睡眠の質のチェックに測定アプリは良い?睡眠の質を確認するおすすめの方法は?

睡眠の質をチェックしたい場合に、測定アプリを使うのはとても効果的な方法です。
人間の眠りの質には、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」がありますが、アプリを使うと、このサイクルを記録して、確認することができます。

夜中の寝返りなどの体の動きで、サイクルを計測してくれるのです。翌日に、眠りの様子をグラフにして表してくれるので、チェックしやすくて便利です。

さらに、就床から入眠までの時間と、効率よく眠れているかということもチェックすることができます。無料でダウンロードすることができるのも多いので、一度試してみると良いのではないでしょうか?アラーム機能がついていて、眠りの浅いレム睡眠の時間帯で起こしてくれるものもあって、スッキリ目覚めることができます。

そのほかに、質を確認するおすすめの方法としては、睡眠計測器を使うという方法があります。これは、枕元に置いておくタイプのものや、リストバンドや腕時計のように腕につけるタイプなど、いろいろなものがあります。質の良い眠りになるように、このような機械を使って一度測定してみると良いですよ。

このように、測定アプリや計測器を使うことは、質を確認するのにとても良い方法だと言えます。

睡眠 質 チェック

睡眠の質を改善するのにお風呂に入るのは有効?改善におすすめのグッズは?

お風呂に入ると夜ぐっすり眠れることができ、質も改善されることはみなさんの周知の事実だと思います。

ではなぜ湯舟につかることが快眠へとつながるのでしょうか。人間は体の内部の体温が下がり出すときに眠くなる仕組みになっているのです。

日常の活動をしている日中の間には体温は上がり、寝る前には体温が下がり始め睡眠時には低くなります。自然のメカニズムに合わせさらに体内部の体温を下げるには血行を良くすることが大切です。

その効果的な方法がお風呂に入ることなのです。入浴することで血行が良くなれば身体の表面から熱が放出され寝つきが良くなり、ぐっすり眠れるので睡眠の質も改善されます。

さらに睡眠の質を改善するために入浴するときのポイントをご紹介します。自律神経のうち副交感神経は身体を休ませる効果があります。これを優位にさせるにはぬるま湯で温めることです。

ですからお風呂の温度は38から40度が最適です。また睡眠の質を改善するのに役立つグッズとしてリラクゼーションミュージックやアロマがおすすめです。

ゆったりとした音楽は心をリラックスさせますし、アロマもラベンダーなどの香りはリラックス効果やストレスや不安の鎮静に効果があります。これら以外にもさまざまなグッズがありますのでお気に入りのグッズを入手するのもいいですね。

睡眠 質 改善

睡眠の質が年齢や睡眠時間によって変わることもある?

睡眠の質は、同じ人でも年齢によって大きく変わることが多い一方、睡眠時間ではあまり変わらないことが多いです。

一般的には、最も睡眠の質がいいのは10代頃だと言われています。寝ている間にも目覚めることなく、眠っている時間全体のおよそ4割は深い眠りについていて、非常に安定した眠りを確保できています。

しかし、年齢を重ねることにより、睡眠の質も変わることが分かっています。多くの人は、年を取るにつれ、だんだん夜中に目覚める回数が増えます。その結果、深い眠りに落ちている時間そのものも減ってしまうことになり、50代では眠っている時間全体の2割程度しか深い眠りについていません。

浅い眠りは、起床時の気分を損なう原因にもなるため、日々の生活にも影響が出てしまいます。年齢を遡ることはできませんが、自分にあった寝具を選ぶなど、快適な眠りのためにできることを自分なりに探してみるのもよいでしょう。

また、睡眠時間の長さによって、質が変わることはあまりありません。ショートスリーパーと呼ばれるような、短い間でもしっかりと自分の健康を維持できる眠りをとっている人も数多くいます。

どれぐらい寝るか、ということよりも、どう寝るか、ということを大切にすることで、質の高い眠りを得られるでしょう。

睡眠 質 年齢

短時間で簡単に快眠するには何をすると効果的?昼寝の効果って?

短時間での快眠をするには、リラックスすることが効果的です。
これは、夜の睡眠にも、昼寝にも効果があります。

睡眠を取っていても、中々疲れが取れていない、なんだかスッキリしないと感じている理由には、寝ていてもしっかりと休めていない事が原因です。
寝ていても、体が緊張してしまったり、悩みや不安があると脳が興奮状態になっています。

簡単にリラックスするには、全身の力を抜くことです。力を抜く方法は、息をゆっくりと吐き出してみましょう。
「息抜き」と言う言葉があるように、息を抜く、つまり吐き出すだけで、血圧が落ち着いてリラックス効果を得られます。

この時に、悩みや不安も吐き出すイメージで息を吐くことで、更にリラックス効果が高まっていきます。

光が目に当たると、脳が朝だと認識してしまって興奮状態になるので、アイマスクなどをしましょう。アイマスクがない時は、タオルやハンカチを目の上に乗せます。

アロマオイルを利用するのもいいでしょう。ラベンダーには快眠効果があります。
アイマスクや、目の上に乗せたタオルやハンカチに2,3滴垂らすとリラックスできます。

簡単な方法で短時間で快眠するには、とにかくリラックスしましょう。
香や道具を使うと簡単にリラックスできます。
睡眠の質を高めることで、短時間でもより良い睡眠になります。

快眠 するには 簡単

快眠方法としてストレッチやツボは効果的?

不眠で悩む人の多くが身体が敷き布団にフィットできずリラックスできない事から眠れない事が多いですが、リラックスしやすくなるツボを押す事によって快眠が期待できる方法があります。

押していく所が背骨の周辺と呼吸筋周辺のツボです。仰向けで眠りにくい人には背骨周辺が硬くなっている事が多く、背骨周辺が硬くなっていると仰向けになった時に腰が浮いてしまい身体がベッドにフィットできずに快眠できなくなってしまいます。

呼吸が浅くなると寝苦しくなるため呼吸を深くして入眠を方法です。ツボはピンポイントで押す必要はなくその周辺さえ押すと効果がありますが一人では押しにくいため、一人の場合にはストレッチがおすすめです。

方法は身体をひねるストレッチは下半身の右ひざの内側をベッドにつけて、上半身は左の肩をベッドに押し付けるように意識すると効果的にひねる事ができます。

左右交互に1回30秒を2~3回やってみるとツボを押す場合と同等の効果が得られます。鎖骨のやや上を両手で押すと首を逆に伸ばすストレッチや壁に手を掛けて型と突っ張るストレッチを行うと呼吸筋を伸ばす事ができます。

ツボやストレッチだけでなく膝の下に毛布やバスタオルなどを引くと快眠に効果的です。腰がしっかりと布団に落ち布団とフィットする体勢を作る事ができます。

快眠 方法 ストレッチ

快眠するには呼吸法は大切なの?口呼吸は良い?悪い?

快眠をするには呼吸法を取り入れるといいと言われていますが眠る前にやることをおすすめします。

口呼吸は喉を痛める場合がありますのであまりおすすめはできません。他にも眠っている間に口呼吸をしている場合は歯並びの乱れやアレルギーなどを引き起こす場合があります。口呼吸の危険性はいろいろ指摘されており、あまりいいことがありませんので、呼吸はなるべく鼻でするようにするといいと思います。

快眠するには、いろいろな呼吸法がありますが、普通に夜寝る前に深呼吸を繰り返すだけでも副交感神経が優位になるので寝つきがよくなり睡眠の質もよくなると言われています。

また、眠る前に鼻で大きく息を吸い、口から細くゆっくり息を吐いていく呼吸法はストレスを軽減し、体をリラックスさせてくれますので、基本的に快眠に繋がります。お金もかからずとても簡単ですので試してみることをおすすめします。

呼吸は、細く長くを繰り返し、息を吐いているときに自分の体の力が抜けていくのをイメージするといいと言われています。

他にも快眠するには呼吸だけではなく、日々の緊張をほぐすことも必要ですので、呼吸のほかにも体をほぐしておくといいと考えられます。呼吸法は大切ですので自分にあった快眠しやすいテンポを探していくのがいいと思います。

快眠 するには 呼吸

快眠する方法として薬やサプリは効果的?おすすめの漢方薬は?

快眠をする方法として薬やサプリを使うことは効果的です。
実際、快眠が出来るようになるためには「精神的または肉体的に」快眠が出来る状態にならなければならないからです。

「精神的」に快眠が出来ない場合には、自分を取り巻く環境が劣悪な環境が多く、なかなかスムーズに眠りにつくことが出来ませんので、サプリや薬を使って眠りを良くする方法がとられます。

また、精神力を強くするために、脳にエネルギーを補充するという目的で、ビタミンCなどがたっぷりと入ったサプリメントなどが使われるケースもあります。

これは、イライラとした気持ちを、ビタミンCは体に補ってくれるためであり、眠る前に辛い気持ちが少しでも抑えることが出来れば、ぐっすりと眠れるようになる方法の1つであるからです。

また、心地よく眠りにつくためには、この他にも身体的にベストな状態に体重を維持する、という方法があります。

これは、人の体のベストな体重というものは、おおよそBMI22という数値になるのですが、この前後であればあまり問題はないものの、かなりの肥満体型になってしまうと、漢方などの力や薬の力を使わなければ、ダイエットができなくなってしまうからです。

そのため、快眠する方法として、漢方であれば、「防風通聖散」という漢方がオススメです。

快眠 方法 薬

快眠グッズで飛行機や電車などで使えるおすすめのものは?

飛行機での、時差のある国への旅や、電車や高速バスによる長時間の移動ののち、目的地ですぐに快適な活動するためには、まとまった時間の快眠が大事です。

移動中を快適に過ごす快眠グッズ、さまざまな種類の製品がありますが、ことに必須と思われるのが『首枕』…ネックピローです。

首回りに沿った大きさの、緩やかなカーブのあるコの字型で、空気を入れて膨らませるタイプが主流です。使用しない時は空気を抜いて小さく収納できるので、常に身に着けるバッグの、取り出しやすい場所に入れておくのがポイントです。

飛行機のエコノミークラスで長時間…や、寝台列車でない電車での移動、高速バスで一晩…という場合、ネックピロー無しでの快眠は、なかなか難しいのではないでしょうか。
もう一つ、イヤホンで音楽を聴きながらのほうが眠れる…という人以外で必要と思われるグッズが『耳栓』です。

大抵の製品が、万が一の時のために人の声とアラーム音は通すような仕組みになっているのですが、電車や高速バスの走行音がカットされるだけで、快眠の手助けとなります。耳に不快な飛行機での気圧変化にも、ある程度の効果があります。

加えて、アイマスクも必要な快眠グッズです。ハンカチ等では目の上からすぐにズレてしまいますし、光も入ってしまいます。
この三種類は、オススメです!

快眠 グッズ 飛行機

快眠グッズで、足の疲れや冷え性に効くものは?

寒くなる季節、布団に入っても足が冷たいままでは到底、快眠は望めませんよね。
冷え性の場合、一度冷えてしまった足は、多少のことでは温まりません。

真冬の入浴後、あまり厚みのない靴下のままうっかり夜更かしをして、気が付いたら足先が氷のようになっていた…という経験、『冷え性あるある』の一つと思います。

ファンヒーターなどの前でしばらく立っていても温まらず、かと言って、再び浴室に行ってお湯で温めるのは面倒です。

そんな時は『湯たんぽ』がオススメ!冬のイチオシ快眠グッズです。
疲れ切った夜は、お湯を沸かして入れるのがやや面倒ですが、一度入れてしまえば翌朝まで快適温度が保たれます。適度な温度で足の疲れも少しずつほぐれ、冷え性対策だけでない、一石二鳥の効果が。

昔は金属製の無骨なデザインが主流でしたが、今はプラスチック製で色や形も愛らしく、保温性にすぐれたものが増えました。

フェルトの湯たんぽカバーを、好みの色柄で何枚か揃えるのも楽しいです。好きなキャラクターなどの柄カバーで包んでおけば、使っていない時も、ベッドの上で『見て楽しいグッズ』に。

湯たんぽカバーを掛け、それでもまだ少し熱めに感じる場合は、さらにタオルでくるめば柔らかな温かさとなり、全身の疲れも癒され、たちまち快眠へ…。電気代節約にもなるグッズです。

快眠 グッズ 疲れ

快眠グッズのなかで値段や価格が安いおすすめのものはどれ?

値段が安いおすすめの快眠グッズで、お手頃価格のものとしてまず挙げられるのがゆたんぽです。夜眠るときに寝つきが悪くなるのは足元が寒いからかもしれません。かといって電気毛布やエアコンを使うと喉が乾燥してしまいます。

ゆたんぽは優しく布団を温めてくれるため乾燥なども感じにくく、自然な眠りにつながりやすくなります。足元を温めるだけでもかなり快適になりますからぜひ試していただきたいグッズです。お値段も1000円以下で購入できますので、安心して購入できる価格です。安い割に災害時の保温などにも役立つ優れものでもあります。

二つ目はふわふわの靴下です。通常の靴下では足を締め付けすぎ、快眠につながりにくいと言われますが、ふわふわした素材で締め付けないタイプの靴下ならそのような心配はありません。100円ショップでも売っているため、価格もそれほど高くありません。安くてたくさん購入できるので洗い替えもそろえておきましょう。

もう一つ上げるなら枕パットです。枕を洗ったり干したりすることは難しいですが、パットの取り換えなら簡単です。夏はさらっと、冬は暖かい素材と使い分けもできます。値段も100円程度の安いものからあるので、毎日換えてみるのもよいでしょう。

このように快眠グッズを上手に使い、快適な眠りを手に入れましょう。

快眠 グッズ 値段