睡眠リズム障害かどうかのチェック方法って?良い治療方法は?

睡眠リズム障害のチェック方法はありますが、よい治療法は病の原因がわからないといけないのです。そもそも睡眠リズム障害とは、昼間は起きて活動し夜は眠るという本来の生活リズムが、近年の様々な勤務体系や、生活習慣の変化で睡眠と覚醒のリズムが乱れてしまうことで起こる睡眠障害です。

自分でできるチェック方法には夜に全く寝付けない、夜中や明け方に眠くなる、夕方には眠くなり、深夜に目覚めてしまう、毎日寝る時間が遅れてくる、毎日ばらばらの時間に眠くなるなどに当てはまる方は間違いないかと思います。

しかし自己チェックで大まかなことはわかるとは思いますが、原因は何なのか、今の症状は睡眠リズム障害なのかというのは病院で診断してもらわないと正確なことはわからないのです。

なのでよい治療方法とは病院できちんと診断してもらって、病の原因を調べて医師の判断を受けるのが一番良い治療法と言えます。自己判断で誤った治療法を続ければ、悪化させる危険性がありますので避けましょう。

なおどこの病院の何科に行けばよいのかわからない人もいるかと思います。大都会なら専門のクリニックや、病院があるのですが、地方ならばまずは総合病院へ行ってみましょう。また一般の内科医院でも診察を行っているところもあるので、調べてみてみましょう。

睡眠 リズム チェック

睡眠が浅い症状にはどんな種類があるの?病名は?チェック方法って?

人によって充分な睡眠時間には差があります。
短い時間で体力が回復する人もいれば、長時間寝てもすっきりしない、翌日の体調がすぐれないといったことはままあって、症状を見極めてきちんとした対処をとることが健康のヒケツです。

睡眠が浅い場合、どういった症状が現れるのか、またどういった病名が当てはまるのかチェックしていきましょう。

まず、ストレスによって浅い睡眠になってしまう病名があります。
自律神経失調症などがその典型で、日中のストレスが原因で不眠や発汗不全、不安定な動悸というような症状がある場合は、この病気を疑ったほうがいいでしょう。

自分でチェックする方法は、筋肉のコリや、運動をしたときの体調などを見て確かめるのが一般的です。

大げさな病名に驚くかもしれませんが、要するに神経が常に興奮状態にあって、眠りたくても体がいうことを聞いてくれないというのがこの病気の特徴です。

ストレスを感じていないのに眠りが浅いという方は、冷え性の可能性があります。
自分が冷え性で不眠に陥っているのかチェックするには、眠る前に手足を温めてみるといいでしょう。温めたら不眠が改善されたのであれば、それは冷え性が原因の不眠症ということです。

睡眠 浅い 症状

睡眠の質のチェックに測定アプリは良い?睡眠の質を確認するおすすめの方法は?

睡眠の質をチェックしたい場合に、測定アプリを使うのはとても効果的な方法です。
人間の眠りの質には、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」がありますが、アプリを使うと、このサイクルを記録して、確認することができます。

夜中の寝返りなどの体の動きで、サイクルを計測してくれるのです。翌日に、眠りの様子をグラフにして表してくれるので、チェックしやすくて便利です。

さらに、就床から入眠までの時間と、効率よく眠れているかということもチェックすることができます。無料でダウンロードすることができるのも多いので、一度試してみると良いのではないでしょうか?アラーム機能がついていて、眠りの浅いレム睡眠の時間帯で起こしてくれるものもあって、スッキリ目覚めることができます。

そのほかに、質を確認するおすすめの方法としては、睡眠計測器を使うという方法があります。これは、枕元に置いておくタイプのものや、リストバンドや腕時計のように腕につけるタイプなど、いろいろなものがあります。質の良い眠りになるように、このような機械を使って一度測定してみると良いですよ。

このように、測定アプリや計測器を使うことは、質を確認するのにとても良い方法だと言えます。

睡眠 質 チェック