快眠のための食事の効果的な取り方や時間は?暖かい飲み物を寝る前に取るのは良い?

快眠のためには食事をとる時間がとても重要です。疲れた体を癒す効果的な方法はなんといっても睡眠を十分にとることです。快眠なくしては健康を維持することは難しくなりますので私たちは睡眠に関心を持っています。

食事をとる時間についてですが、寝る前に食事をすると弊害が生じます。例えば、寝る前に食事をとると太ります。なぜなら食べたものが消費されずに寝ている間に蓄積されてしまうからです。

また就寝の直前に食べると体はそれを消化しようとして働こうとしますので結果的に睡眠の質が下がり眠りは浅くなってしまいます。ですから理想としては夕食は寝る3時間前までに済ませておくなら快眠につながるでしょう。

さらにわたしたちの体は体温が下がるときに眠気を感じ、その下がり方が急なほど強い眠気を感じるそうです。そこで寝る前の暖かい飲み物が有効です。

暖かいものの代表としてホットミルクがあります。牛乳が分解されるとペプチドが生成され、神経の興奮を抑えてくれますので心がリラックスできます。暖かいココアも定番と言えます。

効果としては甘い香りが神経をリラックスさせてくれますし、自律神経の興奮を抑えてくれます。暖かいものを飲めば自然と身体は温まります。快眠のために良いことは取り入れていきましょう。

快眠 食事 時間