眠れない病気で悩んでいる時は病院の何科に行けば良い?病院の選び方は?

眠れないときは何科の病院を受診したらよいでしょうか。まず、眠れない原因には何かの病気が隠れていることがあります。身体に自覚症状があるでしょうか。何科を受診するか迷ったときに、もし、胃が痛くなるとか、腹痛がよく起きるという、内科的な症状があれば、心療内科を受診するのがよいです。

内科的な症状に対しても診てもらうことができます。眠れないこと以外に、病気のような症状が感じられない場合には、神経科や神経内科、精神科の病院を受診するとよいです。

内科では、一般的に副作用の少ない軽い睡眠導入剤を処方されることが多いですが、睡眠導入剤にも様々な種類があります。睡眠の状態や他の精神的な疾患も考慮して、薬を処方してもらえるのは神経科や精神科になります。

大きな精神科の病院は、重い病気の人に多く対応しているので、処方される薬が強すぎて合わないということがあるかもしれません。症状が不眠だけであれば、神経内科や心療内科の方が、症状に応じた薬を処方してもらえます。何科に行ったらよいか迷ったら、心療内科や神経内科を受診してみるのがよいでしょう。

睡眠は脳の一日の疲れを取って、翌日のエネルギーを補給する大切な働きをしています。翌日も元気に活動するためには良質な睡眠をとりたいものです。

眠れない 病気 病院

犬が眠れない時、病気の心配はある?何が原因なの?

犬が寝てくれないのは本来寝ているはずの時間帯で明かりがついていることで脳が活性化し寝ないということはあります。

その場合では犬が家の中に入ったときには、カーテンなどの意図的に暗く出来るようにしてあげることで睡眠を助けてあげることが大事で心配はないです。ただしそういった準備をしているのにもかかわらず、犬が眠れないときには病気が隠れている場合があるので注意が必要です。

眠れないときの病気の心配として考えられるものは、軽い症状で言えば人間で言えばアトピー皮膚炎に該当する細菌性膿皮症が考えられます。

細菌性膿皮症という病気は皮膚に細菌感染が広がる病気で、細菌を攻撃するために体の中の抗体が戦うので皮膚が攻撃に耐え切れずかゆみとして出てしまい眠れないことが起きるのです。

ただ細菌感染が広がるる細菌性膿皮症の場合、しっかりと医療機関を受診し軟膏をもらって対処すればいいのであまり心配は要らないです。

ただ眠れないという症状で犬の年齢が15歳以上経っている場合には注意が必要です。それは15歳以上ともなると人間で言えば70歳に相当するため、脳の衰えが引き金となり認知症を起こしている場合があります。

その場合は簡単には寝てくれないので、朝と夜にしっかりと運動をさせて脳を活性化させてあげることが大事です。

眠れない 病気 犬

悪夢やおねしょで子供が眠れないのって病気?子供特有の睡眠に関する病気は?

悪夢やおねしょが原因で子供が眠れない場合には、「悪夢障害」と「夜尿症」といった2つの病気が疑われます。

悪夢障害とは、怖い夢などを頻繁に見ることによって睡眠の質が低下したり、眠れなくなる病気です。怖い夢は大人でも見ることがありますが、子供の方がその割合は圧倒的に高いのです。その理由は、感受性の豊かさにあります。

特に小学生くらいの子供は、ストレスや恐怖心などを人一倍感じやすい傾向に。そのため、悪夢障害は子供に起こりやすい睡眠障害の一つでもあるのです。

次は、夜尿症についてです。夜尿症とは、6歳以上になっても長期的におねしょが続く病気のことです。小さい頃であれば心配する必要はほとんどありませんが、小学校入学後も続くようであれば少し気を付けたほうが良いでしょう。

「おねしょをしてしまわないか不安で眠れない」といった状態に陥ってしまう可能性も非常に高いので、周囲の大人はそれを優しく見守ってあげるような心のケアを。

また、子供特有の眠れない病気には「夢遊病」「睡眠時驚愕症」なども挙げられます。夜眠れないことは小さい子にとって大変なストレスとなる場合が多いですので、こうした体調の変化には大人がしっかりと気付いてあげることが大切です。

眠れない 病気 子供

眠れない病気の種類と病名とは?

眠れない病気の種類と病名は、主に6つあります。

1つめは、不眠症です。昔に比べ寝つきが悪くなったり、途中で目が覚めてしまう場合です。病名は不眠症になり、長く症状が続く場合は、専門医を受診したほうが良いでしょう。

2つめは、睡眠錯覚の種類の病気です。勤務時間が朝と夜交代の人や、生活リズムがバラバラな人は、睡眠錯覚が起きてしまい、眠れない病気になっている可能性もあります。

3つめは、睡眠障害が原因です。更年期の女性に多いと言われている、足がむずむずして眠れない人もいます。足や手が自然にぴくっと動いてしまい眠れなくなることもあります。

4つめは、精神疾患が原因で起こる不眠です。不安や、うつ症状のある人は、眠ろうとしてもなかなか寝付けいことも多いです。

5つめは、寝すぎによるものです。日中の昼寝など寝すぎが原因で睡眠のサイクルがくるってしまい、夜になっても眠くならないためです。

6つめは、睡眠中の呼吸障害の種類です。寝ている途中で息が止まってしまったり、いびきで起きてしまったりする人は、睡眠呼吸障害の病名がついている人も多いです。

眠れない病気には、さまざまな種類と病名が原因していることが多いので、早めに専門医を受診して、質の良い睡眠を得ることが大切です。

眠れない 病気 種類

眠れないのが足のだるさや頭痛などの体の不調が原因の場合、病気の可能性がある?

頭痛や足だるい症状は眠れない原因になりますし、何かの病気が隠れていることもあります。けれども多くは、頭痛や足のだるさを解消することで、眠れない問題も解消されることが多いです。

頭痛は様々な原因で起こります。体調不良やストレス、目を酷使したり、長時間の頭脳作業も、頭痛を引き起こす原因になります。身体のコリをほぐしたり、マッサージをしたり、休養を取り入れてみましょう。それでも、解消しない場合は、目や耳などの器官を含め、脳の中に病気が隠れている場合があるので、病院を受診して検査を受けましょう。

足だるい場合も同様です。血流やリンパの流れが滞って起きることが多いですが、立ち仕事をしている人の場合は、ストレッチやマッサージぐらいでは解消しないこともあります。糖尿病などの病気も足だるい症状をもたらします。足を温めたりマッサージをしてもだるさが解消しない場合は、医師の診断を仰ぐようにしましょう。

このように、足のだるさや頭痛が解消されても眠れない場合は、不眠への対処が必要です。脳が緊張状態にあると寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなります。夜はリラックスして眠りにつけるように、ゆっくり入浴して気持ちよく過ごすことを心がけてみましょう。

眠れない 病気 原因

眠れない病気の症状は?寝つきが悪い、すぐ起きてしまうなどの原因は何?

「眠れない」という状況は「寝不足」と「不眠症」の2ケースが考えられます。しかし、この2つは似て非なるもので、睡眠がきちんと取れていなくてもしっかり休息を取れば回復する「寝不足」とは異なり、「不眠症」は寝つけずに途中で目覚めてしまったり、朝早くに目が覚めたりといった、不眠状態が1ヶ月以上継続している状態を指します。

イライラしたり、平日眠れない・寝つきが悪い状態を解消しようと休日を潰してしまう、といった状態も病気の一歩手前と思った方が良いです。
寝つきが悪い原因として考えられるのは、寝る前のスマートフォン操作。PC・スマートフォンなどのブルーライトは神経を高ぶらせ、入眠の妨げとなります。寝る1時間前には操作をやめましょう。

次にカフェインの取り過ぎも原因として考えられます。コーヒーをはじめ、カフェインを多く含む飲料は覚醒作用があり、眠気防止になりますが、当然ながら不眠の症状の原因となります。寝つきが悪いと感じたら、コーヒーの摂取量を控えるようにしてはいかがでしょうか。

眠れない症状のまま放っておくとストレスがたまるだけでなく、自律神経失調症など重大な病気へと発展する可能性が高くなります。これ以上症状を悪化させないために、そして重大な病気を抱えないためにも、早めに対策をとることをおすすめします。

眠れない 病気 症状

夜眠れない病気で、死ぬことってあるの?

夜眠れない病気になると死ぬかもしれないと心配になる人もいます。実は眠れない病気になったからといって、死ぬことはありません。

人間の体は夜寝ている間に調整を行います。パソコンのバージョンアップや車の点検と同じことが、自動的に行われています。夜寝ていないと、調整がうまく行われません。結果として、体力が弱くなり風邪をひきやすくなることはあります。

それでも眠れない病気が原因で死ぬことはないので心配しなくて大丈夫です。普通死ぬ原因は心臓が止まる、血管にトラブルが起きることです。眠れない病気で心臓が止まったり、血管にトラブルが起きることはありません。

もちろん眠っていないことで、元気がなくなることはありますからよく眠ることはとても大切です。眠れないことよりも、ずっと寝ていないことで風邪をひいたり過食になったりすることが病気の原因になることもあります。

よく眠れるように、毎日同じ時間に起きて太陽を浴びることが大切です。好き嫌いをしないで何でも食べるようにしましょう。寝る前はテレビやテレビゲームをしないようにします。

目に光がたくさん入ることで、目が覚めてしまうからです。寝る前にゲームをして心臓がドキドキすることもよくありません。

眠れない 病気 死ぬ

眠れない原因はどんな病気?不安があると眠れない原因にもなるの?

眠れない原因として考えられる病気には、不安からくる「不眠症」があります。不眠症とは睡眠障害の一つで、ベッドに横になってもなかなか眠れなかったり、もし眠れても途中で目が覚めてしまうなどの症状が挙げられます。

こういった眠れない症状が1ヶ月以上続き、それによって普段どおりの生活が送れなくなっている場合には不眠症の可能性が極めて高いです。

また、「不安」は人の睡眠を妨げる大きな原因になることも。特に、物事を深く考えすぎてしまう人や真面目な人は、普通の人に比べてストレスを感じやすい傾向にあります。そのため、不安が原因となる病気にもかかりやすいというデメリットがあるのです。

眠れないことから分かる病気は、さらにもう一つあります。それは「うつ病」です。うつ病にかかっている人の多くが、実はこの「眠れない」という症状に悩まされているのです。うつ病になると、全てのことに対して無気力になったり、関心がなくなってしまいます。

この状態が睡眠に対しても働いてしまうため、結果的に眠れないといった事態に陥るのです。また、無気力だけでなく不安が原因の場合もあります。このように不安は、十分な睡眠を確保できない要因となってしまう可能性が少なくないのです。

眠れない 原因 病気

セロトニン不足だとどうなるの?セロトニン欠乏症ってどんな病気?

セロトニンが不足すると、欠乏症になり、病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。

セロトニンは、日光を浴びることで、補えることができますが、昼間外に出なかったり、家で過ごすことが多い人は、感情を上手にコントロールできなくなり、うつ病や、不安症の病気につながる可能性もあります。

人間の脳内では、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンが、感情のコントロールを行っていると言われています。不足することで、感情のコントロールができなくなり、怒りっぽくなったり、気分の低下、不安、集中力がなくなる、他人に興味がなくなるなど、うつの症状が出ます。

身体の症状では、頭痛や、食欲不振、不眠、腹痛、下痢などの症状が起こることもあります。セロトニン欠乏症は、不足した状態で、脳内のバランスが崩れた状態になります。イライラしたり、抑うつ状態が続き、うつの病気につながることが多いです。

セロトニン欠乏症を予防するためには、規則正しい生活、適度な運動、日光を浴びる、豚肉、鶏肉、魚、乳製品に多く含まれるアミノ酸を積極的に摂ることが大切です。

運動は、リズムが一定しているウオーキングや、水泳などが良いと言われています。病気の予防を心がけて、規則正しい生活を送ることが大切です。

セロトニン 不足 欠乏症