胎児の睡眠周期の特徴は?胎児と赤ちゃんの睡眠周期は変わるの?

お腹の中の胎児の睡眠周期は、個人差がありますが、最初は20分寝て20分起きるというものです。それが妊娠30週になると40分の睡眠周期になり、覚醒期を示すようになります。それが最大で70分程度の続けた眠りになることもあります。

更にお腹の胎児はノンレム睡眠を増加させることで、睡眠のサイクルがしっかりしてくるということになります。お腹か出る準備をし始めるということになります。胎児は起きている時には動いたりするので、それがお母さんに伝わり胎動を感じるのです。それは1時間に20分程度になります。

そして、生まれた赤ちゃんは新生児の時期は一日の平均睡眠時間が16~18時間です。生まれたばかりの赤ちゃんは、寝る、ミルクを飲む、おしっこやうんちをするといったシンプルなサイクルを繰り返していて昼夜の区別がついていません。

個人差がありますが、新生児の時期は2~3時間おきに目を覚まして泣くことで要求を出します。生活リズムが定まっていないので、あまり眠らない赤ちゃんもいます。

新生児期を過ぎて2,3ヶ月になると昼と夜の区別がつき始めてきて起きている時間が少しずつ伸びてきます。4,5ヶ月になると更に起きている時間が増えて夜にしっかりと眠るという周期ができてきます。

睡眠 周期 胎児

新生児の睡眠リズムはいつ頃から正常になるの?赤ちゃんが寝ない理由は?

赤ちゃん、特に新生児の場合、昼夜の区別や体内時計の働きがまだ不十分のため、睡眠のリズムは正常に働きません。そして新生児の場合、1日の平均睡眠時間は16~18時間といわれています。ただし、これはあくまでも平均の時間。

中には20時間近く寝る子もいますし、逆に12時間ぐらいしか寝ない子もいます。
また、新生児の頃はまだ昼夜の区別もついていないので、大人とは若干リズムもずれています。
そして新生児の頃の睡眠は全体的に浅く、ちょっとの物音でも起きてしまう可能性があります。

そのため眠いのに寝られない、お腹がすいた、暑い・寒い等など、ちょっとの不快感ですぐ起きて泣き出してしまいます。
逆に起きていてもウトウトしているときは十分に睡眠時間が足りていると考えられます。

そして赤ちゃんは、3か月ごろになると徐々に体内時計が整いだします。
すると次第に深い眠りにつくようになり、6時間ほどまとめて寝るようになってきます。
そのため、正常なリズムを身につけさせるために、この頃から生活の流れも一定にしていきます。

そして6か月ごろになると昼夜の区別もつくようになり、寝る時間もお昼と夜に1回ずつ、まとめて寝れば済むようになります。
つまり、赤ちゃんの睡眠リズムが正常になるのは、6か月ごろだといえます。

睡眠 リズム 新生児

赤ちゃんが眠れないのは、鼻水、鼻づまり、咳が理由?

赤ちゃんが眠れない寝てくれない、ママになった人は皆さん経験することです。
赤ちゃんが、眠れない理由を考えてみましょう。

赤ちゃんは基本、鼻呼吸なので風邪などで鼻水が出たり、鼻づまりになると呼吸がしにくいので眠れないという事が理由になります。
鼻水や、鼻づまりが起きると鼻をかんで、体外に出しますが赤ちゃんの場合それが無理なので、吸い出します。

しかし、吸い出すのも限度がありますし、嫌がって上手くいかなかったします。
耳鼻科のように上手く吸い出せたら良いのですが、自宅では耳鼻科のように出来ないので、無理せずにしましょうね。

鼻水が喉の方に流れ咳が出たります。咳が出ることで眠れないという事が理由になります。

しかし咳や、鼻づまりだけが赤ちゃんの眠れない理由ではありません。
早く寝てほしいと焦ったり、寝てくれないとイライラするママの気持ちや感情も関係してきます。

大人でもイライラすると怒ってしまう、イライラしてる人とはあまり関わりたくない、と思うのと一緒ですよね。

気持ちに余裕がないと眠ってくれない理由の1つです。
子育ては大変なことです。ずっと穏やかな気持ちで育児が出来たら良いのですが、実際は無理ですね。

旦那さんに積極的に育児を手伝って貰い楽しい子育てライフにしましょうね。

眠れない 理由 赤ちゃん

乳児の睡眠が浅い理由は?夜寝ない赤ちゃんにおしゃぶりは効果的?

新生児や乳児期の赤ちゃんの睡眠が浅い理由は、眠りの周期が大人とは違うからです。
睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の二つに分けられています。
つまり、浅い眠りの状態と深い眠りの状態が繰り返し行われているのです。

赤ちゃんの眠りの周期は大人よりも短いため、浅い状態であるレム睡眠が何度も来ることにより、頻繁に目を覚ましてしまうのです。

新生児、乳児期まではこの浅い眠りの状態が全体の半分以上を占めています。
そもそも、太陽の刺激によって一日の眠りは調整されていますが、新生児や乳児はその調整が未発達です。

ですから生後2~3か月ほどで昼夜の区別がつけられるよう、朝はカーテンを同じ時間に開け、夜は暗い部屋に早めに連れていくなど生活環境を整えてあげることが大切です。

そして夜寝ない赤ちゃんにおしゃぶりをさせることについてですが、赤ちゃんによっては機嫌が良くなる場合がありますので一度試してあげてもいいでしょう。
口寂しい思いをしていたりする時にはおしゃぶりをすることで安心して眠りにつくこともできます。

しかしおしゃぶりは虫歯や歯並びにも影響があると言われているので、少なくとも2歳を過ぎたころには卒業させてあげた方がいいです。

睡眠 浅い 乳児

成長ホルモンや睡眠と新生児や乳幼児との関係は?赤ちゃんと大人の成長ホルモンに違いはある?

新生児や乳幼児の睡眠と成長ホルモンの関係、そして赤ちゃんと大人の成長ホルモンの違いは以下の通りです。成長ホルモンとは、文字通り、人間の成長に大きな役割を果たしているホルモンです。これは睡眠中に分泌されます。

新生児や乳幼児でも同様で、この時期においては大人以上に、体が発育するためには欠かせないホルモンと言うことができます。よってもし、新生児や乳幼児の段階から睡眠不足であったり、夜更かし気味であったりすると、このホルモンの分泌量が低下して、成長に支障が出てくる恐れも懸念されます。

ただ新生児や乳幼児の場合は、成長ホルモンは大人よりも分泌されやすい関係にあると言われています。そのため、新生児や乳幼児においては昼寝をすることも成長には欠かせないことだと言うことができます。

それから赤ちゃんと大人の成長ホルモンに違いはあるのかと言うと、違いはありません。ただ働き方に違いがあると言え、赤ちゃんはどんどんと成長を遂げていくので、このホルモンもあらゆる部分に精力的に働きかけます。

一方、大人になり、ある程度、年齢も重ねて成長も衰えていくと、このホルモンは成長よりはダメージを受けた部位の修復や機能の再生などに機能を果たすと言われています。

成長ホルモン 睡眠 乳幼児