ギャバ(GABA)の飲み方で効果的な飲み合わせは?空腹時に飲むと効かないこともあるの?

ギャバ(GABA)は、脳や脊髄に含まれるアミノ酸の一種で、1961年に中枢神経を抑制する神経伝達物質として医療用の医薬品に認定され、サプリメントも発売されました。

ギャバの効果としては主に、血圧の低下や中性脂肪の抑制、肝臓や腎機能の強化、リラックス効果、安眠効果などがあげられます。特にギャバが足りていないと、睡眠障害になることがあります。

精神を昂らせる興奮系のグルタミン酸を抑えることで精神を安定させるのですが、足りていないとグルタミン酸の活動を抑えることができず、布団に入ってもなかなか寝つけなくなってしまうのです。そのため、食事やサプリメントから補うことが重要になるのです。

サプリメントから補う際には、飲み方や飲み合わせに注意することが必要です。飲み方や飲み合わせによっては、全く効かないで終わってしまうこともあるのです。

飲み方で効果的になるのは、空腹時に飲むということです。食事の影響を受けやすいため、満腹時には特に効かないことになってしまいます。食事の前後二時間はできるだけ飲まずに、空腹時に飲むようにしましょう。

また、布団に入る30分前に飲むと効果的です。
もしも空腹時に飲んでも効かないという場合は、トリプトファンと飲み合わせることで、より効果的となります。

ギャバ 飲み方 飲み合わせ