睡眠サイクルを整えるアプリの仕組みって?無料のアプリもあるの?

スマートフォン普及した現代では、さまざまな睡眠アプリが存在しています。やはり優秀なアプリとなりますと、有料のものが多いですが、無料のアプリでも良いものも存在しています。

無料のアプリですと、ただ爆音を鳴らして起こしてくれるものから、計算式を解かなければ音が消えないという仕組みものまでさまざまな種類があります。

そんな無料アプリのなかでも特に優秀なものが、人の睡眠サイクルを学習し、起きやすい時間に起こしてくれるというものです。この仕組みは、ベッドにスマートフォンを置き、ベッドの揺れから身体の動き方、呼吸、寝言など、さまざまな情報、サイクルを検出します。

それらの情報から、指定した時間に一番近い起きやすい時間を自動的に選択して、音を鳴らして起こしくれます。毎日どのような睡眠をしているかを記録できる仕組みになっているので、自身の睡眠を振り返ったり、自身のサイクルを知ることができます。

寝言を自動的に録音してくれたり、文字として残してくれるものもあるので、昨夜の寝言を記録してどんなことを話していたのか聞くこともおもしろいでしょう。音を記録してくれることで、睡眠時無呼吸症候群の予防や、早期発見にも繋がります。

睡眠 サイクル アプリ

快眠アプリで効果があるものは?快眠アプリの作用とその仕組みとは?

快眠アプリで効果があるものについてですが、こちらは「快眠サイクル時計」と呼ばれるアプリが効果があるとして口コミで話題になっています。

このアプリが睡眠にどのように作用をするのかという点についてですが、人は眠っている時に「今、起きればちょうど良くすっきりとした目覚めが出来る」という時期があります。

これは「浅い眠りの時」であり、「深い眠り」についているときに無理やりに起こされると、人の体の仕組みとしては、「現在はしっかりと脳が休息をとっているのだから邪魔をしないでほしい」という作用が脳などに働き、すっきりとした目覚めというものが出来なくなってしまいます。

そのため、アプリを使った際には、快眠アプリの方で「今起きるべきですよ」というアラームを機能として、寝ている人に対して出してくれるため、そこから目覚ましの仕組み的に、そちらが作動して、「浅い眠りの時にアラームが鳴る」という仕組みになっています。

人が快眠を出来るというのは、リラックスした状態の時です。
そのため、なかなか寝付けない、不安が大きい、という場合には浅い眠りになってしまうことが多いです。

しかし、一度、深い眠りにつくことが出来た後にはおおよそ浅い眠りが次にやってきますので、このような作用から効果が期待出来るものとして注目されています。

快眠 アプリ 効果