睡眠リズム障害かどうかのチェック方法って?良い治療方法は?

睡眠リズム障害のチェック方法はありますが、よい治療法は病の原因がわからないといけないのです。そもそも睡眠リズム障害とは、昼間は起きて活動し夜は眠るという本来の生活リズムが、近年の様々な勤務体系や、生活習慣の変化で睡眠と覚醒のリズムが乱れてしまうことで起こる睡眠障害です。

自分でできるチェック方法には夜に全く寝付けない、夜中や明け方に眠くなる、夕方には眠くなり、深夜に目覚めてしまう、毎日寝る時間が遅れてくる、毎日ばらばらの時間に眠くなるなどに当てはまる方は間違いないかと思います。

しかし自己チェックで大まかなことはわかるとは思いますが、原因は何なのか、今の症状は睡眠リズム障害なのかというのは病院で診断してもらわないと正確なことはわからないのです。

なのでよい治療方法とは病院できちんと診断してもらって、病の原因を調べて医師の判断を受けるのが一番良い治療法と言えます。自己判断で誤った治療法を続ければ、悪化させる危険性がありますので避けましょう。

なおどこの病院の何科に行けばよいのかわからない人もいるかと思います。大都会なら専門のクリニックや、病院があるのですが、地方ならばまずは総合病院へ行ってみましょう。また一般の内科医院でも診察を行っているところもあるので、調べてみてみましょう。

睡眠 リズム チェック

睡眠リズム障害の原因は?うつの可能性も?病院に行く必要はあるの?

まず、病院に行くべきかどうかの判断ですが、うつの症状の有無にかかわらず、何らかの体調不良を自覚しているのであれば、早い段階で病院に行かれたほうがよいでしょう。

病院に行ったら、自分が現在どんな症状で悩んでいるのかを詳しく説明してください。その中で、睡眠のリズムが悪いことについても一緒にお話しましょう。

たとえば担当のお医者さんから「心あたりはありますか?」というような質問があったときに、睡眠のリズム障害の疑いがあることをお話しましょう。

さて、うつと睡眠のリズム障害との関係ですが、可能性でいえば「あり」です。ただ、睡眠のリズム障害があるからといって、必ずうつを発症するのかというと、そういうわけではありません。

うつの原因は非常に多様ですから、たとえ睡眠のリズム障害を自覚して、なおかつうつ状態に陥ることが多かったとしても、必ずしもそれが原因であるとは言い切れない部分があります。

そのあたりの因果関係をはっきりするためにも、まずは病院に行かれることが大切です。原因がいったいどこにあるのかを知り、その原因をもとにして治療が行われるからです。正しく治療することができれば、早く悪い状況から脱却できるはずです。

睡眠 リズム 障害

睡眠リズムが崩れる原因は?リズムが崩れると体や生活にどんな影響があるの?

睡眠のリズムが崩れる原因は、 まず第一に規則正しい生活をしていないという理由が上げられます。人間の体内時計のリズムは、あなたが思っている以上に正確でそしてとてもデリケートです。

また自分は若いから夜更かしをしても大丈夫だと思っていませんか?
夜遅くまでパソコンやスマートフォンをいじっていませんか?
毎日3食しっかりとご飯を食べていますか?
日中にしっかりと体を動かしていますか?

少しでも思い当たる事があると夜の寝付きが悪くなる原因になってしまいます。
睡眠リズムが崩れる事によって、身体にも影響を及ぼし、朝起きるのが辛くなり日中に強力な睡魔が襲ってくるのです。

その他頭痛や倦怠感、集中力が悪くなるなど規則正しい生活ができないと全てにおいて悪い影響が出てきてしまいます。

身体的に万全じゃないと仕事でもプライベートでもミスが多くなってしまい、夜早く寝ないと肌がボロボロになるし太りやすい体質に変わる原因にもなりかねません。

ついつい夜更かしをしてしまう人は、まずは早寝早起きを心がけましょう。今まで夜にやっていたことを朝起きてからするようにしたらどうでしょう?

同じ睡眠時間でも体内時計のリズムがリセットされるので体も脳もシャキシャキと動くようになります。睡眠のリズムが崩れることによって身体に与える悪影響をいつも頭に入れておきましょう。

睡眠 リズム 崩れる

高齢者の睡眠リズムが乱れやすい原因は?若者と老人の睡眠リズムに差はある?

若者と高齢者や老人の睡眠リズムには違いがあり、高齢になるほど早寝早起きになる傾向があります。若者は夜更かしをする人が多いため、遅く寝て遅く起きる睡眠リズムの人が多いです。

高齢者や老人が早寝早起きの睡眠リズムになる理由は、年をとると若者と違い早めに夕食をとる人が増えるため、生活のリズムが前倒しになることによるものです。

また、高齢者や老人は若者と違い、睡眠リズムが乱れやすくなります。その理由は、高齢になると中途覚醒が増えるため、睡眠中に何度も目覚めてしまうようになるからです。中途覚醒が増える理由は、年をとると過活動膀胱になることが多く、寝ている時でもトイレに行きたくなるためです。

人間には体内時計が備わっていますが、年をとると体内時計の周期がズレてしまい、24時間周期ではなくなってしまいます。そのため、早朝覚醒をすることが増えてしまい、朝までぐっすりと眠れなくなります。

日中になると眠くなるので昼寝をすることが増え、昼寝をするため夜はぐっすりと眠れなくなるという悪循環に陥ります。夜にぐっすりと眠れるようにするには、昼寝の時間をできるだけ短くして、夜の就寝時間を少し遅らせるようにすると、ぐっすりと眠れるようになります。

睡眠 リズム 高齢者

夜勤明けの看護師の睡眠リズムって?徹夜明けの人が日光を浴びた時の効果は?

夜勤があると、体温が上がりにくいうちに眠ることになります。睡眠のリズムが変わっても体温の上昇のリズムは変わりません。そのため夜勤が続いていると、体温のリズムに逆らって眠ることになります。眠る前は体温が下がりますが、夜勤の時は体温が高い状態で眠らなければならなくなります。

体温が高いと眠りが浅くなり、十分に体の疲れをとることができません。
そのため家に帰ったらすぐに眠ることです。朝8時に帰宅したら、1時間以内には眠るようにしましょう。

朝早い時間に眠ると体温の上昇が抑えられていて、充分な休息がとれます。
徹夜が続く看護師は睡眠障害になっていることも多いようです。
この障害は、昼間に強い眠気に襲われる(14時~16時に強い眠気が来る)、胃腸の調子がおかしい、集中力が持続しないなどの症状が現れます。

眠りの質を上げるには、光と音を完全にシャットアウトするのがお勧めです。
睡眠障害には日光も大切です。日光を浴びるとセロトニンが分泌されます。セロトニンが増えるとメラトニンが増えます。メラトニンとは、入眠する時に脳内から分泌する物質です。

徹夜明けの看護師さんは、日光を浴びるとセロトニンが分泌され、その結果メラトニンが増え、睡眠障害の予防につながるでしょう。
徹夜続きの看護師さんは6時間の睡眠は最低でも必要です。

睡眠 リズム 夜勤

新生児の睡眠リズムはいつ頃から正常になるの?赤ちゃんが寝ない理由は?

赤ちゃん、特に新生児の場合、昼夜の区別や体内時計の働きがまだ不十分のため、睡眠のリズムは正常に働きません。そして新生児の場合、1日の平均睡眠時間は16~18時間といわれています。ただし、これはあくまでも平均の時間。

中には20時間近く寝る子もいますし、逆に12時間ぐらいしか寝ない子もいます。
また、新生児の頃はまだ昼夜の区別もついていないので、大人とは若干リズムもずれています。
そして新生児の頃の睡眠は全体的に浅く、ちょっとの物音でも起きてしまう可能性があります。

そのため眠いのに寝られない、お腹がすいた、暑い・寒い等など、ちょっとの不快感ですぐ起きて泣き出してしまいます。
逆に起きていてもウトウトしているときは十分に睡眠時間が足りていると考えられます。

そして赤ちゃんは、3か月ごろになると徐々に体内時計が整いだします。
すると次第に深い眠りにつくようになり、6時間ほどまとめて寝るようになってきます。
そのため、正常なリズムを身につけさせるために、この頃から生活の流れも一定にしていきます。

そして6か月ごろになると昼夜の区別もつくようになり、寝る時間もお昼と夜に1回ずつ、まとめて寝れば済むようになります。
つまり、赤ちゃんの睡眠リズムが正常になるのは、6か月ごろだといえます。

睡眠 リズム 新生児

睡眠リズムを整え、良い睡眠を取るための対策とは?

乱れてしまった睡眠リズムを整えるにはどんな対策があるのでしょうか。

睡眠に問題を抱える人はとても多いようです。
仕事が忙しく生活リズムが乱れている、過度なストレスで夜眠れない、夜型で眠れず朝は起きられないなど理由は様々あると思いますが、これらを少しでも改善するために出来る対策方法があるのです。

朝どうしても起きられないという人でもまず最初に試してもらいたいのが、太陽の光を浴びることです。

太陽の光は体内時計を整え睡眠や覚醒を行うメラトニンというホルモンの分泌を促進しすっきりと目を覚ましてくれます。
さらにカーテンを開けた窓際でも構わないので、ストレッチなど軽く身体を動かすのも効果的です。

そして朝食を摂るのも睡眠リズムを整えるための対策としてとても重要です。
脳や体にエネルギーが行き渡っていなければ、力が出ずボーッとして集中力も乏しくなります。

朝の洗顔や歯磨き、シャワーなども刺激を与えてすっきりと目覚めるきっかけになりおすすめです。
このように朝を中心に生活リズムを整えることにより、質の良い睡眠に繋がると考えられています。

今はスマホなどが普及しつい夜更かしをしてしまいがちですが、早寝早起きをすることは健康にとってもとても大切なことなのです。

睡眠 リズム 対策

睡眠のリズムを食事や漢方で整えられる?また断食は睡眠のリズムに効果がある?

食事は私たちの睡眠に深い関係があり、食事の内容・漢方・断食などによって睡眠リズムは変化します。

睡眠のリズムは、寝ている間にどれだけ深い眠りにつくことができているかによって決まります。ある程度の時間寝ていても、十分に深い眠りにつかなければ体は休まらないためです。

そして眠りの質の悪化には「メラトニン」の不足、ストレスにより脳が起きてしまう、血流が悪いなどの原因が考えられます。

ストレスや血流の問題に関しては、漢方で整えることができます。
漢方には神経に働くもの、血流を促進するものがあるためです。

一方「メラトニン」の不足は、食事で大豆食品・乳製品などから「トリプトファン」を摂取することで補うことができます。

そして、人は食事をすると2~3時間かけて消化しますが、その際多くのエネルギーを使用します。断食を行うと、消化するときに必要なエネルギーを使う必要がなくなり、体もその分疲れづらくなります。
するとより短い睡眠でも、安定したリズムとなります。

また食べてすぐに寝ようとすると、体は消化のため働いているのに脳は休もうとしているため、体は十分に休まらなくなってしまい、十分な睡眠が取れず、リズムも崩れてしまいます。
そのため特に夜は断食するか、寝る2~3時間前までに食事を終えることが理想とされています。

睡眠 リズム 食事

睡眠リズムを改善する方法|睡眠リズムを正常に戻すおすすめ3つ

睡眠リズムを正常に戻すには、日々の生活に少しずつ改善方法を習慣として取り入れることが有効です。睡眠は人間にとって欠かせないとても大切なものです。

眠らずに生きて行ける人間はいないため、一旦そのリズムが乱れてしまうと正常な状態に戻すのはなかなか大変です。
しかし、毎日習慣として続けることで改善が期待できる方法はあります。

一つ目としては、朝起きたらまずカーテンを開け太陽の光を浴びましょう。
太陽の強い光で眠気がなくなり、体内時計が調整されます。

二つ目は毎朝同じ時間に起床するよう心掛けましょう。
始めのうちは難しいかもしれませんが、同じ生活リズムを続けることで体がそのリズムを覚えて朝起きるのが辛いという状況が改善されるはずです。
これは出来れば休日も同じように過ごすとより効果的です。

三つ目は朝食をきちんと食べるようにしましょう。
朝起きられずギリギリまで寝ていて朝食を食べないで学校や仕事へ向かう人も多いようですが、朝食は脳や体にとって重要なエネルギー源であり、しっかりと目を覚ますためにも必要です。

このように睡眠リズムを正常に戻すには、朝の行動が特にポイントとなっています。
生活習慣を改善することで良い睡眠に繋がるということです。

睡眠 リズム 改善

睡眠リズムは目覚まし時計やアプリで整えられるの?効果的な使い方は?

睡眠リズムを整えるためには、まずはあなた自身の生活サイクルの見直しが必要です。
毎日規則正しい生活をする事。1日3食しっかり食べて、適度な運動もしましょう。そして寝る時間と起きる時間をできるだけ毎日同じ時間にすることで、体内時計が規則正しく回り続けるので精神的にも肉体的にも健康な状態でいられます 。

そのために目覚まし時計を使って起る事は非常に良い効果をもたらすでしょう。起きる時間が同じですと日中の活動サイクルが同じように回っていきますから。
最近では快適な眠りのためのアプリがありますね。

こういったアプリを利用するのも効果的な方法です。人間は、レム睡眠の状態の時に起きるのが理想的と言われています。人間のわずかな動きでその人が今どんな睡眠状態なのかを判断して、レム睡眠の状態の時に目覚まし時計が作動し起こしてくれます。

また、一定時間音が鳴り続けていると録音を開始する「いびき録音機能」や、いびきをかいてると判断した時に起こしてくれる機能が付いているアプリもあります。
睡眠状態も記録してくれるのでアプリの計測データを参考に眠りのリズムを整えるのも効果的な方法でしょう。

目覚まし時計やアプリを上手に利用して 快適な眠りのリズムを目指しましょう。

睡眠 リズム 目覚まし