子供が眠れない理由は、ストレスなど大人と同じような原因?違いはある?

子供が眠れない理由はストレスかもしれない、と決めてしまう前に、生活状態を確認しましょう。夜寝るためには、朝が大切です。早起きすれば早く眠れます。昼間、家遊びだけになっていませんか。

外で体を動かす時間を作りましょう。疲れさせるくらいに運動させると、夜ぐっすり眠れます。親も一緒にストレス解消できます。疲れすぎてお昼寝が長すぎでも、夜なかなか眠れない、ということになってしまいます。

そして、夜型生活になっていませんか。寝る前にゲームやスマートフォンを見ていませんか。画面を見ていると神経が高ぶってしまいます。そのため布団に入ってもなかなか寝付けないということになってしまうのです。

お風呂も子供を目覚めさえてしまいます。遅い時間にお風呂で遊んでしまうと眠れなくなります。どれも親がしっかりコントロールできることばかりです。

子供の睡眠障害の原因が病気の場合もあります。たとえば「扁桃腺肥大」。いびきや鼻づまりで眠れない、ということがあります。睡眠は子供の成長にとても大切なものです。理由なく眠れない、ということはありません。おかしいな、と思ったら小児科で診てもらいましょう。

もし悩んでいるようなら、その理由をしっかりきいてあげてください。ストレスは大人社会だけではありません。

眠れない 理由 子供