睡眠の質が悪い場合、ストレスやスマホやパソコンの見過ぎの影響もある?

睡眠に関するアンケートなどでは、多くの方がぐっすりと寝る事が出来てスッキリと起きられる事は少ないと回答しています。

特にストレス社会と言われる現代では睡眠の質が悪い為に、悩みやストレスを解消出来ないまま次の日が始まってしまうので、疲労を引きずったまま蓄積されていく事によってうつ状態になってしまう事もあります。

しかし最近では質の悪い原因がストレスだけではなく、スマホやパソコンを寝る前に見たり利用する事による事が厚生労働省でも警鐘を促す程、悪影響を与えている事が認知されています。

人間が規則正しい睡眠と覚醒を繰り返すのにはメラトニンと言うホルモンが大きく関わっているのですが、刺激の強い光を夜間浴びる事によってメラトニンの分泌が抑制されてしまう事が分かっていますが、特にスマホやパソコンから発せられるブルーライトがメラトニン抑制を助長する事が研究でも分かっているのです。

睡眠障害の他にも疲れ目や網膜への影響もある事から、ブルーライト対策をしっかり行う事で質が改善される事もあります。

対策としては寝る前にスマホやパソコンの使用を控える事ですが、中々難しいと思う方は画面の明るさを調整してなるべく刺激を少なくする事でも効果はありますし、市販のブルーライト対策の眼鏡を使用する事も質の悪い睡眠対策になります。

睡眠 質 悪い