胎児の睡眠周期の特徴は?胎児と赤ちゃんの睡眠周期は変わるの?

お腹の中の胎児の睡眠周期は、個人差がありますが、最初は20分寝て20分起きるというものです。それが妊娠30週になると40分の睡眠周期になり、覚醒期を示すようになります。それが最大で70分程度の続けた眠りになることもあります。

更にお腹の胎児はノンレム睡眠を増加させることで、睡眠のサイクルがしっかりしてくるということになります。お腹か出る準備をし始めるということになります。胎児は起きている時には動いたりするので、それがお母さんに伝わり胎動を感じるのです。それは1時間に20分程度になります。

そして、生まれた赤ちゃんは新生児の時期は一日の平均睡眠時間が16~18時間です。生まれたばかりの赤ちゃんは、寝る、ミルクを飲む、おしっこやうんちをするといったシンプルなサイクルを繰り返していて昼夜の区別がついていません。

個人差がありますが、新生児の時期は2~3時間おきに目を覚まして泣くことで要求を出します。生活リズムが定まっていないので、あまり眠らない赤ちゃんもいます。

新生児期を過ぎて2,3ヶ月になると昼と夜の区別がつき始めてきて起きている時間が少しずつ伸びてきます。4,5ヶ月になると更に起きている時間が増えて夜にしっかりと眠るという周期ができてきます。

睡眠 周期 胎児

睡眠サイクルには個人差がある?睡眠サイクルの早い人と遅い人の違いは?

睡眠の周期の長さには個人差があり、早い人もいれば遅い人もいます。一般的に、人間の睡眠の周期は90分と言われていますが、眠りのサイクルにも個人差はあるため、実際には90分から前後20分程度の時間が1サイクルの目安となります。

また、睡りのサイクルの長さが早いこと、遅いことで、眠りの質に影響が出るわけではありません。しかし、その人に最適な睡眠時間は、周期の長さによって変化します。

簡単な例を挙げるとすれば、1サイクルが80分のAさんと、100分のBさんがいたとします。Aさんは8時間寝ていた場合、ちょうど6サイクル目が終了するタイミングで起きることができます。

しかし、Bさんが同じように8時間寝ていても、8時間は480分のためサイクルの区切れが悪く、深い睡眠や起床時の心地良さも失われてしまいます。このように、眠りのサイクルの周期の長さには個人差があるため、それによって適切な睡眠時間にも個人差が生じることになります。

自分の1サイクルがどれぐらい早いのか、どれぐらい遅いのか、しっかり知っておくことが大切です。寝ることは人間の日々の活動でも案外重要な行為ですので、自分にとって最適な寝る時間を見つけるとよいでしょう。

睡眠 周期 早い

睡眠サイクルは90分周期?レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みって?

一般的にも浸透してきているとは思いますが睡眠のサイクル90分単位で波があるのは本当です。
正確には個人差があるので80〜110分なのですが。それがレム睡眠とノンレム睡眠という波です。

眠り始めてから60〜80分ノンレム睡眠に入りその後10〜30分レム睡眠に入ります。
この1つの流れが約90分のサイクルで行われています。

なぜ2種類もあるの?と思いますよね。

それでは睡眠中に体はどんなことをしているのでしょうか。

まず、体の回復です。起きているときに使った細胞全部の筋肉や脳などの回復をしていて、怪我をしたならその修復もしているんです。

そしてもうひとつはデータ処理です。
起きているときに目にしたり聞いたりした情報を種類分けしたり、記憶したりしてくれています。つまり整理整頓しているんですね。

細胞を休めて回復しているときがノンレム睡眠と言われデータ処理をしているときがレム睡眠と言われています。
それを約90分のサイクルで繰り返しています。
一言で睡眠と言ってもいろいろなことをしているんでね。

ノンレム睡眠は4段階の眠りの深さがあり1番深いレベル4の状態ではなかなか起きません。
また無理に起こしても寝起きが悪かったりします。

逆にレベル1のときや脳が休んでいないレム睡眠のときは目覚めやすく、スッキリ起きやすいです。

睡眠 サイクル 90分 レム睡眠