セロトニン不足だとどうなるの?セロトニン欠乏症ってどんな病気?

セロトニンが不足すると、欠乏症になり、病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。

セロトニンは、日光を浴びることで、補えることができますが、昼間外に出なかったり、家で過ごすことが多い人は、感情を上手にコントロールできなくなり、うつ病や、不安症の病気につながる可能性もあります。

人間の脳内では、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンが、感情のコントロールを行っていると言われています。不足することで、感情のコントロールができなくなり、怒りっぽくなったり、気分の低下、不安、集中力がなくなる、他人に興味がなくなるなど、うつの症状が出ます。

身体の症状では、頭痛や、食欲不振、不眠、腹痛、下痢などの症状が起こることもあります。セロトニン欠乏症は、不足した状態で、脳内のバランスが崩れた状態になります。イライラしたり、抑うつ状態が続き、うつの病気につながることが多いです。

セロトニン欠乏症を予防するためには、規則正しい生活、適度な運動、日光を浴びる、豚肉、鶏肉、魚、乳製品に多く含まれるアミノ酸を積極的に摂ることが大切です。

運動は、リズムが一定しているウオーキングや、水泳などが良いと言われています。病気の予防を心がけて、規則正しい生活を送ることが大切です。

セロトニン 不足 欠乏症