睡眠が浅い時は何をすると効果的?運動や食事でおすすめの改善方法とは?

浅い睡眠で悩んでいる方は、運動と食事で改善してみることをオススメします。浅い睡眠だと疲れが取れない等の問題が生じるので、放置しておくのはナンセンスです。眠りを深くするには副交感神経が優位に働くようにすることが大事になります。

そのための方法として有酸素運動を挙げることができます。ジョギングなどの有酸素運動は自立神経の乱れを改善する効果があるので、交感神経から副交感神経にスムーズに切り替わるので、深い睡眠に繋がります。

寝る前にテレビを観たり、スマートフォンを使う人が多くいますが、交感神経を刺激してしまうので、できるだけ使わないように意識して生活してください。

また、食事も浅い睡眠に大きな影響を与えてしまうため改善が必要になります。悪い影響を与えてしまう食事には、カフェインやアルコール、消化が悪いものなどが挙げられます。

睡眠にはメラトニンの分泌が非常に重要なので、メラトニンの分泌を促す食事を摂るようにしてください。メラトニンの原料はトリプトファンという必須アミノ酸で、タンパク質が多く含まれている肉や魚、豆類などを積極的に摂ることが有効です。

意識して行えば効果が出てくるので、運動と食事の改善は行ってみるべきだと思います。

睡眠 浅い 改善