睡眠リズム障害の原因は?うつの可能性も?病院に行く必要はあるの?

まず、病院に行くべきかどうかの判断ですが、うつの症状の有無にかかわらず、何らかの体調不良を自覚しているのであれば、早い段階で病院に行かれたほうがよいでしょう。

病院に行ったら、自分が現在どんな症状で悩んでいるのかを詳しく説明してください。その中で、睡眠のリズムが悪いことについても一緒にお話しましょう。

たとえば担当のお医者さんから「心あたりはありますか?」というような質問があったときに、睡眠のリズム障害の疑いがあることをお話しましょう。

さて、うつと睡眠のリズム障害との関係ですが、可能性でいえば「あり」です。ただ、睡眠のリズム障害があるからといって、必ずうつを発症するのかというと、そういうわけではありません。

うつの原因は非常に多様ですから、たとえ睡眠のリズム障害を自覚して、なおかつうつ状態に陥ることが多かったとしても、必ずしもそれが原因であるとは言い切れない部分があります。

そのあたりの因果関係をはっきりするためにも、まずは病院に行かれることが大切です。原因がいったいどこにあるのかを知り、その原因をもとにして治療が行われるからです。正しく治療することができれば、早く悪い状況から脱却できるはずです。

睡眠 リズム 障害

睡眠が浅いことで困っている時は病院の何科に行くの?睡眠薬の処方はしてもらえる?

睡眠が浅いことで困っている場合、何科を受診すればいいかは症状の種類や原因によって受診すべき病院が異なります。

かかりつけ医がいるのであれば、その医師に相談するといいですが、いない場合は睡眠外来という専門の科を用意しているところにかかるといいでしょう。
ただし睡眠専門の病院は少ないので、近くにない場合は内科・心療内科・婦人科などを受診しても診てもらえます。

内科は全身の不調と内臓の病気を扱っていますが、細かく科がわかれているので、全体的にまとめて診てくれる総合内科を受診するのがおすすめです。

他には心療内科は心の病気が原因で眠りが浅い場合に適しています。婦人科は更年期障害や月経のトラブルによって睡眠が浅いときに適しています。

何科に行けばいいのかわからないときには、かかりつけ医に相談するか、もしくは睡眠外来・内科・心療内科・婦人科を受診しましょう。
何科に行くかによって医師の専門性は変わりますが、病院であれば眠れるように薬を処方してもらえます。

ただし、心に問題があるような場合は、薬の処方だけではなく通院しながらカウンセリングなどを受ける必要が出てくることがあります。
薬を処方してもらえば、たいていの症状は落ち着きます。

睡眠 浅い 病院

眠れない病気で悩んでいる時は病院の何科に行けば良い?病院の選び方は?

眠れないときは何科の病院を受診したらよいでしょうか。まず、眠れない原因には何かの病気が隠れていることがあります。身体に自覚症状があるでしょうか。何科を受診するか迷ったときに、もし、胃が痛くなるとか、腹痛がよく起きるという、内科的な症状があれば、心療内科を受診するのがよいです。

内科的な症状に対しても診てもらうことができます。眠れないこと以外に、病気のような症状が感じられない場合には、神経科や神経内科、精神科の病院を受診するとよいです。

内科では、一般的に副作用の少ない軽い睡眠導入剤を処方されることが多いですが、睡眠導入剤にも様々な種類があります。睡眠の状態や他の精神的な疾患も考慮して、薬を処方してもらえるのは神経科や精神科になります。

大きな精神科の病院は、重い病気の人に多く対応しているので、処方される薬が強すぎて合わないということがあるかもしれません。症状が不眠だけであれば、神経内科や心療内科の方が、症状に応じた薬を処方してもらえます。何科に行ったらよいか迷ったら、心療内科や神経内科を受診してみるのがよいでしょう。

睡眠は脳の一日の疲れを取って、翌日のエネルギーを補給する大切な働きをしています。翌日も元気に活動するためには良質な睡眠をとりたいものです。

眠れない 病気 病院