眠れない原因とストレスの関係は?生活リズムも重要?

疲れているのに眠れなかったり寝つきがすごく悪かったり夜中に何度も目がさめてしまったりと、眠れないなぁと悩んでいる人は多いと思います。
眠れない多くの原因はストレスが関係しています。

思い当たるストレスの元となる原因がわかっていてそれを日常生活の中で自分で取り除いたり出来ればいいのですが、実際に現代社会ではそう簡単にその原因を避けることはなかなか難しいのではないでしょうか。

ではどうすればいいのか?
何らかのストレスを感じているとき体の中では交感神経が優位になっています。
これでは眠りたくても眠れません。そこで生活リズムが重要なポイントです。

まずは毎日同じ時間に起きる、3食同じくらいの時間に摂るなどの生活リズムを意識的に作ることです。もちろん365日きっちり同じ!なんてことは出来ませんが。

そうやって生活リズムを作ってやることで体の中で交感神経と副交感神経のバランスが取りやすくなります。

さらにそのリズムの中にぬるめのお風呂にゆっくり入る、アロマなどを使ってリラックスする、ストレッチをする、好きな音楽を流すなどを取り入れて見ましょう。

副交感神経のスイッチが入りやすくなります。
副交感神経がうまく働いてくれれば眠れない!なんてことと、おさらば出来るのです。

眠れない 原因 ストレス