妊婦や産後の育児中でも睡眠不足になりやすい?その解消法とは?

妊婦さんで睡眠不足に悩む方は多く、産後の育児中にもそのままだったらどうしようと解消法を知りたいと思うようです。

まず妊婦さんの睡眠不足の原因としては、ホルモンによる影響が大きいと言えます。
特に妊娠中期から後期になると、エストロゲンという睡眠を浅くさせる効果があるホルモンが分泌されるのです。

これはなぜかと言うと、産後すぐから当然ですが赤ちゃんのお世話という育児が始まります。

赤ちゃんは昼夜問わず泣いて様々な欲求を訴えるため、お母さんはゆっくり睡眠を取ることが難しくなります。
しかしエストロゲンが分泌されることによりあまり眠れていなくてもしっかりと赤ちゃんのお世話ができるということです。

解消法はありませんが、妊娠中から分泌されるのはその練習と捉えてください。
上記の理由から産後の育児中にも睡眠不足は続きますが、それほど身体に影響はないのであまり心配する必要はありません。

また妊婦さんの睡眠不足の原因には他にも頻尿やこむら返り、赤ちゃんが動き回ることによる刺激、出産が近付き不安になっているなどもあります。

解消法としては、無理のない程度の運動をしたり自分が落ち着けるリラックス法を実行したり、不安や心配なことを誰かに聞いてもらうなどがおすすめです。

睡眠不足 解消法 妊婦

妊婦の成長ホルモンと睡眠の関係は?妊娠中と産後では成長ホルモンに違いはある?

成長ホルモンは大切なものであり、寝ている間に分泌されますので妊婦にとって睡眠はとても重要で、産後も同様です。妊婦の方は体内でホルモンバランスが急激に変わります。

それは胎児を体内で育てるために起きる変化です。成長ホルモンは胎児にとって大切なものであるため、スムーズに必要な量を分泌させるために眠くなる妊婦の方は多いです。しっかり睡眠をとって成長ホルモンの分泌を促しましょう。

妊娠の後期になってくると、お腹も大きくなりますし、眠たいけれど寝付きにくいという状態になってきます。妊娠中の睡眠は大切ですから、眠りにくいからといって睡眠不足になるのはよくありません。寝具や姿勢に工夫をしてなるべく眠りやすい状態を作ったり、昼寝を取り入れるなど、必要なだけ眠れるように努力するとよいです。

妊娠中だけでなく、産後も授乳がありますので、眠ることは大切です。しかし、産後は育児がありますので思うように眠れなくなります。

母乳を促すホルモンにも睡眠を促す作用があります。そのため授乳中に眠くなるという状態が起きます。そこで我慢する必要はありません。

なるべく眠ったほうがお母さんのためにも赤ちゃんのためにも良いですから、寝られるタイミングは活用しましょう。

成長ホルモン 睡眠 妊婦