睡眠サプリメントに副作用はある?グリシンやメラトニンの安全性は?

質の良い睡眠をするためにサプリを利用する方がいますが、グリシンやメラトニンといった成分の副作用や安全性を把握した上で利用する必要があります。

睡眠サプリメントに含まれているグリシンは基本的に安全な成分なので、グリシンは過剰摂取しなければ大丈夫です。しかし、メラトニンには副作用が生じてしまうものがあるので気を付けなければいけません。

メラトニンは安全性が高いと言われていますが、自己生成能力を低下させてしまう可能性があります。常用してしまうと、自分でメラトニンが生成できなくなって、サプリメントや薬に頼らないと眠れなくなってしまいます。

短期間であれば構いませんが、長期間使用し続けるのはナンセンスだと言わざるを得ません。また、生殖機能を低下させてしまうリスクも発表されています。ホルモンに影響を与えるサプリメントなので、生殖機能を低下させるリスクは十分考えられます。

したがって、子どもを作ろうと考えている方は他の対策を講じた方がいいと思われます。質の良い睡眠ができるようになっても、副作用によって他に問題が生じてしまっては本末転倒なので、サプリメントを利用するのであれば、メラトニンの副作用には十分注意してください。

睡眠 サプリメント 副作用

快眠サプリメントのメラトニンやグリシンのように重要な成分は?

眠いのに眠れない人に快眠をサポートしてくれるサプリメントがあります。
それは「味の素グリナ」で成分はグリシンが含まれています。

睡眠アミノ酸であるグリシンが1回あたり3,000ミリグラム配合されており、朝までぐっすり快眠できます。睡眠のための薬の場合、直接眠気を誘って入眠するのには効果がありますが、眠りそのものは浅くなる傾向があります。

しかし、「味の素グリナ」は眠気を誘う成分は入っていませんが、入眠後に深い眠気をもたらす働きを持っていてサプリメントなので薬とは違い食品です。

「味の素グリナ」は機能性表示食品になっていてグリシン以外の成分として、クエン酸と香料が入っています。口に含むとグレ-プフルーツの味がしますが、グレープフルーツの果汁が入っているわけではありません。日中眠くて仕方のない人は夜間に十分な睡眠をとれていない可能性があります。

睡眠ホルモンにはメラトニン・セロトニン・トリプトファンの3つがあり、快眠には欠かせないものです。

メラトニンそのもののサプリメントは国内で販売されていませんが、トリプトファンは食事からでも摂取でき、「ネムリス」というサプリメントにも成分が含まれています。

パソコンのブルーライトはメラトニンの分泌を抑制し眠りを妨げますから、夜遅くは避けましょう。

快眠 サプリメント 成分

メラトニンは市販で薬局や通販のamazonや楽天でも買えるの?

メラトニンは、市販で薬局などで手に入れることはできず、通販のamazonや楽天でも、基本的には購入が難しくなっています。その理由としては、メラトニンは副作用があることが心配されており、日本では医薬品扱いとなっているからです。医薬品扱いなので、薬局などでは市販がされていません。

amazonでは現在は扱っておらず、楽天でも購入できるお店が限られており、値段も高額になっています。海外ではサプリメントとして、薬局などで市販がされていますので、海外で購入するという人も多いようです。

メラトニンを日本にいながら手に入れる方法としては、通販を利用するというのが一般的です。しかし、amazonや楽天のような大手の信頼できる通販サイトでは、扱われていないことが多いようです。そのため、あまり有名ではない通販サイトを利用するという人も多いですが、偽物や粗悪品を扱っている、悪質なサイトもあるので、しっかりと信頼できる会社であることを確認してから利用をすることが重要になります。

睡眠を改善したいのなら、病院で医師の診断を受けるというのが一番の方法です。メラトニンよりも効果の高い、睡眠改善薬を処方してもらえることもあります。医師の診断を受けておけば、トラブルがあったときにもすぐに対応してもらえます。

メラトニン 市販 薬局

メラトニンの副作用で不妊の心配や抜け毛の原因にもなる?

睡眠障害を改善する効果があるとしてサプリメントで摂ることのできるメラトニンですが、不妊や抜け毛といった副作用を心配する声もあります。メラトニンは元々脳内から分泌されるホルモンの一つで、体内のホルモンバランスを整える作用もしています。

そのためサプリメントなどで過剰摂取を続けると体内のホルモンバランスを崩してしまう可能性があります。なので、副作用として生殖機能が低下して不妊に繋がる可能性があります。

また、メラトニンはサプリメントで摂取しすぎると体内で自然に作り出す機能が低下してしまいます。その結果、睡眠の質が低下することでストレスを抱えやすくなる場合があります。

そして、メラトニンには不安症を誘発する恐れもあります。するとそれらのストレスにより抜け毛や薄毛といった症状が現れる可能性があります。
このようにメラトニンには過剰摂取することで、不妊や抜け毛などの副作用と考えられる症状を引き起こす可能性があります。

そのためサプリメントで服用する際には摂取量に気をつけ、何らかの異常を感じた際にはすぐに服用を止め、医師に相談することをおすすめします。また、睡眠を改善できるからと安易にサプリメントに頼らず、まずは日頃の生活習慣を見直すことをおすすめします。

メラトニン 副作用 不妊

メラトニンの効果や効能は?持続時間ってどれくらいなの?

メラトニンの効果、効能の持続時間は、夜21時くらいから増えていき深夜にピークに達します。

また、朝を迎えるころには分泌がゆるやかになります。
メラトニンは、人の体内時計と連動して眠りにつく前になると分泌されるホルモンで、睡眠ホルモンと呼ばれています。分泌量が不足したり、自律神経の乱れにより正常に分泌されないと、不眠症などの睡眠障害を引き起こします。

最近は、夜更かしをしてゲームをする若者が多いですね。結果朝起きられないという事になったりします。
不足する理由は、不規則な生活習慣や太陽光を浴びないような生活を続けるということにあります。

まさに夜更かしは大敵ですね。メラトニンの効能を出す役目は脳内の神経伝達物質であるセロトニンというものです。

ストレス等によりセロトニンが不足すると効果がなくなります。このように、メラトニンは睡眠には不可欠な物質であり、生活リズムも調整してくれる効能があります。

細胞の老化を防ぎ、若さや健康を保ったりする効果がある重要なホルモンなのでです。
メラトニンは一生のうち、幼児期に一番多く分泌され、歳を重ねる毎に持続時間も短くなります。

持続時間の長い子供は、「寝る子は育つ」と言うくらいよく眠りますね。
お年寄りが早朝目覚めるのは、ある意味仕方がないことなのかもしれません。

メラトニン 効果 効能

メラトニンを取るときにアルコールは控えるべき?お酒を飲んだ場合の影響は?

メラトニンは、眠りを誘う睡眠ホルモンの一種で、メラトニンが分泌されると、副交感神経が優位になり、体温や血圧、脈拍などが低下して、自然と眠りにつくことができます。
このメラトニンが分泌されるのは、体内時計と連動し、夕方から夜間にかけて多く分泌されます。

規則正しい生活をしていることで、メラトニンは正常に分泌されますが、ストレスや昼夜逆転の生活など生活リズムが乱れることで、メラトニンが不足し、睡眠に影響してしまいます。

また、大量のアルコールを摂取すると、アルコールを分解するために大量のビタミンB3が消費され、セロトニンの合成にも影響してしまいます。

少量のアルコールは、気分を高揚させて緊張した心身をほぐし、ストレスを軽減するのに有効ですが、大量の飲酒は、セロトニン不足を招くだけでなく、イライラしてしまい、さらに大量のお酒を手にするという悪循環におちいってしまいますから、適度な量で控えることが大切です。

このように、お酒は適量なら百薬の長といわれ、ストレス解消には有効ですが、飲み過ぎると心身に悪影響を与えてしまいますから、ほろ酔い気分になったところでお酒を控えるのが賢明な飲み方といえます。

セロトニンをきちんと分泌させるためにも、品のよい飲み方を身につけ、飲み過ぎは控えるようにしましょう。

メラトニン アルコール 酒

メラトニンの成分の働きって?過剰摂取すると体に悪影響はあるの?

メラトニンは心地よい睡眠をするために働き、体内時計により調整される成分ですが、過剰摂取をすると副作用が出る可能性もあります。

では、そんなメラトニンの働きを簡単に説明します。メラトニンは脳内で分泌されるホルモン成分の一種で、正常なら毎晩心地良い睡眠をとることができます。

しかし、このホルモンバランスが崩れると不眠や睡眠障害を引き起こしてしまいます。また、その他にも不妊を改善する働きや抗酸化作用があることがわかっています。

そのため、不妊治療や睡眠障害改善のためにこの成分を配合したサプリメントを利用する方がいますが、過剰摂取すると体に様々な悪影響を与える可能性があります。まず、その一つとして自分の体内でのメラトニン生成力が低下することです。

自分で生成できなくなるとサプリメントなしでは寝られないようになってしまいます。また、過剰摂取すると悪夢を見る可能性もあります。さらにメラトニンは体内時計の役割を担っている成分であり、正常なら夜間に多く分泌されています。しかし過剰摂取すると日中の血中濃度も高くなり、低血圧になる可能性があります。

このように睡眠障害を改善できる成分でも必要以上に摂ると、睡眠の質を低下させ、体に様々な悪影響を及ぼす場合があります。そのため服用の際には十分注意しなければいけません。

メラトニン 成分 働き

メラトニンの分泌を促す方法|運動は効果的?メラトニンを増やす方法とは?

「メラトニン」というホルモンをご存知ですか?
このホルモンの役割は、身体のリズムを整え「これから眠るぞ」という状態に持っていってくれるホルモンです。

日中の時間帯には、このホルモンの分泌は抑えられています。
反対に、夜暗くなるにつれて、分泌を増やすようになっています。
体内のメラトニンを増やし、スムーズな入眠を促すことで、質の良い眠りを得ることが出来ます。

ではメラトニンを増やす方法はあるのでしょうか。
理想的な方法は、夜強い光を浴びないことです。
21時以降は部屋の照明を消し、間接照明程度で就寝準備に入る、ということです。
しかし、実際には難しいですよね。

現実的な方法としては、就寝の1時間程度前から、徐々に部屋を暗くしていきます。
蛍光灯から、暖色系の照明に変え、メラトニンの分泌を促すようにしていきます。
体内時計のリズムを保たせる方法もあります。

分泌を促すスイッチは体内時計に依存しています。
起きてすぐにしっかりと朝日を浴びて、体内時計の始まりを正します。
すると、太陽が沈む頃には身体が夜を感じ取ってくれます。

他に、運動も効果的です。
運動をすることで、セロトニンが増えます。これは夜になるとメラトニンに変わります。
日中に、適度な運動を行い、セロトニンを増やすのです。
すると夜にぐっすり眠ることができます。

メラトニン 分泌 促す

メラトニンを取れる食品は?含有量が多い食品を使ったレシピって?

メラトニンの含有量が多い食品は主に野菜や果物です。その中でもケールは別格に含有量が多い食品です。ビタミンも豊富に含んでいるので青汁の原料によく使用されています。

青汁は食べ物というより飲み物なので、効率の良く摂取はできます。このケールは葉っぱなのでサラダや付け合わせとして料理に使うレシピが一般的です。苦みがあるのでそのまま単体で食べる食べ物ではないと思います。

他にメラトニン含有量が多い食品に、トウモロコシ、キャベツ、米、カイワレ大根、生姜、バナナなどがあります。これらの食品を組み合わせたレシピの料理なら、美味しくメラトニンを摂取できそうです。

例えば生姜焼きを作ってケールとキャベツを合わせたサラダを添えれば、十分メラトニンが摂れます。料理が得意な方は、ケールとトウモロコシを使ってポタージュを作ると更に美味しく食べられます。

作り方を紹介すると、玉ねぎとケールをバターで炒めて水と茹でたトウモロコシと一緒にミキサーにかけます。鍋に移して牛乳、生クリームを加え温めて、コンソメ、塩、コショウで味付けをして完成です。

料理が苦手な人でもおすすめのレシピなので挑戦してみて下さい。バナナはそのままで食べられる食べ物なので、食後のデザートや朝食として食べられます。

メラトニン 食品 食べ物

メラトニンを含むサプリや睡眠薬は?値段の安いものはどれ?

メラトニンのサプリは、睡眠の仕組みそのものに着目した成分なので、高い効果が期待できます。

睡眠薬そのものを処方してもらうのは抵抗があるけれど、効果がゆるやかな安いサプリメントでは物足りないかも…という場合、他の快眠系サプリより多少値段が高めでも、真っ先にこのメラトニン系にトライしてみるのが有効と考えられます。

楽天市場などで『メラトニン サプリ』で検索してみると、決して安いとはいえない値段の製品が、結果の上位に表示されてきます。

個人の体質との相性もあるので、値段が高ければ効く…というわけではありませんが、この、なかなかに強気の価格帯を見ても、各社、効果に自信を持っているのがわかります。

医療機関を受診して処方される睡眠薬のほうが、むしろ安いのかもしれませんが、そういった化学薬品は、効果が強いぶん依存度も高まるという話もきくので、踏み切るにはそれなりの決心が必要です。

健康維持のためなら、多少の出費はオーケーというのであれば、本格的な睡眠薬導入の前に、まずこの、メラトニン系サプリで様子を見るというのが、身体に優しい方法ではないでしょうか。

効果が出るのに少し時間がかかりますが、あまり焦らず様子を見て、それでも快眠が得られないとなったら、医療機関で睡眠薬をもらう…という流れが良いですね。

メラトニン サプリ 睡眠薬