成長ホルモンの分泌量は運動によって変わるの?ツボ押しやストレッチは効果的?

人の成長にはもちろん、健康維持、行動にも大きな影響を与えることで知られている成長ホルモンですが、思春期を過ぎた辺りから、分泌量がどんどん低下していき、体調の不良や精神面への悪影響などを感じることも多くなるでしょう。

しかし成長ホルモンの分泌量を増やすことも出来るので、改善できるように努力してみるのも良いのではないでしょうか。成長ホルモンの分泌に影響を与えることで知られるのは睡眠ですが、運動も非常に効果的なのをご存知でしょうか。

適度な運動は新陳代謝を促す効果もあるので、毎日の生活の中に運動する習慣を取り入れるように工夫すると良いでしょう。効果的な運動に一つにストレッチがあります。ストレッチは血行を良くすることで多くの方が毎日行っていますが、成長ホルモンの分泌量を増やす効果も非常に高いのです。

一番効果的なのはお風呂の後にストレッチを行うようにしましょう。またその際にツボを刺激するのもお勧めです。ストレッチの効果とツボを刺激する効果で成長ホルモンをバランスよく分泌することが出来るようになります。

ツボはマッサージを行うように優しく刺激するだけでも十分なので、気持ち良さを感じながら続けていくことで効果を実感することが出来るでしょう。

成長ホルモン 分泌 運動