快眠方法としてストレッチやツボは効果的?

不眠で悩む人の多くが身体が敷き布団にフィットできずリラックスできない事から眠れない事が多いですが、リラックスしやすくなるツボを押す事によって快眠が期待できる方法があります。

押していく所が背骨の周辺と呼吸筋周辺のツボです。仰向けで眠りにくい人には背骨周辺が硬くなっている事が多く、背骨周辺が硬くなっていると仰向けになった時に腰が浮いてしまい身体がベッドにフィットできずに快眠できなくなってしまいます。

呼吸が浅くなると寝苦しくなるため呼吸を深くして入眠を方法です。ツボはピンポイントで押す必要はなくその周辺さえ押すと効果がありますが一人では押しにくいため、一人の場合にはストレッチがおすすめです。

方法は身体をひねるストレッチは下半身の右ひざの内側をベッドにつけて、上半身は左の肩をベッドに押し付けるように意識すると効果的にひねる事ができます。

左右交互に1回30秒を2~3回やってみるとツボを押す場合と同等の効果が得られます。鎖骨のやや上を両手で押すと首を逆に伸ばすストレッチや壁に手を掛けて型と突っ張るストレッチを行うと呼吸筋を伸ばす事ができます。

ツボやストレッチだけでなく膝の下に毛布やバスタオルなどを引くと快眠に効果的です。腰がしっかりと布団に落ち布団とフィットする体勢を作る事ができます。

快眠 方法 ストレッチ