睡眠が浅い症状にはどんな種類があるの?病名は?チェック方法って?

人によって充分な睡眠時間には差があります。
短い時間で体力が回復する人もいれば、長時間寝てもすっきりしない、翌日の体調がすぐれないといったことはままあって、症状を見極めてきちんとした対処をとることが健康のヒケツです。

睡眠が浅い場合、どういった症状が現れるのか、またどういった病名が当てはまるのかチェックしていきましょう。

まず、ストレスによって浅い睡眠になってしまう病名があります。
自律神経失調症などがその典型で、日中のストレスが原因で不眠や発汗不全、不安定な動悸というような症状がある場合は、この病気を疑ったほうがいいでしょう。

自分でチェックする方法は、筋肉のコリや、運動をしたときの体調などを見て確かめるのが一般的です。

大げさな病名に驚くかもしれませんが、要するに神経が常に興奮状態にあって、眠りたくても体がいうことを聞いてくれないというのがこの病気の特徴です。

ストレスを感じていないのに眠りが浅いという方は、冷え性の可能性があります。
自分が冷え性で不眠に陥っているのかチェックするには、眠る前に手足を温めてみるといいでしょう。温めたら不眠が改善されたのであれば、それは冷え性が原因の不眠症ということです。

睡眠 浅い 症状

眠れない病気の種類と病名とは?

眠れない病気の種類と病名は、主に6つあります。

1つめは、不眠症です。昔に比べ寝つきが悪くなったり、途中で目が覚めてしまう場合です。病名は不眠症になり、長く症状が続く場合は、専門医を受診したほうが良いでしょう。

2つめは、睡眠錯覚の種類の病気です。勤務時間が朝と夜交代の人や、生活リズムがバラバラな人は、睡眠錯覚が起きてしまい、眠れない病気になっている可能性もあります。

3つめは、睡眠障害が原因です。更年期の女性に多いと言われている、足がむずむずして眠れない人もいます。足や手が自然にぴくっと動いてしまい眠れなくなることもあります。

4つめは、精神疾患が原因で起こる不眠です。不安や、うつ症状のある人は、眠ろうとしてもなかなか寝付けいことも多いです。

5つめは、寝すぎによるものです。日中の昼寝など寝すぎが原因で睡眠のサイクルがくるってしまい、夜になっても眠くならないためです。

6つめは、睡眠中の呼吸障害の種類です。寝ている途中で息が止まってしまったり、いびきで起きてしまったりする人は、睡眠呼吸障害の病名がついている人も多いです。

眠れない病気には、さまざまな種類と病名が原因していることが多いので、早めに専門医を受診して、質の良い睡眠を得ることが大切です。

眠れない 病気 種類