睡眠サプリメントに副作用はある?グリシンやメラトニンの安全性は?

質の良い睡眠をするためにサプリを利用する方がいますが、グリシンやメラトニンといった成分の副作用や安全性を把握した上で利用する必要があります。

睡眠サプリメントに含まれているグリシンは基本的に安全な成分なので、グリシンは過剰摂取しなければ大丈夫です。しかし、メラトニンには副作用が生じてしまうものがあるので気を付けなければいけません。

メラトニンは安全性が高いと言われていますが、自己生成能力を低下させてしまう可能性があります。常用してしまうと、自分でメラトニンが生成できなくなって、サプリメントや薬に頼らないと眠れなくなってしまいます。

短期間であれば構いませんが、長期間使用し続けるのはナンセンスだと言わざるを得ません。また、生殖機能を低下させてしまうリスクも発表されています。ホルモンに影響を与えるサプリメントなので、生殖機能を低下させるリスクは十分考えられます。

したがって、子どもを作ろうと考えている方は他の対策を講じた方がいいと思われます。質の良い睡眠ができるようになっても、副作用によって他に問題が生じてしまっては本末転倒なので、サプリメントを利用するのであれば、メラトニンの副作用には十分注意してください。

睡眠 サプリメント 副作用

快眠サプリメントには副作用がある?またネムリスやグリナは安心?

快眠サプリメントの副作用について、例えばネムリスやグリナは安心なのでしょうか。

結論から言うと、サプリメントは医薬品ではなく日常に足りない栄養素などの成分を補うための食品なので副作用はありません。ただし、効き目がありそうだからと言って規定の量を超えて飲みすぎると健康被害が出る可能性もあるので注意しましょう。

寝つきが悪いとか熟睡できないなどの悩みに対処するために最近人気の快眠サプリメント。病院に行くのは気が引けるし、病院で処方される睡眠薬は依存性や副作用が怖いし、という人も多いのか快眠サプリメントが注目されています。

その中でもおしゃれな雰囲気で人気なのがネムリスです。ネムリスの特徴としてはラフマ葉というハーブの抽出成分を使用していること。ラフマ葉は同じくリラックス効果のあるハーブとして有名なセントジョンズワートの30倍の力があるとされています。

他にも天然のハーブの成分や各種ビタミンなどが配合されています。天然の植物由来の成分というのは安心感があります。

グリナはグリシンというアミノ酸に着目したサプリメントです。グリシンは魚介類などの食品にも広く含まれている成分で、睡眠の質を改善する効果があるとされています。グリナは味の素が研究開発して販売しているというのも安心感がありますね。

快眠 サプリメント 副作用

メラトニンの副作用で不妊の心配や抜け毛の原因にもなる?

睡眠障害を改善する効果があるとしてサプリメントで摂ることのできるメラトニンですが、不妊や抜け毛といった副作用を心配する声もあります。メラトニンは元々脳内から分泌されるホルモンの一つで、体内のホルモンバランスを整える作用もしています。

そのためサプリメントなどで過剰摂取を続けると体内のホルモンバランスを崩してしまう可能性があります。なので、副作用として生殖機能が低下して不妊に繋がる可能性があります。

また、メラトニンはサプリメントで摂取しすぎると体内で自然に作り出す機能が低下してしまいます。その結果、睡眠の質が低下することでストレスを抱えやすくなる場合があります。

そして、メラトニンには不安症を誘発する恐れもあります。するとそれらのストレスにより抜け毛や薄毛といった症状が現れる可能性があります。
このようにメラトニンには過剰摂取することで、不妊や抜け毛などの副作用と考えられる症状を引き起こす可能性があります。

そのためサプリメントで服用する際には摂取量に気をつけ、何らかの異常を感じた際にはすぐに服用を止め、医師に相談することをおすすめします。また、睡眠を改善できるからと安易にサプリメントに頼らず、まずは日頃の生活習慣を見直すことをおすすめします。

メラトニン 副作用 不妊

セロトニンに副作用の心配はあるの?頭痛の原因は?

不眠症の改善やリラックス効果、精神のバランスを安定させる効果のあるセロトニンですが、頭痛などの副作用が起こらないのか心配に感じる方もいると思います。

脳の神経伝達物質で、不足してしまうと体内時計のバランスが崩れて、寝つきが悪い・ぐっすリ眠れないなどの不眠症状を起こします。

またストレスを抑制する作用もあり、不安感やイライラ感など精神的なトラブルを解消する効果も期待出来るようです。
気になる副作用ですが、セロトニンの量が増えたからといって頭痛が起こるという事はありません。

むしろ予防する効果があるのです。
中でもこめかみ部分がズキンズキンと、脈を打つように痛む片頭痛の予防に効果的です。
この症状はストレスなどを感じ脳の血管が炎症したり、血管が拡張する事で起こります。
セロトニンは抗炎症作用があるので、炎症による痛みを抑制します。

また不足すると自律神経が乱れてしまい、血管の収縮と拡大する差が大きくなる事から、強い痛みを引き起こすようです。

偏頭痛も血管拡張によって痛みが出るのでセロトニン量を増やし、自律神経を整える事が痛みの予防に繋がります。

頭痛が起こるという心配はありませんが、過剰になる事で副作用を起こす危険性はゼロではありません。

過剰に作られると、めまいなどの副作用が起こる心配があります。

セロトニン 副作用 頭痛

トリプトファンの副作用で頭痛や肝機能の低下の原因にもなる?

トリプトファンを摂取した事で、頭痛や肝臓の機能低下を招くといった副作用を起こす危険性があるのでしょうか?

この栄養素は脳神経の伝達物質、セロトニンを作る原材料となります。
セロトニンの量が少なくなると、寝つきが悪くなったり精神的に不安定になる、なかなか疲れが取れないといった症状を引き起こすので、このような症状を感じたらセロトニンの生成量を増やす為、トリプトファンを意識して補う事がおすすめです。

また、この成分は頭痛を予防する効果があるとも言われています。
セロトニンはストレスを抑える働きもある物質です。
ストレスが溜まると脳内の活性酸素量が増加し、炎症が起きてしまうので頭痛を招いてしまうケースがあります。

トリプトファンを摂取しセロトニン量を増やす事で、ストレスが軽減され結果、頭痛を起こしにくくなるのです。
頭痛を引き起こすという副作用はありませんが、トリプトファンを過剰に摂取してしまうと肝臓の機能低下を引き起こす、副作用が起こる可能性もあります。

不眠解消など生活の質を高めたり、健康のために補うという場合は、1日に約500mgの摂取が必要と言われています。

サプリメントで補うという場合、過剰に摂取しやすいので肝臓の機能低下を起こしてしまうかもしれません。

トリプトファン 副作用 肝臓

ギャバ(GABA)に副作用の心配はあるの?頭痛の原因は?

ストレス緩和に役立つとされている「ギャバ(GABA)」ですが、過剰摂取さえしなければ副作用を心配したり、頭痛に悩まされる可能性は極めて低いでしょう。ストレス軽減に繋がる摂取量としては、1日30~50mg程度です。

しかし、たとえこのように決められた範囲内であったとしても、人によっては副作用を引き起こす場合があります。その副作用とは主に動悸や息切れ、それから吐き気や下痢といった症状が挙げられます。

これらの症状はどれも重症化することは少ないので心配ありませんが、念のために注意が必要です。このような副作用が出る原因としては、ギャバを空腹時に摂取してしまうことが考えられます。

お腹が空いた状態での摂取は体に悪影響を及ぼす可能性があるので、なるべく控えるようにしましょう。また、サプリメントの過剰摂取によって頭痛が引き起こる場合もあります。

サプリメントは手軽に飲むことができるため、もし摂取しすぎていても自分ではなかなか気付けないのです。したがって、ギャバが含まれたサプリメントを飲む際は摂取量を必ず守るようにすることがオススメ。

以上の点に気を付ければ、副作用や頭痛を心配する必要はなくなるでしょう。飲み方や量に注意しながら、正しくギャバを取り入れていくことが大切です。

ギャバ 副作用 頭痛