睡眠のリズムを食事や漢方で整えられる?また断食は睡眠のリズムに効果がある?

食事は私たちの睡眠に深い関係があり、食事の内容・漢方・断食などによって睡眠リズムは変化します。

睡眠のリズムは、寝ている間にどれだけ深い眠りにつくことができているかによって決まります。ある程度の時間寝ていても、十分に深い眠りにつかなければ体は休まらないためです。

そして眠りの質の悪化には「メラトニン」の不足、ストレスにより脳が起きてしまう、血流が悪いなどの原因が考えられます。

ストレスや血流の問題に関しては、漢方で整えることができます。
漢方には神経に働くもの、血流を促進するものがあるためです。

一方「メラトニン」の不足は、食事で大豆食品・乳製品などから「トリプトファン」を摂取することで補うことができます。

そして、人は食事をすると2~3時間かけて消化しますが、その際多くのエネルギーを使用します。断食を行うと、消化するときに必要なエネルギーを使う必要がなくなり、体もその分疲れづらくなります。
するとより短い睡眠でも、安定したリズムとなります。

また食べてすぐに寝ようとすると、体は消化のため働いているのに脳は休もうとしているため、体は十分に休まらなくなってしまい、十分な睡眠が取れず、リズムも崩れてしまいます。
そのため特に夜は断食するか、寝る2~3時間前までに食事を終えることが理想とされています。

睡眠 リズム 食事