眠れないのが足のだるさや頭痛などの体の不調が原因の場合、病気の可能性がある?

頭痛や足だるい症状は眠れない原因になりますし、何かの病気が隠れていることもあります。けれども多くは、頭痛や足のだるさを解消することで、眠れない問題も解消されることが多いです。

頭痛は様々な原因で起こります。体調不良やストレス、目を酷使したり、長時間の頭脳作業も、頭痛を引き起こす原因になります。身体のコリをほぐしたり、マッサージをしたり、休養を取り入れてみましょう。それでも、解消しない場合は、目や耳などの器官を含め、脳の中に病気が隠れている場合があるので、病院を受診して検査を受けましょう。

足だるい場合も同様です。血流やリンパの流れが滞って起きることが多いですが、立ち仕事をしている人の場合は、ストレッチやマッサージぐらいでは解消しないこともあります。糖尿病などの病気も足だるい症状をもたらします。足を温めたりマッサージをしてもだるさが解消しない場合は、医師の診断を仰ぐようにしましょう。

このように、足のだるさや頭痛が解消されても眠れない場合は、不眠への対処が必要です。脳が緊張状態にあると寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなります。夜はリラックスして眠りにつけるように、ゆっくり入浴して気持ちよく過ごすことを心がけてみましょう。

眠れない 病気 原因