子供が眠れない理由は、ストレスなど大人と同じような原因?違いはある?

子供が眠れない理由はストレスかもしれない、と決めてしまう前に、生活状態を確認しましょう。夜寝るためには、朝が大切です。早起きすれば早く眠れます。昼間、家遊びだけになっていませんか。

外で体を動かす時間を作りましょう。疲れさせるくらいに運動させると、夜ぐっすり眠れます。親も一緒にストレス解消できます。疲れすぎてお昼寝が長すぎでも、夜なかなか眠れない、ということになってしまいます。

そして、夜型生活になっていませんか。寝る前にゲームやスマートフォンを見ていませんか。画面を見ていると神経が高ぶってしまいます。そのため布団に入ってもなかなか寝付けないということになってしまうのです。

お風呂も子供を目覚めさえてしまいます。遅い時間にお風呂で遊んでしまうと眠れなくなります。どれも親がしっかりコントロールできることばかりです。

子供の睡眠障害の原因が病気の場合もあります。たとえば「扁桃腺肥大」。いびきや鼻づまりで眠れない、ということがあります。睡眠は子供の成長にとても大切なものです。理由なく眠れない、ということはありません。おかしいな、と思ったら小児科で診てもらいましょう。

もし悩んでいるようなら、その理由をしっかりきいてあげてください。ストレスは大人社会だけではありません。

眠れない 理由 子供

悪夢やおねしょで子供が眠れないのって病気?子供特有の睡眠に関する病気は?

悪夢やおねしょが原因で子供が眠れない場合には、「悪夢障害」と「夜尿症」といった2つの病気が疑われます。

悪夢障害とは、怖い夢などを頻繁に見ることによって睡眠の質が低下したり、眠れなくなる病気です。怖い夢は大人でも見ることがありますが、子供の方がその割合は圧倒的に高いのです。その理由は、感受性の豊かさにあります。

特に小学生くらいの子供は、ストレスや恐怖心などを人一倍感じやすい傾向に。そのため、悪夢障害は子供に起こりやすい睡眠障害の一つでもあるのです。

次は、夜尿症についてです。夜尿症とは、6歳以上になっても長期的におねしょが続く病気のことです。小さい頃であれば心配する必要はほとんどありませんが、小学校入学後も続くようであれば少し気を付けたほうが良いでしょう。

「おねしょをしてしまわないか不安で眠れない」といった状態に陥ってしまう可能性も非常に高いので、周囲の大人はそれを優しく見守ってあげるような心のケアを。

また、子供特有の眠れない病気には「夢遊病」「睡眠時驚愕症」なども挙げられます。夜眠れないことは小さい子にとって大変なストレスとなる場合が多いですので、こうした体調の変化には大人がしっかりと気付いてあげることが大切です。

眠れない 病気 子供

成長ホルモンの分泌は子供、大人、高齢者と年齢によっても違うの?

人の成長や健康維持に大きな関わりがある成長ホルモンですが、子供と大人また高齢者等では分泌量などに違いがあります。年齢による変化も知ることで、年齢による変化の影響を少しでも解消出来るように生活するようにしましょう。

いつまでも若く見える高齢者の方は、他の高齢者と何が違うのか考えた場合、成長ホルモンの分泌量の違いを指摘される場合があります。また子供は大人と比べても成長ホルモンの分泌が多く、思春期にピークを迎えることになりますが、年齢が進むにつれて下降していきます。

子供は大人と比べても身体の変化が活発ですが、それを成長ホルモンが支えていると言っても過言ではありません。また子供だけではなく大人にも必要なものです。健康を維持したり、精神面でも重要で人間の感情にも大きな影響を与えます。

また成長ホルモンが不足すると様々な影響があります。精神面では意欲や記録力、性欲の減退などあります。また疲れやすさを感じる方は不足がちになっているケースが多いようです。

十分な睡眠やバランスの良い食生活が大切になるので、生活面の改善が必要になる場合もあるでしょう。特に睡眠は重要になるので、夜更かしなどをあまりしないように注意するようにしましょう。

成長ホルモン 分泌 年齢