睡眠が浅い症状にはどんな種類があるの?病名は?チェック方法って?

人によって充分な睡眠時間には差があります。
短い時間で体力が回復する人もいれば、長時間寝てもすっきりしない、翌日の体調がすぐれないといったことはままあって、症状を見極めてきちんとした対処をとることが健康のヒケツです。

睡眠が浅い場合、どういった症状が現れるのか、またどういった病名が当てはまるのかチェックしていきましょう。

まず、ストレスによって浅い睡眠になってしまう病名があります。
自律神経失調症などがその典型で、日中のストレスが原因で不眠や発汗不全、不安定な動悸というような症状がある場合は、この病気を疑ったほうがいいでしょう。

自分でチェックする方法は、筋肉のコリや、運動をしたときの体調などを見て確かめるのが一般的です。

大げさな病名に驚くかもしれませんが、要するに神経が常に興奮状態にあって、眠りたくても体がいうことを聞いてくれないというのがこの病気の特徴です。

ストレスを感じていないのに眠りが浅いという方は、冷え性の可能性があります。
自分が冷え性で不眠に陥っているのかチェックするには、眠る前に手足を温めてみるといいでしょう。温めたら不眠が改善されたのであれば、それは冷え性が原因の不眠症ということです。

睡眠 浅い 症状