妊婦や産後の育児中でも睡眠不足になりやすい?その解消法とは?

妊婦さんで睡眠不足に悩む方は多く、産後の育児中にもそのままだったらどうしようと解消法を知りたいと思うようです。

まず妊婦さんの睡眠不足の原因としては、ホルモンによる影響が大きいと言えます。
特に妊娠中期から後期になると、エストロゲンという睡眠を浅くさせる効果があるホルモンが分泌されるのです。

これはなぜかと言うと、産後すぐから当然ですが赤ちゃんのお世話という育児が始まります。

赤ちゃんは昼夜問わず泣いて様々な欲求を訴えるため、お母さんはゆっくり睡眠を取ることが難しくなります。
しかしエストロゲンが分泌されることによりあまり眠れていなくてもしっかりと赤ちゃんのお世話ができるということです。

解消法はありませんが、妊娠中から分泌されるのはその練習と捉えてください。
上記の理由から産後の育児中にも睡眠不足は続きますが、それほど身体に影響はないのであまり心配する必要はありません。

また妊婦さんの睡眠不足の原因には他にも頻尿やこむら返り、赤ちゃんが動き回ることによる刺激、出産が近付き不安になっているなどもあります。

解消法としては、無理のない程度の運動をしたり自分が落ち着けるリラックス法を実行したり、不安や心配なことを誰かに聞いてもらうなどがおすすめです。

睡眠不足 解消法 妊婦