眠れない病気の種類と病名とは?

眠れない病気の種類と病名は、主に6つあります。

1つめは、不眠症です。昔に比べ寝つきが悪くなったり、途中で目が覚めてしまう場合です。病名は不眠症になり、長く症状が続く場合は、専門医を受診したほうが良いでしょう。

2つめは、睡眠錯覚の種類の病気です。勤務時間が朝と夜交代の人や、生活リズムがバラバラな人は、睡眠錯覚が起きてしまい、眠れない病気になっている可能性もあります。

3つめは、睡眠障害が原因です。更年期の女性に多いと言われている、足がむずむずして眠れない人もいます。足や手が自然にぴくっと動いてしまい眠れなくなることもあります。

4つめは、精神疾患が原因で起こる不眠です。不安や、うつ症状のある人は、眠ろうとしてもなかなか寝付けいことも多いです。

5つめは、寝すぎによるものです。日中の昼寝など寝すぎが原因で睡眠のサイクルがくるってしまい、夜になっても眠くならないためです。

6つめは、睡眠中の呼吸障害の種類です。寝ている途中で息が止まってしまったり、いびきで起きてしまったりする人は、睡眠呼吸障害の病名がついている人も多いです。

眠れない病気には、さまざまな種類と病名が原因していることが多いので、早めに専門医を受診して、質の良い睡眠を得ることが大切です。

眠れない 病気 種類

眠れないのが足のだるさや頭痛などの体の不調が原因の場合、病気の可能性がある?

頭痛や足だるい症状は眠れない原因になりますし、何かの病気が隠れていることもあります。けれども多くは、頭痛や足のだるさを解消することで、眠れない問題も解消されることが多いです。

頭痛は様々な原因で起こります。体調不良やストレス、目を酷使したり、長時間の頭脳作業も、頭痛を引き起こす原因になります。身体のコリをほぐしたり、マッサージをしたり、休養を取り入れてみましょう。それでも、解消しない場合は、目や耳などの器官を含め、脳の中に病気が隠れている場合があるので、病院を受診して検査を受けましょう。

足だるい場合も同様です。血流やリンパの流れが滞って起きることが多いですが、立ち仕事をしている人の場合は、ストレッチやマッサージぐらいでは解消しないこともあります。糖尿病などの病気も足だるい症状をもたらします。足を温めたりマッサージをしてもだるさが解消しない場合は、医師の診断を仰ぐようにしましょう。

このように、足のだるさや頭痛が解消されても眠れない場合は、不眠への対処が必要です。脳が緊張状態にあると寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなります。夜はリラックスして眠りにつけるように、ゆっくり入浴して気持ちよく過ごすことを心がけてみましょう。

眠れない 病気 原因

眠れない病気の症状は?寝つきが悪い、すぐ起きてしまうなどの原因は何?

「眠れない」という状況は「寝不足」と「不眠症」の2ケースが考えられます。しかし、この2つは似て非なるもので、睡眠がきちんと取れていなくてもしっかり休息を取れば回復する「寝不足」とは異なり、「不眠症」は寝つけずに途中で目覚めてしまったり、朝早くに目が覚めたりといった、不眠状態が1ヶ月以上継続している状態を指します。

イライラしたり、平日眠れない・寝つきが悪い状態を解消しようと休日を潰してしまう、といった状態も病気の一歩手前と思った方が良いです。
寝つきが悪い原因として考えられるのは、寝る前のスマートフォン操作。PC・スマートフォンなどのブルーライトは神経を高ぶらせ、入眠の妨げとなります。寝る1時間前には操作をやめましょう。

次にカフェインの取り過ぎも原因として考えられます。コーヒーをはじめ、カフェインを多く含む飲料は覚醒作用があり、眠気防止になりますが、当然ながら不眠の症状の原因となります。寝つきが悪いと感じたら、コーヒーの摂取量を控えるようにしてはいかがでしょうか。

眠れない症状のまま放っておくとストレスがたまるだけでなく、自律神経失調症など重大な病気へと発展する可能性が高くなります。これ以上症状を悪化させないために、そして重大な病気を抱えないためにも、早めに対策をとることをおすすめします。

眠れない 病気 症状

夜眠れない病気で、死ぬことってあるの?

夜眠れない病気になると死ぬかもしれないと心配になる人もいます。実は眠れない病気になったからといって、死ぬことはありません。

人間の体は夜寝ている間に調整を行います。パソコンのバージョンアップや車の点検と同じことが、自動的に行われています。夜寝ていないと、調整がうまく行われません。結果として、体力が弱くなり風邪をひきやすくなることはあります。

それでも眠れない病気が原因で死ぬことはないので心配しなくて大丈夫です。普通死ぬ原因は心臓が止まる、血管にトラブルが起きることです。眠れない病気で心臓が止まったり、血管にトラブルが起きることはありません。

もちろん眠っていないことで、元気がなくなることはありますからよく眠ることはとても大切です。眠れないことよりも、ずっと寝ていないことで風邪をひいたり過食になったりすることが病気の原因になることもあります。

よく眠れるように、毎日同じ時間に起きて太陽を浴びることが大切です。好き嫌いをしないで何でも食べるようにしましょう。寝る前はテレビやテレビゲームをしないようにします。

目に光がたくさん入ることで、目が覚めてしまうからです。寝る前にゲームをして心臓がドキドキすることもよくありません。

眠れない 病気 死ぬ

眠れない原因を改善するために、食事や運動で効果的な方法は?

眠れないと悩んでいる人は、日中の過ごし方を確認してみてください。体を動かさずにだらだらと過ごしたり、食事が不規則になってはいませんか?眠れない原因は栄養バランスの偏りであったり運動不足に起因していることが多いので、思い当たる節のある人は改善しなければなりません。

なぜ食事バランスが悪くなると眠れなくなるのかというと、栄養バランスが乱れると体内の循環に影響が及んで自律神経を狂わせるからです。自律神経は目には見えないものですが、心身の不調の原因になります。

交感神経と副交感神経が絶妙に調節されることで元気に過ごすことができますが、バランスが崩れると眠れない、食欲が出ない、気分が落ち込む、内臓の調子が悪い等の様々な症状が出てきます。

また、運動不足になると交感神経を活発にする時間を作れません。日中の間に運動をして交感神経を刺激することで、寝る頃になると自然に副交感神経が優位になってリラックス状態が作れますので、運動面も改善することが大切です。

このような原因が分かったら、具体的な改善方を探ります。食事ではタンパク質、ビタミン、ミネラル等をバランス良く取り入れて、適量を摂取するようにします。運動ではウォーキングのような有酸素系がお勧めです。

眠れない 原因 改善

眠れない原因はどんな病気?不安があると眠れない原因にもなるの?

眠れない原因として考えられる病気には、不安からくる「不眠症」があります。不眠症とは睡眠障害の一つで、ベッドに横になってもなかなか眠れなかったり、もし眠れても途中で目が覚めてしまうなどの症状が挙げられます。

こういった眠れない症状が1ヶ月以上続き、それによって普段どおりの生活が送れなくなっている場合には不眠症の可能性が極めて高いです。

また、「不安」は人の睡眠を妨げる大きな原因になることも。特に、物事を深く考えすぎてしまう人や真面目な人は、普通の人に比べてストレスを感じやすい傾向にあります。そのため、不安が原因となる病気にもかかりやすいというデメリットがあるのです。

眠れないことから分かる病気は、さらにもう一つあります。それは「うつ病」です。うつ病にかかっている人の多くが、実はこの「眠れない」という症状に悩まされているのです。うつ病になると、全てのことに対して無気力になったり、関心がなくなってしまいます。

この状態が睡眠に対しても働いてしまうため、結果的に眠れないといった事態に陥るのです。また、無気力だけでなく不安が原因の場合もあります。このように不安は、十分な睡眠を確保できない要因となってしまう可能性が少なくないのです。

眠れない 原因 病気

生理前にイライラや火照りで眠れない理由は?ホルモンバランスとの関係は?

生理前になると眠れない理由にはホルモンバランスの乱れや体温の変化が大きく関係していて、人によってはイライラしたり体の火照りを感じる人もいます。

生理前になると、体温を上昇させる働きのある黄体ホルモンが活発に分泌されるようになります。そのため、体温が高いまま下がらなくなり、眠りに入りにくくなります。人が眠りに入る時には自然と体温が下がるものですが、生理前になると下がらないので入眠しにくくなるのです。

これが眠れない最大の理由であり、ホルモンバランスの変化が引き起こしているものです。体温の上昇によって火照りも起こりやすくなり、精神的に不安定になってイライラしてしまうことも少なくありません。

生理前になると眠れない理由やイライラ・火照りの原因がホルモンバランスによるものだと分かれば、対処法も見えてきます。

おすすめなのは、寝る1時間ほど前にぬるま湯のお風呂にゆったりと浸かったり、軽いストレッチを行うことです。これらを実践すると体温が上がりますので、少し経つとその反動で体温が下がって眠りに入りやすい状態になります。

また、神経を静めるために寝る前のテレビやゲームは避け、部屋の灯りを全て消して寝ることも有効です。

眠れない 生理前 ホルモンバランス

成長ホルモンと睡眠の時間帯の関係は?成長ホルモンのゴールデンタイムって何?

成長ホルモンが私たちの健康維持に大きく役立つことが知られていますが、成長ホルモンの分泌量が増える時間帯はゴールデンタイムと呼ばれており、ゴールデンタイムを意識した生活習慣は非常に大切になってきます。

成長ホルモンと睡眠は密接な関係にあり、質の良い睡眠を時間を得ることが大切です。また成長ホルモンの分泌量が増えるゴールデンタイムにしっかりと睡眠をとることによって、健康や美容を得ることができるでしょう。

睡眠のベストな時間帯としては22時から深夜2時の4時間になっています。この4時間の時間帯にしっかりと睡眠することによって、成長ホルモンの分泌を促し、体の状態をベストに保つことができるでしょう。

この関係性は老若男女問わず重要になっているので、意識したライフスタイルを作り出す必要があるでしょう。寝るタイミングも非常に関係がありますが、21時にはベットで横になるようにすることが大切です。

このようなゴールデンタイムをしっかりと活用して生活することで、ダイエットなどにも大きな影響を与えます。

また子供の成長を考えた場合も、ゴールデンタイムの活用は必要だと言えるでしょう。自分の健康はもちろん家族のためにも、しっかりと意識した生活を送りましょう。

成長ホルモン 睡眠 時間