睡眠が浅い時のおすすめの対策3つ!お酒は睡眠に良くないの?

睡眠が浅いなと感じた場合、3つの対策方法の内のどれかを取り入れると良いでしょう。

1つ目の対策方法は、お風呂から上がった後すぐに布団に入る方法です。眠気を感じるタイミングは、体温が下がり始めたことになります。お風呂で体温が高まり、出た瞬間から下がり始めます。このタイミングで布団に入れば、深い眠りにつくことができます。

2つ目は対策方法は、体を疲れさせる方法です。体をスポーツ等で動かし、筋肉を十分に使います。これによって体は疲労し、強い眠気を感じるようになります。このときに寝ることで、深い睡眠を取ることができます。体が疲労していないことが浅い眠りの原因なので、体を動かすことで問題を解消します。

3つ目の対策方法は、睡眠前にテレビ画面やスマートフォン画面を見ないことです。ブルーライトが使用されており、それによって脳が覚醒してしまいます。これは眠気をなくす働きがあり、浅い眠りになる原因になっています。だから、寝る2時間前には見ないようにしましょう。

お酒を飲むことでも眠れるようにはなりますが、お酒は飲み過ぎると逆効果です。体と脳が興奮状態になり、眠りにつけなくなる恐れがあるので、お酒は適量に留めておくようにしましょう。適量であれば、十分に寝ることは可能となります。

睡眠 浅い 対策