睡眠が浅いことで困っている時は病院の何科に行くの?睡眠薬の処方はしてもらえる?

睡眠が浅いことで困っている場合、何科を受診すればいいかは症状の種類や原因によって受診すべき病院が異なります。

かかりつけ医がいるのであれば、その医師に相談するといいですが、いない場合は睡眠外来という専門の科を用意しているところにかかるといいでしょう。
ただし睡眠専門の病院は少ないので、近くにない場合は内科・心療内科・婦人科などを受診しても診てもらえます。

内科は全身の不調と内臓の病気を扱っていますが、細かく科がわかれているので、全体的にまとめて診てくれる総合内科を受診するのがおすすめです。

他には心療内科は心の病気が原因で眠りが浅い場合に適しています。婦人科は更年期障害や月経のトラブルによって睡眠が浅いときに適しています。

何科に行けばいいのかわからないときには、かかりつけ医に相談するか、もしくは睡眠外来・内科・心療内科・婦人科を受診しましょう。
何科に行くかによって医師の専門性は変わりますが、病院であれば眠れるように薬を処方してもらえます。

ただし、心に問題があるような場合は、薬の処方だけではなく通院しながらカウンセリングなどを受ける必要が出てくることがあります。
薬を処方してもらえば、たいていの症状は落ち着きます。

睡眠 浅い 病院

睡眠不足を解消するために、どんなサプリや睡眠薬、漢方薬を選べば良い?

睡眠不足を解消するためには、どのようなサプリを選べば良いでしょうか。

現代人はとても疲れ気味であると同時に、とても大きなストレスに毎日さらされている、と言われています。
こうした疲れや苛立ち、不安感が原因による睡眠不足であれば、「魚の良い成分が入ったDHAなどのサプリ」をお勧めします。

また、こうした魚の成分が入ったサプリというものは、疲れをとってくれるだけでなく、女性のPMSのお悩みにもとても効果的なサプリとなっています。

この他にも、疲れにはビタミンCがたっぷりと入ったサプリメントもお勧めです。

一方で、睡眠不足になってしまう原因が、実は「肥満気味」という方もおられるのですが、こうした方にお勧めの漢方薬は、「防風通聖散」というものになります。

こちらの漢方薬は、当然、漢方なので苦味がありますが、効果的に脂肪などを減らしてくれる漢方薬として有名です。

また、睡眠薬については、「ピーゼットシー」というお薬が睡眠薬としてお勧めできます。

こちらは精神科で処方してもらえるものですが、睡眠薬としての効果は、不安解消やイライラ感などを解消してくれるなど、色々な面でのメリットがあります。

また、強い恐怖感をお持ちの方にもお勧めのお薬です。

睡眠不足 解消 サプリ

睡眠の質をサプリや薬で高めることはできる?おすすめの漢方薬は?

睡眠は毎日きちんととっているつもりなのに、全然疲れが取れないとか、夜中に何回も目が覚めるとか、あるいは眠りにつくまでにかなり時間がかかってしまうという方は多いですね。

忙しくて寝る暇がないというわけではないのに、ちゃんと布団には入っているのに眠れないとなると、やはり睡眠の質が悪いと疑いたくなりますね。
こういった睡眠の質を高めるには、サプリメントや漢方薬は有効といえます。
サプリはよく広告も見かけますが、グリシンという成分が配合されたサプリが有名ですね。

漢方薬を処方してもらうなら、酸棗仁湯や加味逍遙散などが有効といえるでしょう。
酸棗仁湯は「さんそうにとう」と読みますが、興奮している心身を落ち着けてリラックスさせる効果があります。

昔からある睡眠の質を高める漢方薬としては、一番ポピュラーなものといえるかもしれません。

そして加味逍遙散は「かみしょうようさん」と読みますが、これは興奮状態で眠れない場合ではなく、不安や心配が多くて心が常に緊張しているような状態の時に役立ちます。
仕事や人間関係に悩みを抱えていて、なかなか落ち着いて眠れないという方にはこちらの方がおすすめです。

睡眠の質を高めると、それだけでストレス解消にも疲労回復にもなりますから、漢方の力も借りてぐっすり眠りましょう。

睡眠 質 サプリ

快眠する方法として薬やサプリは効果的?おすすめの漢方薬は?

快眠をする方法として薬やサプリを使うことは効果的です。
実際、快眠が出来るようになるためには「精神的または肉体的に」快眠が出来る状態にならなければならないからです。

「精神的」に快眠が出来ない場合には、自分を取り巻く環境が劣悪な環境が多く、なかなかスムーズに眠りにつくことが出来ませんので、サプリや薬を使って眠りを良くする方法がとられます。

また、精神力を強くするために、脳にエネルギーを補充するという目的で、ビタミンCなどがたっぷりと入ったサプリメントなどが使われるケースもあります。

これは、イライラとした気持ちを、ビタミンCは体に補ってくれるためであり、眠る前に辛い気持ちが少しでも抑えることが出来れば、ぐっすりと眠れるようになる方法の1つであるからです。

また、心地よく眠りにつくためには、この他にも身体的にベストな状態に体重を維持する、という方法があります。

これは、人の体のベストな体重というものは、おおよそBMI22という数値になるのですが、この前後であればあまり問題はないものの、かなりの肥満体型になってしまうと、漢方などの力や薬の力を使わなければ、ダイエットができなくなってしまうからです。

そのため、快眠する方法として、漢方であれば、「防風通聖散」という漢方がオススメです。

快眠 方法 薬