睡眠不足が続くと吐き気や頭痛、肌荒れなどの症状が出やすい理由と解消方法は?

睡眠不足が続くと吐き気や頭痛などが出てしまう理由については、睡眠が身体にとって、また精神にとって必要不可欠なものであるからです。

人間の3大欲の一つでもあるため、睡眠というものは大変に大切なものであり、睡眠不足が続いてしまうと脳にしっかりとした酸素がいかなくなってしまいます。

ここから、脳に酸素不足が発生してしまいそこから吐き気や肌荒れ、または頭痛などの苦しみが出始めます。

まず、睡眠不足に陥ってしまうと「自律神経」の働きも極めて悪くなります。
これは、睡眠不足になってしまう原因が「何らかの不安などや恐怖心」などの場合には、睡眠をとろうとしても、しっかりと熟睡が出来ないために、眠っている状態でも、ほとんど脳が覚醒してしまっている状態になるためです。

このため、睡眠不足を解消するには、まずは「不安・恐怖心」などからくる睡眠の障害の場合には、「足裏や全身マッサージ」などがオススメです。
これには「自律神経を整えてくれる効果」があるため頭痛や肌荒れにも効果的ですし、精神科では積極的に勧められている解消法です。

また、マッサージなどをしてもらうと、人から人への手の温もりなどから、恐怖心なども解消することが出来るのです。
そして身体にはリラックスをさせてくれるツボなどがあるため、吐き気や肌荒れにも効果的です。

睡眠不足 解消 吐き気