夜眠れない病気で、死ぬことってあるの?

夜眠れない病気になると死ぬかもしれないと心配になる人もいます。実は眠れない病気になったからといって、死ぬことはありません。

人間の体は夜寝ている間に調整を行います。パソコンのバージョンアップや車の点検と同じことが、自動的に行われています。夜寝ていないと、調整がうまく行われません。結果として、体力が弱くなり風邪をひきやすくなることはあります。

それでも眠れない病気が原因で死ぬことはないので心配しなくて大丈夫です。普通死ぬ原因は心臓が止まる、血管にトラブルが起きることです。眠れない病気で心臓が止まったり、血管にトラブルが起きることはありません。

もちろん眠っていないことで、元気がなくなることはありますからよく眠ることはとても大切です。眠れないことよりも、ずっと寝ていないことで風邪をひいたり過食になったりすることが病気の原因になることもあります。

よく眠れるように、毎日同じ時間に起きて太陽を浴びることが大切です。好き嫌いをしないで何でも食べるようにしましょう。寝る前はテレビやテレビゲームをしないようにします。

目に光がたくさん入ることで、目が覚めてしまうからです。寝る前にゲームをして心臓がドキドキすることもよくありません。

眠れない 病気 死ぬ