妊婦の睡眠が浅い理由は?妊娠初期と臨月だと症状は変わるの?

妊婦の睡眠が浅いのは胎動などによって目が覚めてしまうからです。妊娠中期ごろからは胎動が感じられるようになるため、睡眠中でも赤ちゃんがお腹の中で動くことで、目覚めてしまうことがあります。

妊娠初期と臨月では、睡眠が浅い理由に違いがあります。妊娠初期の場合は、黄体ホルモンの影響やつわり、生活リズムの変化、妊娠・出産に対する不安などによって眠りが浅い傾向があります。

臨月の場合は、お腹が大きくなることで横向きの姿勢以外では眠りづらくなり、寝返りがうてないことにより目が覚めてしまうことがあります。

また、妊婦になることで徐々に子宮が大きくなっていきますが、臨月になると子宮が膀胱を圧迫するため頻尿になり、起きる回数が増えてきます。

臨月になると赤ちゃんを迎える準備が最終段階に入ります。産後の赤ちゃんは、昼も夜も関係なく2時間から3時間おきに授乳が必要になります。母親の本能として、妊婦のうちから眠りの浅いレム睡眠を中心にすることで、生まれてすぐから赤ちゃんのお世話ができるようになっています。

睡眠不足の場合は、昼寝をしたり、適度な運動で眠りやすい身体にしていきます。眠れない場合でも、身体を横にするだけでも疲れを取ることができます。

睡眠 浅い 妊婦