睡眠リズム障害かどうかのチェック方法って?良い治療方法は?

睡眠リズム障害のチェック方法はありますが、よい治療法は病の原因がわからないといけないのです。そもそも睡眠リズム障害とは、昼間は起きて活動し夜は眠るという本来の生活リズムが、近年の様々な勤務体系や、生活習慣の変化で睡眠と覚醒のリズムが乱れてしまうことで起こる睡眠障害です。

自分でできるチェック方法には夜に全く寝付けない、夜中や明け方に眠くなる、夕方には眠くなり、深夜に目覚めてしまう、毎日寝る時間が遅れてくる、毎日ばらばらの時間に眠くなるなどに当てはまる方は間違いないかと思います。

しかし自己チェックで大まかなことはわかるとは思いますが、原因は何なのか、今の症状は睡眠リズム障害なのかというのは病院で診断してもらわないと正確なことはわからないのです。

なのでよい治療方法とは病院できちんと診断してもらって、病の原因を調べて医師の判断を受けるのが一番良い治療法と言えます。自己判断で誤った治療法を続ければ、悪化させる危険性がありますので避けましょう。

なおどこの病院の何科に行けばよいのかわからない人もいるかと思います。大都会なら専門のクリニックや、病院があるのですが、地方ならばまずは総合病院へ行ってみましょう。また一般の内科医院でも診察を行っているところもあるので、調べてみてみましょう。

睡眠 リズム チェック

睡眠リズム障害の原因は?うつの可能性も?病院に行く必要はあるの?

まず、病院に行くべきかどうかの判断ですが、うつの症状の有無にかかわらず、何らかの体調不良を自覚しているのであれば、早い段階で病院に行かれたほうがよいでしょう。

病院に行ったら、自分が現在どんな症状で悩んでいるのかを詳しく説明してください。その中で、睡眠のリズムが悪いことについても一緒にお話しましょう。

たとえば担当のお医者さんから「心あたりはありますか?」というような質問があったときに、睡眠のリズム障害の疑いがあることをお話しましょう。

さて、うつと睡眠のリズム障害との関係ですが、可能性でいえば「あり」です。ただ、睡眠のリズム障害があるからといって、必ずうつを発症するのかというと、そういうわけではありません。

うつの原因は非常に多様ですから、たとえ睡眠のリズム障害を自覚して、なおかつうつ状態に陥ることが多かったとしても、必ずしもそれが原因であるとは言い切れない部分があります。

そのあたりの因果関係をはっきりするためにも、まずは病院に行かれることが大切です。原因がいったいどこにあるのかを知り、その原因をもとにして治療が行われるからです。正しく治療することができれば、早く悪い状況から脱却できるはずです。

睡眠 リズム 障害

睡眠サイクルの乱れを目覚まし時計のアラームを使って改善できる?

睡眠サイクルの乱れは、目覚まし時計のアラーム音の違うのを3つ用意すれば改善出来ます。

一つ目は、クラシック曲がアラーム音に使われてる目覚まし時計です。出来れば朝に聞くと気持ちの良い曲が入っているのを選んで下さい。二つ目は、小鳥のさえずりが使われてる目覚まし時計です。これも出来れば、かわいいと思える小鳥のさえずりを選んで下さい。

ちなみに、私が購入した目覚まし時計は、クラシック曲が5曲、種類の違う小鳥のさえずりが5種類から選べる物です。

三つ目は、音量調整が出来る不快な音が鳴る時計です。

一つ目のクラシック曲のアラームは起床時間の30分前に鳴るようにセットします。これで睡眠が浅くなるのですが、気持ちの良い曲なので不快感はありませんし、小鳥のさえずりに気付くようになります。

二つ目の小鳥のさえずりのアラームは起床時間の5分前に鳴るようにセットします。

三つ目は、不快なアラーム音が鳴る目覚ましを音量を大きめに調整して起床時間にセットします。不快な音を聞きたくないと体が覚え不思議と起きれます。

そして、太陽光か照明を浴びれば、体内のいろんなサイクルがスタートを始め、寝るべき時間にゴールを迎え、スムーズに眠れるようになります。徐々に睡眠サイクルは改善していきます。

睡眠 時計 目覚まし

睡眠サイクルを整えるアプリの仕組みって?無料のアプリもあるの?

スマートフォン普及した現代では、さまざまな睡眠アプリが存在しています。やはり優秀なアプリとなりますと、有料のものが多いですが、無料のアプリでも良いものも存在しています。

無料のアプリですと、ただ爆音を鳴らして起こしてくれるものから、計算式を解かなければ音が消えないという仕組みものまでさまざまな種類があります。

そんな無料アプリのなかでも特に優秀なものが、人の睡眠サイクルを学習し、起きやすい時間に起こしてくれるというものです。この仕組みは、ベッドにスマートフォンを置き、ベッドの揺れから身体の動き方、呼吸、寝言など、さまざまな情報、サイクルを検出します。

それらの情報から、指定した時間に一番近い起きやすい時間を自動的に選択して、音を鳴らして起こしくれます。毎日どのような睡眠をしているかを記録できる仕組みになっているので、自身の睡眠を振り返ったり、自身のサイクルを知ることができます。

寝言を自動的に録音してくれたり、文字として残してくれるものもあるので、昨夜の寝言を記録してどんなことを話していたのか聞くこともおもしろいでしょう。音を記録してくれることで、睡眠時無呼吸症候群の予防や、早期発見にも繋がります。

睡眠 サイクル アプリ

睡眠リズムは目覚まし時計やアプリで整えられるの?効果的な使い方は?

睡眠リズムを整えるためには、まずはあなた自身の生活サイクルの見直しが必要です。
毎日規則正しい生活をする事。1日3食しっかり食べて、適度な運動もしましょう。そして寝る時間と起きる時間をできるだけ毎日同じ時間にすることで、体内時計が規則正しく回り続けるので精神的にも肉体的にも健康な状態でいられます 。

そのために目覚まし時計を使って起る事は非常に良い効果をもたらすでしょう。起きる時間が同じですと日中の活動サイクルが同じように回っていきますから。
最近では快適な眠りのためのアプリがありますね。

こういったアプリを利用するのも効果的な方法です。人間は、レム睡眠の状態の時に起きるのが理想的と言われています。人間のわずかな動きでその人が今どんな睡眠状態なのかを判断して、レム睡眠の状態の時に目覚まし時計が作動し起こしてくれます。

また、一定時間音が鳴り続けていると録音を開始する「いびき録音機能」や、いびきをかいてると判断した時に起こしてくれる機能が付いているアプリもあります。
睡眠状態も記録してくれるのでアプリの計測データを参考に眠りのリズムを整えるのも効果的な方法でしょう。

目覚まし時計やアプリを上手に利用して 快適な眠りのリズムを目指しましょう。

睡眠 リズム 目覚まし

乳児の睡眠が浅い理由は?夜寝ない赤ちゃんにおしゃぶりは効果的?

新生児や乳児期の赤ちゃんの睡眠が浅い理由は、眠りの周期が大人とは違うからです。
睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の二つに分けられています。
つまり、浅い眠りの状態と深い眠りの状態が繰り返し行われているのです。

赤ちゃんの眠りの周期は大人よりも短いため、浅い状態であるレム睡眠が何度も来ることにより、頻繁に目を覚ましてしまうのです。

新生児、乳児期まではこの浅い眠りの状態が全体の半分以上を占めています。
そもそも、太陽の刺激によって一日の眠りは調整されていますが、新生児や乳児はその調整が未発達です。

ですから生後2~3か月ほどで昼夜の区別がつけられるよう、朝はカーテンを同じ時間に開け、夜は暗い部屋に早めに連れていくなど生活環境を整えてあげることが大切です。

そして夜寝ない赤ちゃんにおしゃぶりをさせることについてですが、赤ちゃんによっては機嫌が良くなる場合がありますので一度試してあげてもいいでしょう。
口寂しい思いをしていたりする時にはおしゃぶりをすることで安心して眠りにつくこともできます。

しかしおしゃぶりは虫歯や歯並びにも影響があると言われているので、少なくとも2歳を過ぎたころには卒業させてあげた方がいいです。

睡眠 浅い 乳児

睡眠の質が悪い場合、ストレスやスマホやパソコンの見過ぎの影響もある?

睡眠に関するアンケートなどでは、多くの方がぐっすりと寝る事が出来てスッキリと起きられる事は少ないと回答しています。

特にストレス社会と言われる現代では睡眠の質が悪い為に、悩みやストレスを解消出来ないまま次の日が始まってしまうので、疲労を引きずったまま蓄積されていく事によってうつ状態になってしまう事もあります。

しかし最近では質の悪い原因がストレスだけではなく、スマホやパソコンを寝る前に見たり利用する事による事が厚生労働省でも警鐘を促す程、悪影響を与えている事が認知されています。

人間が規則正しい睡眠と覚醒を繰り返すのにはメラトニンと言うホルモンが大きく関わっているのですが、刺激の強い光を夜間浴びる事によってメラトニンの分泌が抑制されてしまう事が分かっていますが、特にスマホやパソコンから発せられるブルーライトがメラトニン抑制を助長する事が研究でも分かっているのです。

睡眠障害の他にも疲れ目や網膜への影響もある事から、ブルーライト対策をしっかり行う事で質が改善される事もあります。

対策としては寝る前にスマホやパソコンの使用を控える事ですが、中々難しいと思う方は画面の明るさを調整してなるべく刺激を少なくする事でも効果はありますし、市販のブルーライト対策の眼鏡を使用する事も質の悪い睡眠対策になります。

睡眠 質 悪い

成長ホルモンの分泌は子供、大人、高齢者と年齢によっても違うの?

人の成長や健康維持に大きな関わりがある成長ホルモンですが、子供と大人また高齢者等では分泌量などに違いがあります。年齢による変化も知ることで、年齢による変化の影響を少しでも解消出来るように生活するようにしましょう。

いつまでも若く見える高齢者の方は、他の高齢者と何が違うのか考えた場合、成長ホルモンの分泌量の違いを指摘される場合があります。また子供は大人と比べても成長ホルモンの分泌が多く、思春期にピークを迎えることになりますが、年齢が進むにつれて下降していきます。

子供は大人と比べても身体の変化が活発ですが、それを成長ホルモンが支えていると言っても過言ではありません。また子供だけではなく大人にも必要なものです。健康を維持したり、精神面でも重要で人間の感情にも大きな影響を与えます。

また成長ホルモンが不足すると様々な影響があります。精神面では意欲や記録力、性欲の減退などあります。また疲れやすさを感じる方は不足がちになっているケースが多いようです。

十分な睡眠やバランスの良い食生活が大切になるので、生活面の改善が必要になる場合もあるでしょう。特に睡眠は重要になるので、夜更かしなどをあまりしないように注意するようにしましょう。

成長ホルモン 分泌 年齢

成長ホルモンの分泌量は運動によって変わるの?ツボ押しやストレッチは効果的?

人の成長にはもちろん、健康維持、行動にも大きな影響を与えることで知られている成長ホルモンですが、思春期を過ぎた辺りから、分泌量がどんどん低下していき、体調の不良や精神面への悪影響などを感じることも多くなるでしょう。

しかし成長ホルモンの分泌量を増やすことも出来るので、改善できるように努力してみるのも良いのではないでしょうか。成長ホルモンの分泌に影響を与えることで知られるのは睡眠ですが、運動も非常に効果的なのをご存知でしょうか。

適度な運動は新陳代謝を促す効果もあるので、毎日の生活の中に運動する習慣を取り入れるように工夫すると良いでしょう。効果的な運動に一つにストレッチがあります。ストレッチは血行を良くすることで多くの方が毎日行っていますが、成長ホルモンの分泌量を増やす効果も非常に高いのです。

一番効果的なのはお風呂の後にストレッチを行うようにしましょう。またその際にツボを刺激するのもお勧めです。ストレッチの効果とツボを刺激する効果で成長ホルモンをバランスよく分泌することが出来るようになります。

ツボはマッサージを行うように優しく刺激するだけでも十分なので、気持ち良さを感じながら続けていくことで効果を実感することが出来るでしょう。

成長ホルモン 分泌 運動

睡眠の質を向上する効果的な方法|運動など睡眠の質を上げるおすすめの方法は?

睡眠の質を向上させるためにどんなことができるでしょうか。日中に体を動かすことは深い眠りへと導きます。ですから良い睡眠を取るためにまず運動をしてみましょう。

しかし、よく運動した日でも、十分に眠れない場合もあればそうでない場合もあり、ばらつきがあります。ですから今日は眠ろうと思ってたくさん体を動かしたとしても眠れないことがあるのです。

でも、運動習慣のある人はその習慣のない人に比べて質が良いということがこれまでの研究で明らかにされてきました。多くのアンケートでも運動習慣のある人は良い眠りをしているだけでなく、日中の眠気なども少ないと報告されています。

それで睡眠の質を向上させるためには体を動かす習慣をつけるのが一番良い方法でこれによって健康状態を上げることができ眠る力も向上させることができます。では、筋トレなどの方法は質を上げることができるでしょうか。

適度な筋トレであれば後にリラクゼーションが進みますのでこの方法も睡眠の内容を上げる上で良いと言えるでしょう。質の良い睡眠は日中のパフォーマンスを向上させます。

定期的な運動をしつつ心も体も効率アップを目指して健康的な深い眠りを手に入れていきましょう。

睡眠 質 向上