犬が眠れない時、病気の心配はある?何が原因なの?

犬が寝てくれないのは本来寝ているはずの時間帯で明かりがついていることで脳が活性化し寝ないということはあります。

その場合では犬が家の中に入ったときには、カーテンなどの意図的に暗く出来るようにしてあげることで睡眠を助けてあげることが大事で心配はないです。ただしそういった準備をしているのにもかかわらず、犬が眠れないときには病気が隠れている場合があるので注意が必要です。

眠れないときの病気の心配として考えられるものは、軽い症状で言えば人間で言えばアトピー皮膚炎に該当する細菌性膿皮症が考えられます。

細菌性膿皮症という病気は皮膚に細菌感染が広がる病気で、細菌を攻撃するために体の中の抗体が戦うので皮膚が攻撃に耐え切れずかゆみとして出てしまい眠れないことが起きるのです。

ただ細菌感染が広がるる細菌性膿皮症の場合、しっかりと医療機関を受診し軟膏をもらって対処すればいいのであまり心配は要らないです。

ただ眠れないという症状で犬の年齢が15歳以上経っている場合には注意が必要です。それは15歳以上ともなると人間で言えば70歳に相当するため、脳の衰えが引き金となり認知症を起こしている場合があります。

その場合は簡単には寝てくれないので、朝と夜にしっかりと運動をさせて脳を活性化させてあげることが大事です。

眠れない 病気 犬

セロトニンに副作用の心配はあるの?頭痛の原因は?

不眠症の改善やリラックス効果、精神のバランスを安定させる効果のあるセロトニンですが、頭痛などの副作用が起こらないのか心配に感じる方もいると思います。

脳の神経伝達物質で、不足してしまうと体内時計のバランスが崩れて、寝つきが悪い・ぐっすリ眠れないなどの不眠症状を起こします。

またストレスを抑制する作用もあり、不安感やイライラ感など精神的なトラブルを解消する効果も期待出来るようです。
気になる副作用ですが、セロトニンの量が増えたからといって頭痛が起こるという事はありません。

むしろ予防する効果があるのです。
中でもこめかみ部分がズキンズキンと、脈を打つように痛む片頭痛の予防に効果的です。
この症状はストレスなどを感じ脳の血管が炎症したり、血管が拡張する事で起こります。
セロトニンは抗炎症作用があるので、炎症による痛みを抑制します。

また不足すると自律神経が乱れてしまい、血管の収縮と拡大する差が大きくなる事から、強い痛みを引き起こすようです。

偏頭痛も血管拡張によって痛みが出るのでセロトニン量を増やし、自律神経を整える事が痛みの予防に繋がります。

頭痛が起こるという心配はありませんが、過剰になる事で副作用を起こす危険性はゼロではありません。

過剰に作られると、めまいなどの副作用が起こる心配があります。

セロトニン 副作用 頭痛

ギャバ(GABA)に副作用の心配はあるの?頭痛の原因は?

ストレス緩和に役立つとされている「ギャバ(GABA)」ですが、過剰摂取さえしなければ副作用を心配したり、頭痛に悩まされる可能性は極めて低いでしょう。ストレス軽減に繋がる摂取量としては、1日30~50mg程度です。

しかし、たとえこのように決められた範囲内であったとしても、人によっては副作用を引き起こす場合があります。その副作用とは主に動悸や息切れ、それから吐き気や下痢といった症状が挙げられます。

これらの症状はどれも重症化することは少ないので心配ありませんが、念のために注意が必要です。このような副作用が出る原因としては、ギャバを空腹時に摂取してしまうことが考えられます。

お腹が空いた状態での摂取は体に悪影響を及ぼす可能性があるので、なるべく控えるようにしましょう。また、サプリメントの過剰摂取によって頭痛が引き起こる場合もあります。

サプリメントは手軽に飲むことができるため、もし摂取しすぎていても自分ではなかなか気付けないのです。したがって、ギャバが含まれたサプリメントを飲む際は摂取量を必ず守るようにすることがオススメ。

以上の点に気を付ければ、副作用や頭痛を心配する必要はなくなるでしょう。飲み方や量に注意しながら、正しくギャバを取り入れていくことが大切です。

ギャバ 副作用 頭痛