睡眠のリズムを食事や漢方で整えられる?また断食は睡眠のリズムに効果がある?

食事は私たちの睡眠に深い関係があり、食事の内容・漢方・断食などによって睡眠リズムは変化します。

睡眠のリズムは、寝ている間にどれだけ深い眠りにつくことができているかによって決まります。ある程度の時間寝ていても、十分に深い眠りにつかなければ体は休まらないためです。

そして眠りの質の悪化には「メラトニン」の不足、ストレスにより脳が起きてしまう、血流が悪いなどの原因が考えられます。

ストレスや血流の問題に関しては、漢方で整えることができます。
漢方には神経に働くもの、血流を促進するものがあるためです。

一方「メラトニン」の不足は、食事で大豆食品・乳製品などから「トリプトファン」を摂取することで補うことができます。

そして、人は食事をすると2~3時間かけて消化しますが、その際多くのエネルギーを使用します。断食を行うと、消化するときに必要なエネルギーを使う必要がなくなり、体もその分疲れづらくなります。
するとより短い睡眠でも、安定したリズムとなります。

また食べてすぐに寝ようとすると、体は消化のため働いているのに脳は休もうとしているため、体は十分に休まらなくなってしまい、十分な睡眠が取れず、リズムも崩れてしまいます。
そのため特に夜は断食するか、寝る2~3時間前までに食事を終えることが理想とされています。

睡眠 リズム 食事

睡眠が浅い時に効くサプリメントや漢方は?睡眠薬との違いとは?

夜寝ているようで睡眠が浅いような気がするとか、寝付けないという悩みを持っている人は多いです。

そんな悩みをもっていても、すぐに専門外来で治療をうけるということにはならないのがほとんどです。というのも寝られないといっても多くの方は、浅いと感じていても実は寝ていることのほうが多いからです。

ただ、睡眠が浅いとずっと頭で感じていると、本当にそのことばかり考えるようになって不眠になってしまうこともあるので、サプリや漢方を試してみるのも1つの方法です。漢方に関しては自己判断で飲むのは危険です。漢方治療を行っている医師の診察をうけて、睡眠障害に効果のある漢方を処方してもらうのがいいでしょう。

またサプリに関しては、ネットの情報などをみてみるのもいいでしょう。ネットをみると睡眠に効果が感じられるサプリがたくさんあります。

実際に使用している人のコメントなども載っているのでそれを参考にしていくといいでしょう。サプリや漢方のいいところというのは、依存症になりにくいということがあります。

睡眠薬は確実に効く一方で、副作用として依存症になっていくケースがあります。薬から離脱できなくなる人もいるので、服用には注意が必要です。

睡眠 浅い サプリ

睡眠不足を解消するために、どんなサプリや睡眠薬、漢方薬を選べば良い?

睡眠不足を解消するためには、どのようなサプリを選べば良いでしょうか。

現代人はとても疲れ気味であると同時に、とても大きなストレスに毎日さらされている、と言われています。
こうした疲れや苛立ち、不安感が原因による睡眠不足であれば、「魚の良い成分が入ったDHAなどのサプリ」をお勧めします。

また、こうした魚の成分が入ったサプリというものは、疲れをとってくれるだけでなく、女性のPMSのお悩みにもとても効果的なサプリとなっています。

この他にも、疲れにはビタミンCがたっぷりと入ったサプリメントもお勧めです。

一方で、睡眠不足になってしまう原因が、実は「肥満気味」という方もおられるのですが、こうした方にお勧めの漢方薬は、「防風通聖散」というものになります。

こちらの漢方薬は、当然、漢方なので苦味がありますが、効果的に脂肪などを減らしてくれる漢方薬として有名です。

また、睡眠薬については、「ピーゼットシー」というお薬が睡眠薬としてお勧めできます。

こちらは精神科で処方してもらえるものですが、睡眠薬としての効果は、不安解消やイライラ感などを解消してくれるなど、色々な面でのメリットがあります。

また、強い恐怖感をお持ちの方にもお勧めのお薬です。

睡眠不足 解消 サプリ

睡眠の質をサプリや薬で高めることはできる?おすすめの漢方薬は?

睡眠は毎日きちんととっているつもりなのに、全然疲れが取れないとか、夜中に何回も目が覚めるとか、あるいは眠りにつくまでにかなり時間がかかってしまうという方は多いですね。

忙しくて寝る暇がないというわけではないのに、ちゃんと布団には入っているのに眠れないとなると、やはり睡眠の質が悪いと疑いたくなりますね。
こういった睡眠の質を高めるには、サプリメントや漢方薬は有効といえます。
サプリはよく広告も見かけますが、グリシンという成分が配合されたサプリが有名ですね。

漢方薬を処方してもらうなら、酸棗仁湯や加味逍遙散などが有効といえるでしょう。
酸棗仁湯は「さんそうにとう」と読みますが、興奮している心身を落ち着けてリラックスさせる効果があります。

昔からある睡眠の質を高める漢方薬としては、一番ポピュラーなものといえるかもしれません。

そして加味逍遙散は「かみしょうようさん」と読みますが、これは興奮状態で眠れない場合ではなく、不安や心配が多くて心が常に緊張しているような状態の時に役立ちます。
仕事や人間関係に悩みを抱えていて、なかなか落ち着いて眠れないという方にはこちらの方がおすすめです。

睡眠の質を高めると、それだけでストレス解消にも疲労回復にもなりますから、漢方の力も借りてぐっすり眠りましょう。

睡眠 質 サプリ

快眠する方法として薬やサプリは効果的?おすすめの漢方薬は?

快眠をする方法として薬やサプリを使うことは効果的です。
実際、快眠が出来るようになるためには「精神的または肉体的に」快眠が出来る状態にならなければならないからです。

「精神的」に快眠が出来ない場合には、自分を取り巻く環境が劣悪な環境が多く、なかなかスムーズに眠りにつくことが出来ませんので、サプリや薬を使って眠りを良くする方法がとられます。

また、精神力を強くするために、脳にエネルギーを補充するという目的で、ビタミンCなどがたっぷりと入ったサプリメントなどが使われるケースもあります。

これは、イライラとした気持ちを、ビタミンCは体に補ってくれるためであり、眠る前に辛い気持ちが少しでも抑えることが出来れば、ぐっすりと眠れるようになる方法の1つであるからです。

また、心地よく眠りにつくためには、この他にも身体的にベストな状態に体重を維持する、という方法があります。

これは、人の体のベストな体重というものは、おおよそBMI22という数値になるのですが、この前後であればあまり問題はないものの、かなりの肥満体型になってしまうと、漢方などの力や薬の力を使わなければ、ダイエットができなくなってしまうからです。

そのため、快眠する方法として、漢方であれば、「防風通聖散」という漢方がオススメです。

快眠 方法 薬