老人が眠れない理由は?高齢者の睡眠の質は若い人と比べてどう違う?

高齢者になると、ぐっすり眠れないことが多くなり、眠りの質が落ちたという人が増える理由は何なのでしょうか。

年を重ねると、生理機能が徐々に低下するために、必要とする睡眠時間が短くなるといわれています。ですから早く寝ると、早く目が覚めますし、眠りも浅くなり、老人の睡眠の質は若い人に比べて低下するのです。また、高齢者になると、身体や心の病気を抱える人が増え、その症状の影響で眠れなくなることが増えます。

けれども、睡眠の質がよくないと、生活リズムが崩れていろいろな問題がおきてきます。老人だから眠れなくても仕方ないとあきらめないで、自分が眠れない理由を探して、睡眠の質を高くしましょう。

例えば、早く寝すぎていませんか。足腰が弱って、運動不足になっていませんか。高齢者になると、身体や心の不調の改善のために、お薬を服用する人が増えますが、そのお薬によって眠れないということはありませんか。

何か思い当たる理由があったでしょうか。老人になって徐々に睡眠時間が減るのは自然なことで、身体に不調がなければあまり気にしなくてもいいのですが、睡眠の質が落ちてつらい場合は、生活習慣を見直したり、病院を受診したり、あるいはサプリメントを飲んだりして、日々気持ちよく過ごせるようにしましょう。

眠れない 理由 老人