メラトニンの成分の働きって?過剰摂取すると体に悪影響はあるの?

メラトニンは心地よい睡眠をするために働き、体内時計により調整される成分ですが、過剰摂取をすると副作用が出る可能性もあります。

では、そんなメラトニンの働きを簡単に説明します。メラトニンは脳内で分泌されるホルモン成分の一種で、正常なら毎晩心地良い睡眠をとることができます。

しかし、このホルモンバランスが崩れると不眠や睡眠障害を引き起こしてしまいます。また、その他にも不妊を改善する働きや抗酸化作用があることがわかっています。

そのため、不妊治療や睡眠障害改善のためにこの成分を配合したサプリメントを利用する方がいますが、過剰摂取すると体に様々な悪影響を与える可能性があります。まず、その一つとして自分の体内でのメラトニン生成力が低下することです。

自分で生成できなくなるとサプリメントなしでは寝られないようになってしまいます。また、過剰摂取すると悪夢を見る可能性もあります。さらにメラトニンは体内時計の役割を担っている成分であり、正常なら夜間に多く分泌されています。しかし過剰摂取すると日中の血中濃度も高くなり、低血圧になる可能性があります。

このように睡眠障害を改善できる成分でも必要以上に摂ると、睡眠の質を低下させ、体に様々な悪影響を及ぼす場合があります。そのため服用の際には十分注意しなければいけません。

メラトニン 成分 働き