老人が眠れない理由は?高齢者の睡眠の質は若い人と比べてどう違う?

高齢者になると、ぐっすり眠れないことが多くなり、眠りの質が落ちたという人が増える理由は何なのでしょうか。

年を重ねると、生理機能が徐々に低下するために、必要とする睡眠時間が短くなるといわれています。ですから早く寝ると、早く目が覚めますし、眠りも浅くなり、老人の睡眠の質は若い人に比べて低下するのです。また、高齢者になると、身体や心の病気を抱える人が増え、その症状の影響で眠れなくなることが増えます。

けれども、睡眠の質がよくないと、生活リズムが崩れていろいろな問題がおきてきます。老人だから眠れなくても仕方ないとあきらめないで、自分が眠れない理由を探して、睡眠の質を高くしましょう。

例えば、早く寝すぎていませんか。足腰が弱って、運動不足になっていませんか。高齢者になると、身体や心の不調の改善のために、お薬を服用する人が増えますが、そのお薬によって眠れないということはありませんか。

何か思い当たる理由があったでしょうか。老人になって徐々に睡眠時間が減るのは自然なことで、身体に不調がなければあまり気にしなくてもいいのですが、睡眠の質が落ちてつらい場合は、生活習慣を見直したり、病院を受診したり、あるいはサプリメントを飲んだりして、日々気持ちよく過ごせるようにしましょう。

眠れない 理由 老人

子供が眠れない理由は、ストレスなど大人と同じような原因?違いはある?

子供が眠れない理由はストレスかもしれない、と決めてしまう前に、生活状態を確認しましょう。夜寝るためには、朝が大切です。早起きすれば早く眠れます。昼間、家遊びだけになっていませんか。

外で体を動かす時間を作りましょう。疲れさせるくらいに運動させると、夜ぐっすり眠れます。親も一緒にストレス解消できます。疲れすぎてお昼寝が長すぎでも、夜なかなか眠れない、ということになってしまいます。

そして、夜型生活になっていませんか。寝る前にゲームやスマートフォンを見ていませんか。画面を見ていると神経が高ぶってしまいます。そのため布団に入ってもなかなか寝付けないということになってしまうのです。

お風呂も子供を目覚めさえてしまいます。遅い時間にお風呂で遊んでしまうと眠れなくなります。どれも親がしっかりコントロールできることばかりです。

子供の睡眠障害の原因が病気の場合もあります。たとえば「扁桃腺肥大」。いびきや鼻づまりで眠れない、ということがあります。睡眠は子供の成長にとても大切なものです。理由なく眠れない、ということはありません。おかしいな、と思ったら小児科で診てもらいましょう。

もし悩んでいるようなら、その理由をしっかりきいてあげてください。ストレスは大人社会だけではありません。

眠れない 理由 子供

赤ちゃんが眠れないのは、鼻水、鼻づまり、咳が理由?

赤ちゃんが眠れない寝てくれない、ママになった人は皆さん経験することです。
赤ちゃんが、眠れない理由を考えてみましょう。

赤ちゃんは基本、鼻呼吸なので風邪などで鼻水が出たり、鼻づまりになると呼吸がしにくいので眠れないという事が理由になります。
鼻水や、鼻づまりが起きると鼻をかんで、体外に出しますが赤ちゃんの場合それが無理なので、吸い出します。

しかし、吸い出すのも限度がありますし、嫌がって上手くいかなかったします。
耳鼻科のように上手く吸い出せたら良いのですが、自宅では耳鼻科のように出来ないので、無理せずにしましょうね。

鼻水が喉の方に流れ咳が出たります。咳が出ることで眠れないという事が理由になります。

しかし咳や、鼻づまりだけが赤ちゃんの眠れない理由ではありません。
早く寝てほしいと焦ったり、寝てくれないとイライラするママの気持ちや感情も関係してきます。

大人でもイライラすると怒ってしまう、イライラしてる人とはあまり関わりたくない、と思うのと一緒ですよね。

気持ちに余裕がないと眠ってくれない理由の1つです。
子育ては大変なことです。ずっと穏やかな気持ちで育児が出来たら良いのですが、実際は無理ですね。

旦那さんに積極的に育児を手伝って貰い楽しい子育てライフにしましょうね。

眠れない 理由 赤ちゃん

スマホやパソコン、テレビが原因で眠れなくなる理由って何?

眠れないとお困りの方は多いですが、スマホやパソコン、テレビが原因で眠れなくなっているということに気付いていない方も多いです。寝る前にパソコンやテレビ、スマホなどを見るという方は、眠れない原因を自分で作ってしまっている可能性があります。

スマホやパソコン、テレビなどが眠れない原因になってしまう理由は、ブルーライトと呼ばれる青い光が関係しています。電子機器の画面からは、ブルーライトと呼ばれる青い光が出ているのですが、この光を浴びることにより、脳が興奮状態になってしまいます。

自分自身では気付いていなくても、脳はブルーライトの影響で興奮している状態になり、それによって眠れなくなってしまうというわけです。

興奮が収まるまでには時間がかかります。興奮が収まるまでの時間には個人差があり、なかには二時間から三時間程度かかるという方もいらっしゃいます。そのため眠れないとお悩みの方は、最低でも眠る一時間前には見るのを止めるといった工夫がおすすめです。

光そのものの作用として睡眠に関係するメラトニンというホルモンの分泌を抑えるという働きもあります。ブルーライトによる脳の興奮とメラトニンの分泌が抑制されるという二つの理由から、スマホやパソコン、テレビが原因となって眠れなくなります。

眠れない 原因 スマホ

生理前にイライラや火照りで眠れない理由は?ホルモンバランスとの関係は?

生理前になると眠れない理由にはホルモンバランスの乱れや体温の変化が大きく関係していて、人によってはイライラしたり体の火照りを感じる人もいます。

生理前になると、体温を上昇させる働きのある黄体ホルモンが活発に分泌されるようになります。そのため、体温が高いまま下がらなくなり、眠りに入りにくくなります。人が眠りに入る時には自然と体温が下がるものですが、生理前になると下がらないので入眠しにくくなるのです。

これが眠れない最大の理由であり、ホルモンバランスの変化が引き起こしているものです。体温の上昇によって火照りも起こりやすくなり、精神的に不安定になってイライラしてしまうことも少なくありません。

生理前になると眠れない理由やイライラ・火照りの原因がホルモンバランスによるものだと分かれば、対処法も見えてきます。

おすすめなのは、寝る1時間ほど前にぬるま湯のお風呂にゆったりと浸かったり、軽いストレッチを行うことです。これらを実践すると体温が上がりますので、少し経つとその反動で体温が下がって眠りに入りやすい状態になります。

また、神経を静めるために寝る前のテレビやゲームは避け、部屋の灯りを全て消して寝ることも有効です。

眠れない 生理前 ホルモンバランス