニン 副作用 頭痛

トリプトファンの副作用で頭痛や肝機能の低下の原因にもなる?

トリプトファンを摂取した事で、頭痛や肝臓の機能低下を招くといった副作用を起こす危険性があるのでしょうか?

この栄養素は脳神経の伝達物質、セロトニンを作る原材料となります。
セロトニンの量が少なくなると、寝つきが悪くなったり精神的に不安定になる、なかなか疲れが取れないといった症状を引き起こすので、このような症状を感じたらセロトニンの生成量を増やす為、トリプトファンを意識して補う事がおすすめです。

また、この成分は頭痛を予防する効果があるとも言われています。
セロトニンはストレスを抑える働きもある物質です。
ストレスが溜まると脳内の活性酸素量が増加し、炎症が起きてしまうので頭痛を招いてしまうケースがあります。

トリプトファンを摂取しセロトニン量を増やす事で、ストレスが軽減され結果、頭痛を起こしにくくなるのです。
頭痛を引き起こすという副作用はありませんが、トリプトファンを過剰に摂取してしまうと肝臓の機能低下を引き起こす、副作用が起こる可能性もあります。

不眠解消など生活の質を高めたり、健康のために補うという場合は、1日に約500mgの摂取が必要と言われています。

サプリメントで補うという場合、過剰に摂取しやすいので肝臓の機能低下を起こしてしまうかもしれません。

トリプトファン 副作用 肝臓

ギャバ(GABA)に副作用の心配はあるの?頭痛の原因は?

ストレス緩和に役立つとされている「ギャバ(GABA)」ですが、過剰摂取さえしなければ副作用を心配したり、頭痛に悩まされる可能性は極めて低いでしょう。ストレス軽減に繋がる摂取量としては、1日30~50mg程度です。

しかし、たとえこのように決められた範囲内であったとしても、人によっては副作用を引き起こす場合があります。その副作用とは主に動悸や息切れ、それから吐き気や下痢といった症状が挙げられます。

これらの症状はどれも重症化することは少ないので心配ありませんが、念のために注意が必要です。このような副作用が出る原因としては、ギャバを空腹時に摂取してしまうことが考えられます。

お腹が空いた状態での摂取は体に悪影響を及ぼす可能性があるので、なるべく控えるようにしましょう。また、サプリメントの過剰摂取によって頭痛が引き起こる場合もあります。

サプリメントは手軽に飲むことができるため、もし摂取しすぎていても自分ではなかなか気付けないのです。したがって、ギャバが含まれたサプリメントを飲む際は摂取量を必ず守るようにすることがオススメ。

以上の点に気を付ければ、副作用や頭痛を心配する必要はなくなるでしょう。飲み方や量に注意しながら、正しくギャバを取り入れていくことが大切です。

ギャバ 副作用 頭痛