睡眠の質を改善するのにお風呂に入るのは有効?改善におすすめのグッズは?

お風呂に入ると夜ぐっすり眠れることができ、質も改善されることはみなさんの周知の事実だと思います。

ではなぜ湯舟につかることが快眠へとつながるのでしょうか。人間は体の内部の体温が下がり出すときに眠くなる仕組みになっているのです。

日常の活動をしている日中の間には体温は上がり、寝る前には体温が下がり始め睡眠時には低くなります。自然のメカニズムに合わせさらに体内部の体温を下げるには血行を良くすることが大切です。

その効果的な方法がお風呂に入ることなのです。入浴することで血行が良くなれば身体の表面から熱が放出され寝つきが良くなり、ぐっすり眠れるので睡眠の質も改善されます。

さらに睡眠の質を改善するために入浴するときのポイントをご紹介します。自律神経のうち副交感神経は身体を休ませる効果があります。これを優位にさせるにはぬるま湯で温めることです。

ですからお風呂の温度は38から40度が最適です。また睡眠の質を改善するのに役立つグッズとしてリラクゼーションミュージックやアロマがおすすめです。

ゆったりとした音楽は心をリラックスさせますし、アロマもラベンダーなどの香りはリラックス効果やストレスや不安の鎮静に効果があります。これら以外にもさまざまなグッズがありますのでお気に入りのグッズを入手するのもいいですね。

睡眠 質 改善