セロトニン不足だとどうなるの?セロトニン欠乏症ってどんな病気?

セロトニンが不足すると、欠乏症になり、病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。

セロトニンは、日光を浴びることで、補えることができますが、昼間外に出なかったり、家で過ごすことが多い人は、感情を上手にコントロールできなくなり、うつ病や、不安症の病気につながる可能性もあります。

人間の脳内では、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンが、感情のコントロールを行っていると言われています。不足することで、感情のコントロールができなくなり、怒りっぽくなったり、気分の低下、不安、集中力がなくなる、他人に興味がなくなるなど、うつの症状が出ます。

身体の症状では、頭痛や、食欲不振、不眠、腹痛、下痢などの症状が起こることもあります。セロトニン欠乏症は、不足した状態で、脳内のバランスが崩れた状態になります。イライラしたり、抑うつ状態が続き、うつの病気につながることが多いです。

セロトニン欠乏症を予防するためには、規則正しい生活、適度な運動、日光を浴びる、豚肉、鶏肉、魚、乳製品に多く含まれるアミノ酸を積極的に摂ることが大切です。

運動は、リズムが一定しているウオーキングや、水泳などが良いと言われています。病気の予防を心がけて、規則正しい生活を送ることが大切です。

セロトニン 不足 欠乏症

ギャバ(GABA)に副作用の心配はあるの?頭痛の原因は?

ストレス緩和に役立つとされている「ギャバ(GABA)」ですが、過剰摂取さえしなければ副作用を心配したり、頭痛に悩まされる可能性は極めて低いでしょう。ストレス軽減に繋がる摂取量としては、1日30~50mg程度です。

しかし、たとえこのように決められた範囲内であったとしても、人によっては副作用を引き起こす場合があります。その副作用とは主に動悸や息切れ、それから吐き気や下痢といった症状が挙げられます。

これらの症状はどれも重症化することは少ないので心配ありませんが、念のために注意が必要です。このような副作用が出る原因としては、ギャバを空腹時に摂取してしまうことが考えられます。

お腹が空いた状態での摂取は体に悪影響を及ぼす可能性があるので、なるべく控えるようにしましょう。また、サプリメントの過剰摂取によって頭痛が引き起こる場合もあります。

サプリメントは手軽に飲むことができるため、もし摂取しすぎていても自分ではなかなか気付けないのです。したがって、ギャバが含まれたサプリメントを飲む際は摂取量を必ず守るようにすることがオススメ。

以上の点に気を付ければ、副作用や頭痛を心配する必要はなくなるでしょう。飲み方や量に注意しながら、正しくギャバを取り入れていくことが大切です。

ギャバ 副作用 頭痛