妊婦の睡眠が浅い理由は?妊娠初期と臨月だと症状は変わるの?

妊婦の睡眠が浅いのは胎動などによって目が覚めてしまうからです。妊娠中期ごろからは胎動が感じられるようになるため、睡眠中でも赤ちゃんがお腹の中で動くことで、目覚めてしまうことがあります。

妊娠初期と臨月では、睡眠が浅い理由に違いがあります。妊娠初期の場合は、黄体ホルモンの影響やつわり、生活リズムの変化、妊娠・出産に対する不安などによって眠りが浅い傾向があります。

臨月の場合は、お腹が大きくなることで横向きの姿勢以外では眠りづらくなり、寝返りがうてないことにより目が覚めてしまうことがあります。

また、妊婦になることで徐々に子宮が大きくなっていきますが、臨月になると子宮が膀胱を圧迫するため頻尿になり、起きる回数が増えてきます。

臨月になると赤ちゃんを迎える準備が最終段階に入ります。産後の赤ちゃんは、昼も夜も関係なく2時間から3時間おきに授乳が必要になります。母親の本能として、妊婦のうちから眠りの浅いレム睡眠を中心にすることで、生まれてすぐから赤ちゃんのお世話ができるようになっています。

睡眠不足の場合は、昼寝をしたり、適度な運動で眠りやすい身体にしていきます。眠れない場合でも、身体を横にするだけでも疲れを取ることができます。

睡眠 浅い 妊婦

妊婦や産後の育児中でも睡眠不足になりやすい?その解消法とは?

妊婦さんで睡眠不足に悩む方は多く、産後の育児中にもそのままだったらどうしようと解消法を知りたいと思うようです。

まず妊婦さんの睡眠不足の原因としては、ホルモンによる影響が大きいと言えます。
特に妊娠中期から後期になると、エストロゲンという睡眠を浅くさせる効果があるホルモンが分泌されるのです。

これはなぜかと言うと、産後すぐから当然ですが赤ちゃんのお世話という育児が始まります。

赤ちゃんは昼夜問わず泣いて様々な欲求を訴えるため、お母さんはゆっくり睡眠を取ることが難しくなります。
しかしエストロゲンが分泌されることによりあまり眠れていなくてもしっかりと赤ちゃんのお世話ができるということです。

解消法はありませんが、妊娠中から分泌されるのはその練習と捉えてください。
上記の理由から産後の育児中にも睡眠不足は続きますが、それほど身体に影響はないのであまり心配する必要はありません。

また妊婦さんの睡眠不足の原因には他にも頻尿やこむら返り、赤ちゃんが動き回ることによる刺激、出産が近付き不安になっているなどもあります。

解消法としては、無理のない程度の運動をしたり自分が落ち着けるリラックス法を実行したり、不安や心配なことを誰かに聞いてもらうなどがおすすめです。

睡眠不足 解消法 妊婦

妊婦の成長ホルモンと睡眠の関係は?妊娠中と産後では成長ホルモンに違いはある?

成長ホルモンは大切なものであり、寝ている間に分泌されますので妊婦にとって睡眠はとても重要で、産後も同様です。妊婦の方は体内でホルモンバランスが急激に変わります。

それは胎児を体内で育てるために起きる変化です。成長ホルモンは胎児にとって大切なものであるため、スムーズに必要な量を分泌させるために眠くなる妊婦の方は多いです。しっかり睡眠をとって成長ホルモンの分泌を促しましょう。

妊娠の後期になってくると、お腹も大きくなりますし、眠たいけれど寝付きにくいという状態になってきます。妊娠中の睡眠は大切ですから、眠りにくいからといって睡眠不足になるのはよくありません。寝具や姿勢に工夫をしてなるべく眠りやすい状態を作ったり、昼寝を取り入れるなど、必要なだけ眠れるように努力するとよいです。

妊娠中だけでなく、産後も授乳がありますので、眠ることは大切です。しかし、産後は育児がありますので思うように眠れなくなります。

母乳を促すホルモンにも睡眠を促す作用があります。そのため授乳中に眠くなるという状態が起きます。そこで我慢する必要はありません。

なるべく眠ったほうがお母さんのためにも赤ちゃんのためにも良いですから、寝られるタイミングは活用しましょう。

成長ホルモン 睡眠 妊婦

快眠グッズで、妊婦や高齢者におすすめのものはどれ?

寝不足で眠れない人には、快眠グッズというものを使用する事により、より一層快適に眠りを誘う事ができますので、眠れない日が続いているのであれば、そういったものを使用するのも、良いでしょう。抱き枕という等身大の枕を抱きながら、寝やすい体制をとるだけで、安眠を得る事ができます。

これは妊婦さんでも、重たいお腹を支えるのに効果的ですので、お腹の子を気にする事なく眠る事ができます。高齢者の方にも、こういったものを使用する事により、不満だったものが快眠を得る事ができます。

こういったグッズは、色々と試してみて自分にあったものを、選ぶようにする事が大切ですので、使用する前には妊婦向けのものであったり、高齢者向けのものであったり、選びかたも様々です。

飲み物でも、眠る前に温かいものを飲む事により、快眠を得る事ができる場合もありますので、疲れていると感じたのであれば、ゆっくりお風呂に浸かるなどして、グッズなども利用し、毎日の疲れを取る事ができるように、妊婦さんも高齢者の方も、疲れる時は疲れていますので、自分に向いているなというものを選ぶ事で、毎日の疲れを取り除いています。

自分向けのものを見つけて、快眠を得る努力をするのも大切です。

快眠 グッズ 妊婦