お酒は睡眠の質に影響がある?コーヒーなどのカフェインは睡眠の質を下げる?

お酒は睡眠の質を下げてしまいますし、コーヒーなどのカフェインの入った飲み物もまた下げることになってしまいます。

ですから、すくなくとも寝付きが悪い、自分の睡眠の質が悪いと自覚しているような人は、夕食以降はお酒やコーヒーなどカフェインの入った飲み物は控えるようにしたほうがよいでしょう。

ただ、コーヒーなどのカフェインについては誰でも睡眠の質を下げるという認識はもっているでしょう。カフェインは確実に興奮作用があり、眠ろうとしても眠れなくなったります。

しかし、お酒については必ずしもそうではないようです。むしろ、寝付きをよくするために飲むという人も多いのではないでしょうか。

確かにお酒は一時的に寝付きをよくするというか、意識レベルを下げる効果はあります。誰でも飲んだ後にふらふらになったり、意識が少し朦朧としたような経験はあるでしょう。

しかしそれは一時的なものです。全体として考えれば、眠りを浅くしてしまい、中途覚醒なども起こりやすくなります。十分に寝たはずが寝た気がしないなどいうことが起こりやすくなるのです。

適量であればさほど問題ではありませんが、飲みすぎることや就寝直前のお酒は控えるようにしたほうがよいでしょう。

睡眠 質 酒