成長ホルモンの分泌は子供、大人、高齢者と年齢によっても違うの?

人の成長や健康維持に大きな関わりがある成長ホルモンですが、子供と大人また高齢者等では分泌量などに違いがあります。年齢による変化も知ることで、年齢による変化の影響を少しでも解消出来るように生活するようにしましょう。

いつまでも若く見える高齢者の方は、他の高齢者と何が違うのか考えた場合、成長ホルモンの分泌量の違いを指摘される場合があります。また子供は大人と比べても成長ホルモンの分泌が多く、思春期にピークを迎えることになりますが、年齢が進むにつれて下降していきます。

子供は大人と比べても身体の変化が活発ですが、それを成長ホルモンが支えていると言っても過言ではありません。また子供だけではなく大人にも必要なものです。健康を維持したり、精神面でも重要で人間の感情にも大きな影響を与えます。

また成長ホルモンが不足すると様々な影響があります。精神面では意欲や記録力、性欲の減退などあります。また疲れやすさを感じる方は不足がちになっているケースが多いようです。

十分な睡眠やバランスの良い食生活が大切になるので、生活面の改善が必要になる場合もあるでしょう。特に睡眠は重要になるので、夜更かしなどをあまりしないように注意するようにしましょう。

成長ホルモン 分泌 年齢