スマホやパソコン、テレビが原因で眠れなくなる理由って何?

眠れないとお困りの方は多いですが、スマホやパソコン、テレビが原因で眠れなくなっているということに気付いていない方も多いです。寝る前にパソコンやテレビ、スマホなどを見るという方は、眠れない原因を自分で作ってしまっている可能性があります。

スマホやパソコン、テレビなどが眠れない原因になってしまう理由は、ブルーライトと呼ばれる青い光が関係しています。電子機器の画面からは、ブルーライトと呼ばれる青い光が出ているのですが、この光を浴びることにより、脳が興奮状態になってしまいます。

自分自身では気付いていなくても、脳はブルーライトの影響で興奮している状態になり、それによって眠れなくなってしまうというわけです。

興奮が収まるまでには時間がかかります。興奮が収まるまでの時間には個人差があり、なかには二時間から三時間程度かかるという方もいらっしゃいます。そのため眠れないとお悩みの方は、最低でも眠る一時間前には見るのを止めるといった工夫がおすすめです。

光そのものの作用として睡眠に関係するメラトニンというホルモンの分泌を抑えるという働きもあります。ブルーライトによる脳の興奮とメラトニンの分泌が抑制されるという二つの理由から、スマホやパソコン、テレビが原因となって眠れなくなります。

眠れない 原因 スマホ