メラトニンの効果や効能は?持続時間ってどれくらいなの?

メラトニンの効果、効能の持続時間は、夜21時くらいから増えていき深夜にピークに達します。

また、朝を迎えるころには分泌がゆるやかになります。
メラトニンは、人の体内時計と連動して眠りにつく前になると分泌されるホルモンで、睡眠ホルモンと呼ばれています。分泌量が不足したり、自律神経の乱れにより正常に分泌されないと、不眠症などの睡眠障害を引き起こします。

最近は、夜更かしをしてゲームをする若者が多いですね。結果朝起きられないという事になったりします。
不足する理由は、不規則な生活習慣や太陽光を浴びないような生活を続けるということにあります。

まさに夜更かしは大敵ですね。メラトニンの効能を出す役目は脳内の神経伝達物質であるセロトニンというものです。

ストレス等によりセロトニンが不足すると効果がなくなります。このように、メラトニンは睡眠には不可欠な物質であり、生活リズムも調整してくれる効能があります。

細胞の老化を防ぎ、若さや健康を保ったりする効果がある重要なホルモンなのでです。
メラトニンは一生のうち、幼児期に一番多く分泌され、歳を重ねる毎に持続時間も短くなります。

持続時間の長い子供は、「寝る子は育つ」と言うくらいよく眠りますね。
お年寄りが早朝目覚めるのは、ある意味仕方がないことなのかもしれません。

メラトニン 効果 効能