老人が眠れない理由は?高齢者の睡眠の質は若い人と比べてどう違う?

高齢者になると、ぐっすり眠れないことが多くなり、眠りの質が落ちたという人が増える理由は何なのでしょうか。

年を重ねると、生理機能が徐々に低下するために、必要とする睡眠時間が短くなるといわれています。ですから早く寝ると、早く目が覚めますし、眠りも浅くなり、老人の睡眠の質は若い人に比べて低下するのです。また、高齢者になると、身体や心の病気を抱える人が増え、その症状の影響で眠れなくなることが増えます。

けれども、睡眠の質がよくないと、生活リズムが崩れていろいろな問題がおきてきます。老人だから眠れなくても仕方ないとあきらめないで、自分が眠れない理由を探して、睡眠の質を高くしましょう。

例えば、早く寝すぎていませんか。足腰が弱って、運動不足になっていませんか。高齢者になると、身体や心の不調の改善のために、お薬を服用する人が増えますが、そのお薬によって眠れないということはありませんか。

何か思い当たる理由があったでしょうか。老人になって徐々に睡眠時間が減るのは自然なことで、身体に不調がなければあまり気にしなくてもいいのですが、睡眠の質が落ちてつらい場合は、生活習慣を見直したり、病院を受診したり、あるいはサプリメントを飲んだりして、日々気持ちよく過ごせるようにしましょう。

眠れない 理由 老人

子供が眠れない理由は、ストレスなど大人と同じような原因?違いはある?

子供が眠れない理由はストレスかもしれない、と決めてしまう前に、生活状態を確認しましょう。夜寝るためには、朝が大切です。早起きすれば早く眠れます。昼間、家遊びだけになっていませんか。

外で体を動かす時間を作りましょう。疲れさせるくらいに運動させると、夜ぐっすり眠れます。親も一緒にストレス解消できます。疲れすぎてお昼寝が長すぎでも、夜なかなか眠れない、ということになってしまいます。

そして、夜型生活になっていませんか。寝る前にゲームやスマートフォンを見ていませんか。画面を見ていると神経が高ぶってしまいます。そのため布団に入ってもなかなか寝付けないということになってしまうのです。

お風呂も子供を目覚めさえてしまいます。遅い時間にお風呂で遊んでしまうと眠れなくなります。どれも親がしっかりコントロールできることばかりです。

子供の睡眠障害の原因が病気の場合もあります。たとえば「扁桃腺肥大」。いびきや鼻づまりで眠れない、ということがあります。睡眠は子供の成長にとても大切なものです。理由なく眠れない、ということはありません。おかしいな、と思ったら小児科で診てもらいましょう。

もし悩んでいるようなら、その理由をしっかりきいてあげてください。ストレスは大人社会だけではありません。

眠れない 理由 子供

赤ちゃんが眠れないのは、鼻水、鼻づまり、咳が理由?

赤ちゃんが眠れない寝てくれない、ママになった人は皆さん経験することです。
赤ちゃんが、眠れない理由を考えてみましょう。

赤ちゃんは基本、鼻呼吸なので風邪などで鼻水が出たり、鼻づまりになると呼吸がしにくいので眠れないという事が理由になります。
鼻水や、鼻づまりが起きると鼻をかんで、体外に出しますが赤ちゃんの場合それが無理なので、吸い出します。

しかし、吸い出すのも限度がありますし、嫌がって上手くいかなかったします。
耳鼻科のように上手く吸い出せたら良いのですが、自宅では耳鼻科のように出来ないので、無理せずにしましょうね。

鼻水が喉の方に流れ咳が出たります。咳が出ることで眠れないという事が理由になります。

しかし咳や、鼻づまりだけが赤ちゃんの眠れない理由ではありません。
早く寝てほしいと焦ったり、寝てくれないとイライラするママの気持ちや感情も関係してきます。

大人でもイライラすると怒ってしまう、イライラしてる人とはあまり関わりたくない、と思うのと一緒ですよね。

気持ちに余裕がないと眠ってくれない理由の1つです。
子育ては大変なことです。ずっと穏やかな気持ちで育児が出来たら良いのですが、実際は無理ですね。

旦那さんに積極的に育児を手伝って貰い楽しい子育てライフにしましょうね。

眠れない 理由 赤ちゃん

カフェインやタバコは眠れない原因になるの?

カフェインやタバコは眠れない原因になります。カフェインには覚醒させる効果がありますので、眠気を覚ましてしまう効果があります。そのため、就寝前に摂ることで眠れない原因になります。

また、カフェインには利尿を促す効果もあります。これから眠ろうというときにトイレに行きたくなってしまうと眠りを妨げることになってしまいます。

タバコも眠れない原因になります。なぜならタバコの主成分であるニコチンには、交感神経の働きを活発にする働きがあるためです。眠るためには副交感神経を優位にする必要があるため、交感神経の働きが活発になってしまうと寝付きが悪くなってしまいます。

コーヒーなどカフェインが含まれている飲み物を就寝前に摂取すると、覚醒作用で寝付きが悪くなり、睡眠も浅くなり、利尿効果によって夜中にトイレに行きたくなって目が覚めてしまうといった悪影響が考えられます。

コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶にも含まれていますし、製品によっては栄養ドリンクに含まれている場合もあります。

眠れないとお困りますの方は、気付かずに就寝前に摂取することがないよう注意しましょう。タバコも眠りを妨げる原因となりますので、就寝の1時間程度前からは控えたほうが賢明です。

眠れない 原因 カフェイン

スマホやパソコン、テレビが原因で眠れなくなる理由って何?

眠れないとお困りの方は多いですが、スマホやパソコン、テレビが原因で眠れなくなっているということに気付いていない方も多いです。寝る前にパソコンやテレビ、スマホなどを見るという方は、眠れない原因を自分で作ってしまっている可能性があります。

スマホやパソコン、テレビなどが眠れない原因になってしまう理由は、ブルーライトと呼ばれる青い光が関係しています。電子機器の画面からは、ブルーライトと呼ばれる青い光が出ているのですが、この光を浴びることにより、脳が興奮状態になってしまいます。

自分自身では気付いていなくても、脳はブルーライトの影響で興奮している状態になり、それによって眠れなくなってしまうというわけです。

興奮が収まるまでには時間がかかります。興奮が収まるまでの時間には個人差があり、なかには二時間から三時間程度かかるという方もいらっしゃいます。そのため眠れないとお悩みの方は、最低でも眠る一時間前には見るのを止めるといった工夫がおすすめです。

光そのものの作用として睡眠に関係するメラトニンというホルモンの分泌を抑えるという働きもあります。ブルーライトによる脳の興奮とメラトニンの分泌が抑制されるという二つの理由から、スマホやパソコン、テレビが原因となって眠れなくなります。

眠れない 原因 スマホ

眠れない原因とストレスの関係は?生活リズムも重要?

疲れているのに眠れなかったり寝つきがすごく悪かったり夜中に何度も目がさめてしまったりと、眠れないなぁと悩んでいる人は多いと思います。
眠れない多くの原因はストレスが関係しています。

思い当たるストレスの元となる原因がわかっていてそれを日常生活の中で自分で取り除いたり出来ればいいのですが、実際に現代社会ではそう簡単にその原因を避けることはなかなか難しいのではないでしょうか。

ではどうすればいいのか?
何らかのストレスを感じているとき体の中では交感神経が優位になっています。
これでは眠りたくても眠れません。そこで生活リズムが重要なポイントです。

まずは毎日同じ時間に起きる、3食同じくらいの時間に摂るなどの生活リズムを意識的に作ることです。もちろん365日きっちり同じ!なんてことは出来ませんが。

そうやって生活リズムを作ってやることで体の中で交感神経と副交感神経のバランスが取りやすくなります。

さらにそのリズムの中にぬるめのお風呂にゆっくり入る、アロマなどを使ってリラックスする、ストレッチをする、好きな音楽を流すなどを取り入れて見ましょう。

副交感神経のスイッチが入りやすくなります。
副交感神経がうまく働いてくれれば眠れない!なんてことと、おさらば出来るのです。

眠れない 原因 ストレス

眠れない病気で悩んでいる時は病院の何科に行けば良い?病院の選び方は?

眠れないときは何科の病院を受診したらよいでしょうか。まず、眠れない原因には何かの病気が隠れていることがあります。身体に自覚症状があるでしょうか。何科を受診するか迷ったときに、もし、胃が痛くなるとか、腹痛がよく起きるという、内科的な症状があれば、心療内科を受診するのがよいです。

内科的な症状に対しても診てもらうことができます。眠れないこと以外に、病気のような症状が感じられない場合には、神経科や神経内科、精神科の病院を受診するとよいです。

内科では、一般的に副作用の少ない軽い睡眠導入剤を処方されることが多いですが、睡眠導入剤にも様々な種類があります。睡眠の状態や他の精神的な疾患も考慮して、薬を処方してもらえるのは神経科や精神科になります。

大きな精神科の病院は、重い病気の人に多く対応しているので、処方される薬が強すぎて合わないということがあるかもしれません。症状が不眠だけであれば、神経内科や心療内科の方が、症状に応じた薬を処方してもらえます。何科に行ったらよいか迷ったら、心療内科や神経内科を受診してみるのがよいでしょう。

睡眠は脳の一日の疲れを取って、翌日のエネルギーを補給する大切な働きをしています。翌日も元気に活動するためには良質な睡眠をとりたいものです。

眠れない 病気 病院

犬が眠れない時、病気の心配はある?何が原因なの?

犬が寝てくれないのは本来寝ているはずの時間帯で明かりがついていることで脳が活性化し寝ないということはあります。

その場合では犬が家の中に入ったときには、カーテンなどの意図的に暗く出来るようにしてあげることで睡眠を助けてあげることが大事で心配はないです。ただしそういった準備をしているのにもかかわらず、犬が眠れないときには病気が隠れている場合があるので注意が必要です。

眠れないときの病気の心配として考えられるものは、軽い症状で言えば人間で言えばアトピー皮膚炎に該当する細菌性膿皮症が考えられます。

細菌性膿皮症という病気は皮膚に細菌感染が広がる病気で、細菌を攻撃するために体の中の抗体が戦うので皮膚が攻撃に耐え切れずかゆみとして出てしまい眠れないことが起きるのです。

ただ細菌感染が広がるる細菌性膿皮症の場合、しっかりと医療機関を受診し軟膏をもらって対処すればいいのであまり心配は要らないです。

ただ眠れないという症状で犬の年齢が15歳以上経っている場合には注意が必要です。それは15歳以上ともなると人間で言えば70歳に相当するため、脳の衰えが引き金となり認知症を起こしている場合があります。

その場合は簡単には寝てくれないので、朝と夜にしっかりと運動をさせて脳を活性化させてあげることが大事です。

眠れない 病気 犬

悪夢やおねしょで子供が眠れないのって病気?子供特有の睡眠に関する病気は?

悪夢やおねしょが原因で子供が眠れない場合には、「悪夢障害」と「夜尿症」といった2つの病気が疑われます。

悪夢障害とは、怖い夢などを頻繁に見ることによって睡眠の質が低下したり、眠れなくなる病気です。怖い夢は大人でも見ることがありますが、子供の方がその割合は圧倒的に高いのです。その理由は、感受性の豊かさにあります。

特に小学生くらいの子供は、ストレスや恐怖心などを人一倍感じやすい傾向に。そのため、悪夢障害は子供に起こりやすい睡眠障害の一つでもあるのです。

次は、夜尿症についてです。夜尿症とは、6歳以上になっても長期的におねしょが続く病気のことです。小さい頃であれば心配する必要はほとんどありませんが、小学校入学後も続くようであれば少し気を付けたほうが良いでしょう。

「おねしょをしてしまわないか不安で眠れない」といった状態に陥ってしまう可能性も非常に高いので、周囲の大人はそれを優しく見守ってあげるような心のケアを。

また、子供特有の眠れない病気には「夢遊病」「睡眠時驚愕症」なども挙げられます。夜眠れないことは小さい子にとって大変なストレスとなる場合が多いですので、こうした体調の変化には大人がしっかりと気付いてあげることが大切です。

眠れない 病気 子供

眠れない病気の種類と病名とは?

眠れない病気の種類と病名は、主に6つあります。

1つめは、不眠症です。昔に比べ寝つきが悪くなったり、途中で目が覚めてしまう場合です。病名は不眠症になり、長く症状が続く場合は、専門医を受診したほうが良いでしょう。

2つめは、睡眠錯覚の種類の病気です。勤務時間が朝と夜交代の人や、生活リズムがバラバラな人は、睡眠錯覚が起きてしまい、眠れない病気になっている可能性もあります。

3つめは、睡眠障害が原因です。更年期の女性に多いと言われている、足がむずむずして眠れない人もいます。足や手が自然にぴくっと動いてしまい眠れなくなることもあります。

4つめは、精神疾患が原因で起こる不眠です。不安や、うつ症状のある人は、眠ろうとしてもなかなか寝付けいことも多いです。

5つめは、寝すぎによるものです。日中の昼寝など寝すぎが原因で睡眠のサイクルがくるってしまい、夜になっても眠くならないためです。

6つめは、睡眠中の呼吸障害の種類です。寝ている途中で息が止まってしまったり、いびきで起きてしまったりする人は、睡眠呼吸障害の病名がついている人も多いです。

眠れない病気には、さまざまな種類と病名が原因していることが多いので、早めに専門医を受診して、質の良い睡眠を得ることが大切です。

眠れない 病気 種類