カフェインやタバコは眠れない原因になるの?

カフェインやタバコは眠れない原因になります。カフェインには覚醒させる効果がありますので、眠気を覚ましてしまう効果があります。そのため、就寝前に摂ることで眠れない原因になります。

また、カフェインには利尿を促す効果もあります。これから眠ろうというときにトイレに行きたくなってしまうと眠りを妨げることになってしまいます。

タバコも眠れない原因になります。なぜならタバコの主成分であるニコチンには、交感神経の働きを活発にする働きがあるためです。眠るためには副交感神経を優位にする必要があるため、交感神経の働きが活発になってしまうと寝付きが悪くなってしまいます。

コーヒーなどカフェインが含まれている飲み物を就寝前に摂取すると、覚醒作用で寝付きが悪くなり、睡眠も浅くなり、利尿効果によって夜中にトイレに行きたくなって目が覚めてしまうといった悪影響が考えられます。

コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶にも含まれていますし、製品によっては栄養ドリンクに含まれている場合もあります。

眠れないとお困りますの方は、気付かずに就寝前に摂取することがないよう注意しましょう。タバコも眠りを妨げる原因となりますので、就寝の1時間程度前からは控えたほうが賢明です。

眠れない 原因 カフェイン

お酒は睡眠の質に影響がある?コーヒーなどのカフェインは睡眠の質を下げる?

お酒は睡眠の質を下げてしまいますし、コーヒーなどのカフェインの入った飲み物もまた下げることになってしまいます。

ですから、すくなくとも寝付きが悪い、自分の睡眠の質が悪いと自覚しているような人は、夕食以降はお酒やコーヒーなどカフェインの入った飲み物は控えるようにしたほうがよいでしょう。

ただ、コーヒーなどのカフェインについては誰でも睡眠の質を下げるという認識はもっているでしょう。カフェインは確実に興奮作用があり、眠ろうとしても眠れなくなったります。

しかし、お酒については必ずしもそうではないようです。むしろ、寝付きをよくするために飲むという人も多いのではないでしょうか。

確かにお酒は一時的に寝付きをよくするというか、意識レベルを下げる効果はあります。誰でも飲んだ後にふらふらになったり、意識が少し朦朧としたような経験はあるでしょう。

しかしそれは一時的なものです。全体として考えれば、眠りを浅くしてしまい、中途覚醒なども起こりやすくなります。十分に寝たはずが寝た気がしないなどいうことが起こりやすくなるのです。

適量であればさほど問題ではありませんが、飲みすぎることや就寝直前のお酒は控えるようにしたほうがよいでしょう。

睡眠 質 酒