睡眠リズム障害かどうかのチェック方法って?良い治療方法は?

睡眠リズム障害のチェック方法はありますが、よい治療法は病の原因がわからないといけないのです。そもそも睡眠リズム障害とは、昼間は起きて活動し夜は眠るという本来の生活リズムが、近年の様々な勤務体系や、生活習慣の変化で睡眠と覚醒のリズムが乱れてしまうことで起こる睡眠障害です。

自分でできるチェック方法には夜に全く寝付けない、夜中や明け方に眠くなる、夕方には眠くなり、深夜に目覚めてしまう、毎日寝る時間が遅れてくる、毎日ばらばらの時間に眠くなるなどに当てはまる方は間違いないかと思います。

しかし自己チェックで大まかなことはわかるとは思いますが、原因は何なのか、今の症状は睡眠リズム障害なのかというのは病院で診断してもらわないと正確なことはわからないのです。

なのでよい治療方法とは病院できちんと診断してもらって、病の原因を調べて医師の判断を受けるのが一番良い治療法と言えます。自己判断で誤った治療法を続ければ、悪化させる危険性がありますので避けましょう。

なおどこの病院の何科に行けばよいのかわからない人もいるかと思います。大都会なら専門のクリニックや、病院があるのですが、地方ならばまずは総合病院へ行ってみましょう。また一般の内科医院でも診察を行っているところもあるので、調べてみてみましょう。

睡眠 リズム チェック

睡眠不足の症状ってどんなものがあるの?睡眠不足の解消法とは?

睡眠不足の症状は複数あります。その中でも代表的なものをいくつかあげます。

まず、脳に疲労物質が溜まることで、十分な脳が活動することができなくなるため、記憶力、会話の内容が頭に入らないことや、仕事や勉強ができなくなる思考力低下、さらに、簡単なミスを繰り返すなどの集中力低下。

睡眠不足の症状として、感じることは、心身が十分に回復されないため、寝足りなさや日中の異常な疲れや、疲労物質が溜まっていることで、それを解消するために眠気を促すため、日中の異常な眠気。

睡眠不足により、睡眠によって精神の安定を促すため、それが足りなくなることで鬱病の可能性の増加や、睡眠には感情を安定させるための役割があるため、損なわれることでささいなことでもストレスを感じるようになるなどの症状があります。

他にも肌質の悪化や頭痛、吐き気やめまいといった症状も現れます。
睡眠不足の解消法としては、深い睡眠をとる必要があり、一番簡単な方法としては、症状が現れたらすぐに睡眠を改善するという方法が一番の解消法です。

ただ、寝ても解消されないという場合の解消法として、睡眠の質を上げる方法があります。

質を高めて深い眠りを得るためには、まず、リラックス状態を作ることと、就寝前に刺激を与えるPCやスマートフォンなどを遠ざけるなどがあります。

睡眠不足 解消法 症状

成長ホルモンの分泌量を増やす、おすすめの促進方法は?

成長ホルモンの分泌量を増やす事は、大人も子供にとっても、健康や美容、成長など様々な部分に影響してくるので、非常に大切になってきます。

成長ホルモンの分泌量をなるべく多く増やして促進したい場合の方法としては、睡眠のタイミングや時間は非常に重要になってきます。ベストなタイミングや時間で水面を得ることによって、成長ホルモンの分泌量を増やすことが可能になります。

成長ホルモンの分泌量が促進されるタイミングとしては、22時から2時までの4時間がゴールデンタイムと言われています。この時間大に睡眠をとることによって分泌量を増やし、私たちを健康へと導いてくれるでしょう。

特に子供は大きな影響を受けるので、22時までには睡眠出来るように、21時にはお布団に入る方が良いでしょう。このような方法を毎日続けることが増やすことに繋がるのでしっかりと取り組んでみましょう。

また睡眠だけではなく成長ホルモンの促進に有効なのは食事です。私達は食べ物から様々な影響を受けますが、どのような影響を受けるのかしっかりと把握した上で食事を行うことが重要ではないでしょうか。

健康を維持する方法として、睡眠や食事を意識することは非常に大切なので、習慣化出来るように取り組んでいきましょう。

成長ホルモン 分泌量 増やす

睡眠の質を向上する効果的な方法|運動など睡眠の質を上げるおすすめの方法は?

睡眠の質を向上させるためにどんなことができるでしょうか。日中に体を動かすことは深い眠りへと導きます。ですから良い睡眠を取るためにまず運動をしてみましょう。

しかし、よく運動した日でも、十分に眠れない場合もあればそうでない場合もあり、ばらつきがあります。ですから今日は眠ろうと思ってたくさん体を動かしたとしても眠れないことがあるのです。

でも、運動習慣のある人はその習慣のない人に比べて質が良いということがこれまでの研究で明らかにされてきました。多くのアンケートでも運動習慣のある人は良い眠りをしているだけでなく、日中の眠気なども少ないと報告されています。

それで睡眠の質を向上させるためには体を動かす習慣をつけるのが一番良い方法でこれによって健康状態を上げることができ眠る力も向上させることができます。では、筋トレなどの方法は質を上げることができるでしょうか。

適度な筋トレであれば後にリラクゼーションが進みますのでこの方法も睡眠の内容を上げる上で良いと言えるでしょう。質の良い睡眠は日中のパフォーマンスを向上させます。

定期的な運動をしつつ心も体も効率アップを目指して健康的な深い眠りを手に入れていきましょう。

睡眠 質 向上

快眠方法としてストレッチやツボは効果的?

不眠で悩む人の多くが身体が敷き布団にフィットできずリラックスできない事から眠れない事が多いですが、リラックスしやすくなるツボを押す事によって快眠が期待できる方法があります。

押していく所が背骨の周辺と呼吸筋周辺のツボです。仰向けで眠りにくい人には背骨周辺が硬くなっている事が多く、背骨周辺が硬くなっていると仰向けになった時に腰が浮いてしまい身体がベッドにフィットできずに快眠できなくなってしまいます。

呼吸が浅くなると寝苦しくなるため呼吸を深くして入眠を方法です。ツボはピンポイントで押す必要はなくその周辺さえ押すと効果がありますが一人では押しにくいため、一人の場合にはストレッチがおすすめです。

方法は身体をひねるストレッチは下半身の右ひざの内側をベッドにつけて、上半身は左の肩をベッドに押し付けるように意識すると効果的にひねる事ができます。

左右交互に1回30秒を2~3回やってみるとツボを押す場合と同等の効果が得られます。鎖骨のやや上を両手で押すと首を逆に伸ばすストレッチや壁に手を掛けて型と突っ張るストレッチを行うと呼吸筋を伸ばす事ができます。

ツボやストレッチだけでなく膝の下に毛布やバスタオルなどを引くと快眠に効果的です。腰がしっかりと布団に落ち布団とフィットする体勢を作る事ができます。

快眠 方法 ストレッチ

快眠する方法として薬やサプリは効果的?おすすめの漢方薬は?

快眠をする方法として薬やサプリを使うことは効果的です。
実際、快眠が出来るようになるためには「精神的または肉体的に」快眠が出来る状態にならなければならないからです。

「精神的」に快眠が出来ない場合には、自分を取り巻く環境が劣悪な環境が多く、なかなかスムーズに眠りにつくことが出来ませんので、サプリや薬を使って眠りを良くする方法がとられます。

また、精神力を強くするために、脳にエネルギーを補充するという目的で、ビタミンCなどがたっぷりと入ったサプリメントなどが使われるケースもあります。

これは、イライラとした気持ちを、ビタミンCは体に補ってくれるためであり、眠る前に辛い気持ちが少しでも抑えることが出来れば、ぐっすりと眠れるようになる方法の1つであるからです。

また、心地よく眠りにつくためには、この他にも身体的にベストな状態に体重を維持する、という方法があります。

これは、人の体のベストな体重というものは、おおよそBMI22という数値になるのですが、この前後であればあまり問題はないものの、かなりの肥満体型になってしまうと、漢方などの力や薬の力を使わなければ、ダイエットができなくなってしまうからです。

そのため、快眠する方法として、漢方であれば、「防風通聖散」という漢方がオススメです。

快眠 方法 薬

メラトニンの分泌を促す方法|運動は効果的?メラトニンを増やす方法とは?

「メラトニン」というホルモンをご存知ですか?
このホルモンの役割は、身体のリズムを整え「これから眠るぞ」という状態に持っていってくれるホルモンです。

日中の時間帯には、このホルモンの分泌は抑えられています。
反対に、夜暗くなるにつれて、分泌を増やすようになっています。
体内のメラトニンを増やし、スムーズな入眠を促すことで、質の良い眠りを得ることが出来ます。

ではメラトニンを増やす方法はあるのでしょうか。
理想的な方法は、夜強い光を浴びないことです。
21時以降は部屋の照明を消し、間接照明程度で就寝準備に入る、ということです。
しかし、実際には難しいですよね。

現実的な方法としては、就寝の1時間程度前から、徐々に部屋を暗くしていきます。
蛍光灯から、暖色系の照明に変え、メラトニンの分泌を促すようにしていきます。
体内時計のリズムを保たせる方法もあります。

分泌を促すスイッチは体内時計に依存しています。
起きてすぐにしっかりと朝日を浴びて、体内時計の始まりを正します。
すると、太陽が沈む頃には身体が夜を感じ取ってくれます。

他に、運動も効果的です。
運動をすることで、セロトニンが増えます。これは夜になるとメラトニンに変わります。
日中に、適度な運動を行い、セロトニンを増やすのです。
すると夜にぐっすり眠ることができます。

メラトニン 分泌 促す

セロトニンの分泌を促す方法|運動は効果的?メラトニンを増やす方法とは?

セロトニンは快眠や整腸作用、感情のコントロールをする重要なホルモンですが、その分泌を運動や生活習慣などにより促す方法や増やすことができるのをご存知ですか。

最近、情緒不安定になったり体調を崩しやすくなったという場合に考えられる原因の一つがセロトニンの分泌不足です。セロトニンは不規則な生活や食習慣、ストレスなどにより分泌不足になってしまいます。

その影響により情緒不安定になったり、体調を崩しやすくなるのです。そんなセロトニンを増やす簡単な方法は規則正しい生活を送ることです。早寝早起きを心がけ、朝起きたら太陽の光を浴びるようにするだけでも分泌を促すことができます。

また、セロトニンの基であるトリプトファンを多く含む食事をすると、増やすことができます。また、簡単にできるリズミカルな運動や有効な方法です。階段の上り下りやスクワットなどのリズミカルな運動は神経を活性化させ、分泌を促すことができます。また、ウォーキングやヨガも有効な運動です。

このようにこのホルモンは日頃の生活習慣を見直すだけで増やすことができます。最近、体調が優れないという方や情緒不安定で悩んでいる方は日頃の習慣を見直して、簡単にできる運動をするだけでも症状を改善することが期待できます。

セロトニン 分泌 促す